TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021103896
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210715
出願番号2021055712
出願日20210329
発明の名称ビデオ再生ノードの位置決め方法、装置、デバイス、記憶媒体およびコンピュータプログラム
出願人北京百度網訊科技有限公司
代理人個人,個人
主分類H04N 5/93 20060101AFI20210618BHJP(電気通信技術)
要約【課題】算出リソースを節約し、サーバとクライアントとの間の相互作用効率を向上でき、視聴したいコンテンツノードをユーザが短時間で特定でき、かつ、指定した字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて、現在のビデオの開始再生ノードを正確に特定するビデオ再生ノードの位置決め方法、装置、デバイス、記憶媒体及びコンピュータプログラムを提供する。
【解決手段】方法は、複数のビデオから目標ビデオを選別すること、目標ビデオと、目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、複数の字幕テキストセグメントの夫々の開始時間情報とをクライアントに送信し、クライアントによって複数の字幕テキストセグメントを提示し、複数の字幕テキストセグメントのうちの何れか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、何れか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて目標ビデオの開始再生ノードを特定する。
【選択図】図2A
特許請求の範囲【請求項1】
複数のビデオから目標ビデオを選別することと、
前記目標ビデオと、前記目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、前記複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報とをクライアントに送信し、前記クライアントによって前記複数の字幕テキストセグメントを提示し、前記複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて前記目標ビデオの開始再生ノードを特定することとを含む、ことを特徴とするビデオ再生ノードの位置決め方法。
続きを表示(約 4,200 文字)【請求項2】
前記複数のビデオから目標ビデオを選別することは、
前記複数のビデオの各ビデオについて、前記ビデオのユーザ相互作用データに基づいて、前記ビデオの価値スコアを算出することと、
前記複数のビデオから前記価値スコアが第1の閾値よりも高いビデオを第1のグループのビデオとして選別することと、
前記第1のグループのビデオに基づいて前記目標ビデオを取得することとを含む、ことを特徴とする請求項1に記載の方法。
【請求項3】
前記第1のグループのビデオに基づいて前記目標ビデオを取得することは、
前記第1のグループのビデオの各ビデオについて、予め訓練された分類器を用いて前記ビデオを分類することで、前記ビデオが属するカテゴリを特定することと、
前記第1のグループのビデオから所定のカテゴリに属するビデオを第2のグループのビデオとして選別することと、
前記第2のグループのビデオに基づいて前記目標ビデオを取得することとを含む、ことを特徴とする請求項2に記載の方法。
【請求項4】
前記第2のグループのビデオに基づいて前記目標ビデオを取得することは、
前記第2のグループのビデオの各ビデオについて、
前記ビデオのオーディオデータを抽出することと、
前記オーディオデータを音声識別して、前記ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、前記ビデオの複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報および終了時間情報とを含む識別結果を取得することと、
前記ビデオの複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報および終了時間情報に基づいて、前記ビデオの総時間に対する前記ビデオの複数の字幕テキストセグメントの総時間の第1の割合を特定することと、
前記第2のグループのビデオから前記第1の割合が第2の閾値よりも高いビデオを前記目標ビデオとして選別することとを含む、ことを特徴とする請求項3に記載の方法。
【請求項5】
前記第2のグループのビデオに基づいて前記目標ビデオを取得することは、
前記第2のグループのビデオの各ビデオについて、
前記ビデオが所定のカテゴリに属する場合、前記ビデオのオーディオデータを抽出することと、
前記オーディオデータを音声識別して、前記ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、前記ビデオの複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報および終了時間情報とを含む識別結果を取得することと、
前記ビデオの複数の字幕テキストセグメントに対して語彙分析を行なって、前記ビデオの複数の字幕テキストセグメントに対する論理スコアを取得することと、
前記第2のグループのビデオから前記論理スコアが第3の閾値よりも高いビデオを前記目標ビデオとして選別することとを含む、ことを特徴とする請求項3に記載の方法。
【請求項6】
前記目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの終了時間情報を前記クライアントに送信し、前記クライアントによって前記複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの終了時間情報に基づいて前記目標ビデオの終了再生ノードを特定することをさらに含む、ことを特徴とする請求項4または5に記載の方法。
【請求項7】
前記ユーザ相互作用データは、
前記ビデオを視聴するユーザの総数に対する前記ビデオを視聴する回数が第4の閾値を超えるユーザ数の第2の割合と、
前記ビデオに対するコメント数と、
前記ビデオに対するお気に入り数と、
前記ビデオに対するいいねの数とのうちの少なくとも1つを含む、ことを特徴とする請求項2に記載の方法。
【請求項8】
前記ユーザ相互作用データに基づいて前記ビデオの価値スコアを算出することは、
予め設定された第1の重み、第2の重み、第3の重みおよび第4の重みを用いて、前記第2の割合、前記コメント数、前記お気に入り数および前記いいねの数を重み付き加算することで、前記価値スコアを算出することを含む、ことを特徴とする請求項7に記載の方法。
【請求項9】
複数のビデオから選別された目標ビデオと、前記目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、前記複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報とを取得することと、
前記複数の字幕テキストセグメントを提示することと、
前記複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて前記目標ビデオの開始再生ノードを特定することとを含む、ことを特徴とするビデオ再生ノードの位置決め方法。
【請求項10】
前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて前記目標ビデオの開始再生ノードを特定することは、
前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて、前記目標ビデオにおける前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時刻を特定することと、
前記開始時刻を前記目標ビデオの開始再生ノードとして、前記開始再生ノードから前記目標ビデオの再生を開始することとを含む、ことを特徴とする請求項9に記載の方法。
【請求項11】
検索コントロールを提示することと、
前記検索コントロールに対するトリガ操作に応答して、検索ワードを取得することと、
前記複数の字幕テキストセグメントから前記検索ワードに対するマッチング字幕テキストセグメントを特定することと、
前記マッチング字幕テキストセグメントの提示位置に、所定の標識を提示することとをさらに含む、ことを特徴とする請求項9に記載の方法。
【請求項12】
前記複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの終了時間情報を取得することと、
前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの終了時間情報に基づいて、前記目標ビデオにおける前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの終了時刻を特定することと、
前記終了時刻を前記目標ビデオの終了再生ノードとして、前記目標ビデオが前記終了再生ノードまで再生されるとき、前記目標ビデオの再生を停止することとをさらに含む、ことを特徴とする請求項10に記載の方法。
【請求項13】
複数のビデオから目標ビデオを選別するための選別モジュールと、
前記目標ビデオと、前記目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、前記複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報とをクライアントに送信し、前記クライアントによって前記複数の字幕テキストセグメントを提示し、前記複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて前記目標ビデオの開始再生ノードを特定するための再生ノード管理モジュールとを含む、ことを特徴とするビデオ再生ノードの位置決め装置。
【請求項14】
複数のビデオから選別された目標ビデオと、前記目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、前記複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報とを取得する取得モジュールと、
前記複数の字幕テキストセグメントを提示する提示モジュールと、
前記複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて前記目標ビデオの開始再生ノードを特定する再生ノード位置決めモジュールとを含む、ことを特徴とするビデオ再生ノードの位置決め装置。
【請求項15】
少なくとも1つのプロセッサと、
前記少なくとも1つのプロセッサに通信接続されるメモリとを含み、
前記メモリには、前記少なくとも1つのプロセッサによって実行可能な命令が記憶されており、前記少なくとも1つのプロセッサが請求項1〜8のいずれか一項に記載の方法を実行可能であるように、前記命令は、前記少なくとも1つのプロセッサによって実行される、ことを特徴とする電子デバイス。
【請求項16】
少なくとも1つのプロセッサと、
前記少なくとも1つのプロセッサに通信接続されるメモリとを含み、
前記メモリには、前記少なくとも1つのプロセッサによって実行可能な命令が記憶されており、前記少なくとも1つのプロセッサが請求項9〜12のいずれか一項に記載の方法を実行可能であるように、前記命令は、前記少なくとも1つのプロセッサによって実行される、ことを特徴とする電子デバイス。
【請求項17】
コンピュータ命令が記憶されている非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体であって、
前記コンピュータ命令は、コンピュータに請求項1〜8のいずれか一項に記載の方法を実行させるためのものである、ことを特徴とする非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。
【請求項18】
コンピュータ命令が記憶されている非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体であって、
前記コンピュータ命令は、コンピュータに請求項9〜12のいずれか一項に記載の方法を実行させるためのものである、ことを特徴とする非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体。
【請求項19】
実行される際に、請求項1〜8のいずれか一項に記載の方法を実現するコンピュータ実行可能な命令を含むコンピュータプログラム。
【請求項20】
実行される際に、請求項9〜12のいずれか一項に記載の方法を実現するコンピュータ実行可能な命令を含むコンピュータプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、コンピュータ技術分野に関し、具体的にはビッグデータおよびビデオ処理技術に関する。より具体的には、本発明は、ビデオ再生ノードの位置決め方法、装置、デバイス、記憶媒体およびコンピュータプログラムを提供する。
続きを表示(約 6,300 文字)【背景技術】
【0002】
インターネット技術の継続的な発展に伴い、様々なビデオ再生プラットフォームが広く発展している。ビデオは、情報をより直感的で、豊富で、明瞭に表現できるという特徴を有することから、情報伝達キャリアとして広く普及して適用されている。ユーザは、ビデオを視聴するとき、例えば、コンテンツが豊富で、繰り返し視聴する必要があるビデオを視聴するとき、ビデオが特定のコンテンツの再生ノードにジャンプして再生を開始できることを望むことが多い。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
本発明は、ビデオ再生ノードの位置決め方法、装置、デバイス、記憶媒体およびコンピュータプログラムを提供する。
【課題を解決するための手段】
【0004】
第1の様態によれば、ビデオ再生ノードの位置決め方法を提供し、当該方法は、複数のビデオから目標ビデオを選別することと、目標ビデオと、当該目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、当該複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報とをクライアントに送信し、クライアントによって複数の字幕テキストセグメントを提示し、複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、当該いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて当該目標ビデオの開始再生ノードを特定することとを含む。
【0005】
第2の様態によれば、ビデオ再生ノードの位置決め方法を提供し、当該方法は、複数のビデオから選別された目標ビデオと、前記目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、前記複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報とを取得することと、前記複数の字幕テキストセグメントを提示することと、前記複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて前記目標ビデオの開始再生ノードを特定することとを含む。
【0006】
第3の様態によれば、ビデオ再生ノードの位置決め装置を提供し、当該装置は、選別モジュールと再生ノード管理モジュールとを含む。選別モジュールは、複数のビデオから目標ビデオを選別するためのものである。再生ノード管理モジュールは、目標ビデオと、当該目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、当該複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報とをクライアントに送信し、クライアントによって当該複数の字幕テキストセグメントを提示し、当該複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、当該いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて当該目標ビデオの開始再生ノードを特定するためのものである。
【0007】
第4の様態によれば、ビデオ再生ノードの位置決め装置を提供し、当該装置は、取得モジュールと、提示モジュールと、再生ノード位置決めモジュールとを含む。取得モジュールは、複数のビデオから選別された目標ビデオと、当該目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、当該複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報とを取得するためのものである。提示モジュールは、前記複数の字幕テキストセグメントを提示するためのものである。再生ノード位置決めモジュールは、前記複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、前記いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて前記目標ビデオの開始再生ノードを特定するためのものである。
【0008】
第5の様態によれば、電子デバイスを提供し、少なくとも1つのプロセッサと、前記少なくとも1つのプロセッサに通信接続されるメモリとを含む。ただし、メモリには、少なくとも1つのプロセッサによって実行可能な命令が記憶されており、少なくとも1つのプロセッサが本発明によるビデオ再生ノードの位置決め方法を実行可能であるように、当該命令は、少なくとも1つのプロセッサによって実行される。
【0009】
第6の様態によれば、コンピュータ命令が記憶されている非一時的なコンピュータ読み取り可能な記憶媒体を提供し、当該コンピュータ命令は、コンピュータに、本発明によるビデオ再生ノードの位置決め方法を実行させるためのものである。
【0010】
第7の様態によれば、実行される際に、本発明によるビデオ再生ノードの位置決め方法を実現するコンピュータ実行可能な命令を含むコンピュータプログラムを提供する。
【発明の効果】
【0011】
本発明の技術手段によれば、大量のビデオから選別された再生ノード位置決め価値を有する目標ビデオは、目標ビデオに対して再生を行なう必要がある場合、ユーザに目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントを提示する。ユーザが指定した字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて、当該目標ビデオの開始再生ノードを特定することができる。以上のプロセスでは、目標ビデオのみに対する再生ノード位置決め処理は、大量の算出リソースを節約し、サーバとクライアントとの間の相互作用効率を向上することができ、複数の字幕テキストセグメントの共同提示により、視聴したいコンテンツノードをユーザが短時間で特定でき、かつ、ユーザが指定した字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて、現在のビデオの開始再生ノードを正確に特定することができる。
【0012】
このセクションに記載される内容は、本開示の実施例の主要または重要な特徴を特定することを意図するものではなく、また、本開示の範囲を限定することを意図するものでもないことを理解されたい。本開示の他の特徴は、以下の明細書によって容易に理解されることになる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
図面は、本発明をより良く理解するためのものであり、本発明を限定するものではない。
【0014】
本発明の一実施例によるビデオ再生ノードの位置決め方法および装置を適用する例示的なシステムアーキテクチャである。
本発明の一実施例によるビデオ再生ノードの位置決め方法のフローチャートである。
本発明の別の実施例によるビデオ再生ノードの位置決め方法のフローチャートである。
本発明の一実施例によるビデオ選別プロセスのフローチャートである。
本発明の別の実施例によるビデオ選別プロセスのフローチャートである。
本発明の一実施例によるビデオ再生ノードの位置決めプロセスの概略図である。
本発明の一実施例によるビデオ再生インタフェースの概略図である。
本発明の一実施例によるビデオ再生ノードの位置決め装置のブロック図である。
本発明の別の実施例によるビデオ再生ノードの位置決め装置のブロック図である。
本発明の一実施例によるビデオ再生ノードの位置決め方法の電子デバイスのブロック図である。
【発明を実施するための形態】
【0015】
以下、図面を組み合わせて本発明の例示的な実施例を説明し、理解を容易にするために、本発明の実施例の様々な詳細を含み、単に例示的なものとみなされるべきである。したがって、当業者は、本発明の範囲および精神から逸脱することなく、ここに記載される実施例に対して様々な変更および修正を行うことができることを理解すべきである。同様に、明瞭および明確化のために、以下の説明では、周知の機能および構成についての説明は省略する。
【0016】
インターネット技術の継続的な発展に伴い、様々なビデオ再生プラットフォームが広く発展している。ビデオは、情報をより直感的で、豊富で、明瞭に表現できるという特徴を有することから、情報伝達キャリアとして広く普及し、適用されている。ユーザは、ビデオを視聴するとき、例えば、コンテンツが豊富で、繰り返し視聴する必要があるビデオ(例えば、知識類ビデオ、一般向けの科学類ビデオ)を視聴し、ビデオ内のいくつかの特定のプロットを確認する必要があるとき、ビデオが特定のコンテンツの再生ノードにジャンプして再生を開始できることを望むことが多い。
【0017】
この場合、例えば、倍速、早送り等の機能によりビデオをはやく再生して、ユーザが視聴ニーズを満たす再生ノードを見つけることを可能にしたり、または、ユーザがプログレスバーをドラッグしながら、ビデオの現在のフレームのピクチャをプレビューすることをサポートすることにより、ユーザが視聴ニーズを満たす再生ノードを見つけることを可能にする。以上の方法は何れも、ユーザが視聴したいコンテンツを探すのに長い時間が必要であり、再生ノードの位置決めも十分に正確ではない。
【0018】
図1は、本発明の一実施例によるビデオ再生ノードの位置決め方法および装置を適用できる例示的なシステムアーキテクチャ100である。なお、図1は、本発明の実施例を適用できるシステムアーキテクチャの例示に過ぎず、当業者が本発明の技術内容を容易に理解するためであるが、本発明の実施例が他のデバイス、システム、環境またはシナリオに使用され得ないことを意味するものではない。
【0019】
図1に示すように、当該実施例によるシステムアーキテクチャ100は、複数の端末デバイス110と、ネットワーク120と、サーバ130とを含んでもよい。端末デバイス110は、ビデオ再生をサポートできる様々な電子デバイスであってもよく、例えば、スマートフォン、タブレット、ラップトップ、デスクトップコンピュータ等であってもよいが、ここでは限定されない。サーバ130は、一定の算出能力を有する様々な電子デバイスであってもよく、ここでは限定されない。以下、端末デバイス110とサーバ130との間がネットワーク120を介して相互作用するプロセスを例に挙げて説明する。例示的には、端末デバイス110は、ビデオ再生類アプリケーションのクライアントがインストールされてもよく、端末デバイス110は、このクライアントによりサーバ130からビデオデータを要求し、ビデオデータに基づいてデコードして再生を行う。
【0020】
本発明の実施例によれば、ビデオ再生ノードの位置決め方法を提供する。以下、図面によりこの方法を例示的に説明する。以下の方法における各操作の番号が、説明の便宜上、その操作を表すためにのみ使用されており、当該各操作の実行順序を示すものと見なされるべきではないことに注意されたい。特に明記しない限り、当該方法は、完全に示される順序に従って実行する必要がない。
【0021】
図2Aは、本発明の一実施例によるビデオ再生ノードの位置決め方法のフローチャートである。例示的には、図2Aに示すビデオ再生ノードの位置決め方法は、サーバによって実行されてもよい。
【0022】
図2Aに示すように、当該ビデオ再生ノードの位置決め方法200は、操作S210〜操作S220を含んでもよい。
【0023】
操作S210では、複数のビデオから目標ビデオを選別する。
【0024】
例示的には、目標ビデオは、コンテンツ価値が高く、含まれる情報が豊富であるビデオであってもよく、例えば、xx知識点の説明ビデオ、xx一般向けの科学ビデオ等であってもよい。ユーザがこのようなビデオを視聴するとき、通常、特定のコンテンツを繰り返し視聴する必要があり、このようなビデオに対してビデオ再生ノード位置決めのニーズがある。本開示の実施例によれば、ビデオの1つまたは複数の次元の情報に基づいてビデオ価値を評価することで、評価結果に応じてビデオの選別を行なうことができる。ビデオ再生プラットフォームのサーバ側に、通常、大量のビデオリソースを有し、本操作S210は、大量のビデオから再生ノード位置決め価値を有する目標ビデオを選別することができ、引き続きのビデオ処理プロセスに対して算出リソースを節約する。
【0025】
操作S220では、目標ビデオと、当該目標ビデオの複数の字幕テキストセグメントと、当該複数の字幕テキストセグメントのそれぞれの開始時間情報とをクライアントに送信し、クライアントによって複数の字幕テキストセグメントを提示し、複数の字幕テキストセグメントのうちのいずれか1つの字幕テキストセグメントに対するトリガ操作に応答して、当該いずれか1つの字幕テキストセグメントの開始時間情報に基づいて当該目標ビデオの開始再生ノードを特定する。
【0026】
例示的には、いずれか1つの目標ビデオAについて、m個の字幕テキストセグメントと、m個の字幕テキストセグメントに1対1に対応するm個の開始時間情報とを有する。mは1より大きい整数である。各字幕テキストセグメントの開始時間情報は、対応するビデオにおける当該字幕テキストセグメントの開始時間を表すことができる。本開示の実施例によれば、例えば、目標ビデオAに含まれる音声を識別することにより、上記m個の字幕テキストセグメントを取得することができる。
【0027】
例示的には、サーバは、クライアントの目標ビデオAに対する要求メッセージに応答して、目標ビデオAのビデオデータ、m個の字幕テキストセグメントおよびm個の開始時間情報を所定のフォーマットでエンコードした後、所定の通信規則に従って、エンコードして得られたデータパケットをクライアントに送信することができる。クライアントは、データパケットをデコードした後、目標ビデオAのビデオデータ、m個の字幕テキストセグメントおよび対応するm個の開始時間情報を取得することができる。非目標ビデオについて、サーバは、クライアントの要求メッセージに応答して、帯域幅を節約するために、ビデオデータのみをクライアントに送信してもよい。
【0028】
上記実施例では、サーバの観点から本開示の実施例によるビデオ再生ノードの位置決め方法を説明し、以下、クライアントの観点から本開示の実施例によるビデオ再生ノードの位置決め方法を例示的に説明する。
【0029】
図2Bは、本発明の別の実施例によるビデオ再生ノードの位置決め方法のフローチャートである。例示的には、図2Bに示すビデオ再生ノードの位置決め方法は、クライアントが位置する端末デバイスによって実行されてもよい。
【0030】
図2Bに示すように、当該ビデオ再生ノードの位置決め方法200’は、操作S210’〜操作S230’を含んでもよい。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

北京百度網訊科技有限公司
クーリングシステム
北京百度網訊科技有限公司
車群管理方法、装置及び関連機器
北京百度網訊科技有限公司
測位方法、測位装置及び電子機器
北京百度網訊科技有限公司
データ書き込み方法、装置および記憶媒体
北京百度網訊科技有限公司
情報抽出方法、情報抽出装置及び電子機器
北京百度網訊科技有限公司
イベント引数抽出方法、装置及び電子デバイス
北京百度網訊科技有限公司
車両呼び出し命令の送信方法、装置及び電子機器
北京百度網訊科技有限公司
意図認識最適化処理方法、装置、機器および記憶媒体
北京百度網訊科技有限公司
データ出力方法、データ取得方法、装置および電子機器
北京百度網訊科技有限公司
ナビゲーション方法、ナビゲーション装置及び電子機器
北京百度網訊科技有限公司
位置検出方法、装置、機器及び読み取り可能な記憶媒体
北京百度網訊科技有限公司
証明書送信方法、証明書受信方法、クラウド及び端末機器
北京百度網訊科技有限公司
ニューラルネットワークデータ処理装置、方法および電子機器
北京百度網訊科技有限公司
信号処理方法、装置、電子機器及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
行列記憶方法、行列アクセス方法、装置、電子機器および記憶媒体
北京百度網訊科技有限公司
音声認識によるページ操作方法、装置、機器、媒体及びプログラム
北京百度網訊科技有限公司
タスク計算量決定方法、装置、電子機器及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
早期警報方法、装置、電子機器、記録媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
連邦計算方法、連邦計算装置、連邦計算デバイス、記憶媒体及びプログラム
北京百度網訊科技有限公司
速度予測方法、装置、電子機器、記憶媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
オーディオ認識方法、オーディオ認識装置、電子機器、記憶媒体及びプログラム
北京百度網訊科技有限公司
映像タイプの検出方法、装置、電子機器、記憶媒体及びコンピュータプログラム
北京百度網訊科技有限公司
テキストコンテンツの認識方法、装置、電子機器及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
テキストクエリ方法、装置、電子機器、記憶媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
コード再利用処理方法、装置、電子機器、記憶媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
融合関係ネットワークに基づく情報推薦方法、装置、デバイス、媒体及びプログラム
北京百度網訊科技有限公司
文書種別の推奨方法、装置、電子機器、可読記憶媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
循環命令の処理方法、電子機器、コンピュータ可読記憶媒体及びコンピュータプログラム
北京百度網訊科技有限公司
RPCメンバー情報取得方法、装置、電子機器、記憶媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
ユーザグループ化方法、装置、コンピュータデバイス、媒体およびコンピュータプログラム
北京百度網訊科技有限公司
ビデオ再生ノードの位置決め方法、装置、デバイス、記憶媒体およびコンピュータプログラム
北京百度網訊科技有限公司
地図座標処理方法、地図座標処理装置、電子機器、記憶媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
データ間引き方法、データ間引き装置、電子機器、記憶媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
音声対話方法、音声対話デバイス、電子デバイス、記憶媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
イベント抽出方法、イベント抽出装置、電子デバイス、記憶媒体及びコンピュータプログラム製品
北京百度網訊科技有限公司
データ処理方法、データ処理装置、電子機器、コンピュータ可読記憶媒体及びコンピュータプログラム
続きを見る