TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021082430
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210527
出願番号2019207319
出願日20191115
発明の名称コネクタ
出願人株式会社オートネットワーク技術研究所,住友電装株式会社,住友電気工業株式会社
代理人特許業務法人グランダム特許事務所
主分類H01R 24/38 20110101AFI20210430BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】同軸ケーブルの電気特性が変化し難いコネクタを提供する。
【解決手段】コネクタ10は、芯線51の外周を編組線53で包囲したシールド電線Wの端部に取り付けられ、編組線53の外周を包囲するスリーブ11と、スリーブ11の外周を包囲してシールド電線Wに加締め付けられる第1外導体12と、第1外導体12に対するスリーブ11の相対変位を規制する係止部11Aとを備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
芯線の外周をシールド層で包囲した同軸ケーブルの端部に取り付けられ、
前記シールド層の外周を包囲するスリーブと、
前記スリーブの外周を包囲して前記同軸ケーブルに加締め付けられる外導体と、
前記外導体に対する前記スリーブの相対変位を規制する規制部と、
を備えるコネクタ。
続きを表示(約 340 文字)【請求項2】
前記規制部は、前記スリーブの外周に突起状に形成され、
前記外導体は、前記スリーブに形成された前記規制部が嵌合する規制孔を有している請求項1に記載のコネクタ。
【請求項3】
前記規制部の突出端部がテーパ状に切り欠かれている請求項2に記載のコネクタ。
【請求項4】
前記規制部は、前記外導体に内向きに突出して形成され、
前記スリーブは、前記外導体に形成された前記規制部が係止する規制孔を有している請求項1から請求項3までのいずれか1項に記載のコネクタ。
【請求項5】
前記規制部は、前記外導体及び前記スリーブとは別体の部品で構成されている請求項1から請求項4までのいずれか1項に記載のコネクタ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本開示は、コネクタに関するものである。
続きを表示(約 6,800 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1には、ケーブルの剥離領域にスリーブを取り付けることが開示されている。このスリーブには半径方向の内向きに作用する力をケーブルに加える保持部材が設けられている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019−21632号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
特許文献1のコネクタ装置は、外導体がスリーブを締め付けることによって、外導体とスリーブの相対変位を規制している。この規制する力を高めるために外導体の締め付けを強くすると、ケーブルの断面形状が変形してしまい、ケーブルのインピーダンス等の電気特性が変化するおそれがある。
【0005】
そこで、本開示では同軸ケーブルの電気特性が変化し難いコネクタを提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本開示のコネクタは、
芯線の外周をシールド層で包囲した同軸ケーブルの端部に取り付けられ、
前記シールド層の外周を包囲するスリーブと、
前記スリーブの外周を包囲して前記同軸ケーブルに加締め付けられる外導体と、
前記外導体に対する前記スリーブの相対変位を規制する規制部と、
を備える。
【発明の効果】
【0007】
本開示によれば、同軸ケーブルの電気特性を変化し難くすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態1のコネクタの側面視断面図である。
図2は、実施形態1のコネクタの側面視断面図であって、第1外導体の第1筒部を拡開した状態を示すものである。
図3は、実施形態1のコネクタの側面視断面図であり、第1外導体を加締める前の状態である。
図4は、実施形態2のコネクタの側面視断面図である。
図5は、実施形態2のコネクタの側面視断面図であり、第1外導体を加締める前の状態である。
図6は、実施形態3のコネクタの側面視断面図である。
図7は、図6におけるA−A断面図である。
図8は、他の実施形態のコネクタの側面視断面図である。
図9は、他の実施形態のコネクタの嵌合部を第1外導体の中心軸に直交する方向から見た要部拡大図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
[本開示の実施形態の説明]
最初に本開示の実施態様を列記して説明する。
本開示のコネクタは、
(1)芯線の外周をシールド層で包囲した同軸ケーブルの端部に取り付けられ、シールド層の外周を包囲するスリーブと、スリーブの外周を包囲して同軸ケーブルに加締め付けられる外導体と、外導体に対するスリーブの相対変位を規制する規制部とを備える。
本開示の構成によれば、外導体とスリーブとの相対変位を規制することによって、スリーブに対して外導体を締め付ける力を低減することができる。このため、同軸ケーブルの変形(潰れ)を防止し、ひいては、同軸ケーブルの変形に起因する電気特性の変化を防止することができる。
【0010】
(2)本開示のコネクタの規制部は、スリーブの外周に突起状に形成され、外導体は、スリーブに形成された規制部が嵌合する規制孔を有し得る。
この構成によれば、規制部は突起状をなすので、規制部と外導体の規制孔との嵌合代を大きく確保することが可能である。これにより、外導体が拡開するように変形しても、外導体とスリーブの相対変位を防止することができる。
【0011】
(3)本開示のコネクタは、規制部の突出端部がテーパ状に切り欠かれ得る。
この構成によれば、外導体を拡開した状態からスリーブの外周を包囲するように変形させて外導体を組み付ける際に、外導体の規制孔の孔縁部が規制部の突出端部に引っ掛かることを防止できる。
【0012】
(4)本開示のコネクタの規制部は、外導体に内向きに突出して形成され、スリーブは、外導体に形成された規制部が係止する規制孔を有し得る。
この構成によれば、規制部と規制孔との係止によって、外導体とスリーブとの相対変位を規制することができる。
【0013】
(5)本開示のコネクタの規制部は、外導体及びスリーブとは別体の部品で構成され得る。
この構成によれば、外導体及びスリーブの各々の材質や大きさ等の制約を受けることなく、規制部の形状や大きさを任意に設定することができる。
【0014】
[本開示の実施形態の詳細]
[実施形態1]
以下、本発明の実施形態1に係るコネクタを、図1〜図3を参照しつつ説明する。実施形態1に係るコネクタ10はシールド電線Wの端部に取り付けられるものである。シールド電線Wは、所謂、同軸ケーブルであって、導電性の芯線51と、芯線51の外周を包囲する絶縁性の被覆52と、被覆52の外周を包囲し、素線を網状に編成してなる導電性の編組線53と、編組線53の外周を包囲する絶縁性のシース54とを備えている。芯線51は高周波信号を伝送し、編組線53は電磁波をシールドする役割を有している。つまり、シールド電線Wはシールド層として編組線53を有している。シールド電線Wは、その端部において、シース54と被覆52とを除去することによって、先端側から順に芯線51と編組線53とが露出する形態にされる。シールド電線Wは、芯線51の外周を編組線53で包囲した形態である。
【0015】
[コネクタの構成]
コネクタ10はスリーブ11、内導体13、外導体である第1外導体12、誘電体14、第2外導体15、及びハウジング16を備えている。スリーブ11、第1外導体12、内導体13、及び第2外導体15は金属で形成されている。誘電体14及びハウジング16は合成樹脂で形成されている。
【0016】
スリーブ11は円筒状をなしている。スリーブ11は平板状の金属をプレス工法によって円形に曲げ加工し、周方向の両端縁を突き合せ、突き合せた端縁同士を溶接することによって形成されている。スリーブ11は規制部である係止部11Aを有している。係止部11Aは、スリーブ11の中心軸方向に伸びた形状であり、スリーブ11の外周に突起状に形成されている。係止部11Aの突出端部にはテーパ状に切り欠かれた斜面11Bが形成されている。斜面11Bは係止部11Aにおけるスリーブ11の中心軸方向の一端部に形成されている。斜面11Bは、係止部11Aの突出端部において、スリーブ11の中心軸方向における中央部から一端に向けてスリーブ11の外周に近づくように傾斜している。
【0017】
スリーブ11の製造方法について説明する。スリーブ11は、四角形状をなした平板状の金属板の状態において、互いに反対に位置する各辺の中央部に係止片が形成される。そして、各係止片を平板状の金属板に直交するように曲げる。そして、金属板を、各係止片が形成された辺を突き合せるように丸める。そして、丸められた金属板をシールド電線Wに加締めで取り付けるときに各係止片を当接させて、当接した各係止片をレーザ溶接等によって溶接する。レーザ溶接は必ずしも必要ではない。
【0018】
スリーブ11はシールド電線Wの露出した編組線53の外周を包囲して配置される。露出した編組線53の先端部には、シース54の先端に編組線53の先端を対向させるように折り返されて折返部53Aが設けられている。折返部53Aの基端は、露出した被覆52の外周面に接触するように配置されており、露出した芯線51の外周面には配置されていない。スリーブ11は露出した編組線53に沿って配置されている。スリーブ11の一端はシース54の先端に隣合い配置される。スリーブ11は露出した芯線51の外周面に接触していない。スリーブ11は編組線53と折返部53Aとに径方向に挟み込まれるように配置される。編組線53の折返部53Aは、スリーブ11の外周を包囲する。折返部53Aはスリーブ11の係止部11Aを包囲していない。折返部53Aは係止部11Aをスリーブ11の円周方向に避けてスリーブ11の外周を包囲している。具体的には、折返部53Aは、係止部11Aが配置される領域を設けるように空けてスリーブ11の外周を包囲している。
【0019】
内導体13は金属板を曲げ加工等して筒状に形成されている。内導体13の一端部には芯線圧着部13Aが設けられている。内導体13の芯線圧着部13Aにはシールド電線Wの露出した芯線51が挿通される。芯線圧着部13Aは芯線51に対して加締め付けられて連結される。内導体13の芯線圧着部13Aは露出した被覆52の先端に隣合う。
【0020】
第1外導体12は金属板を曲げ加工等して円筒状に形成されている。第1外導体12は第1筒部12A、第2筒部12Bを有している。第1筒部12A、及び第2筒部12Bの各々の中心軸は同一直線上に配置されている。第1筒部12A、及び第2筒部12Bの間には第1縮径部12Cが形成されている。第1縮径部12Cの外径は第1筒部12A、第2筒部12Bの外径よりも小さい。
【0021】
第1外導体12の第1筒部12Aには、スリーブ11に形成された係止部11Aが嵌合する規制孔である係止孔12Dが貫通して形成されている。係止孔12Dは貫通した方向から見ると四角形状をなしている(図示せず。)。係止孔12Dは対向する辺の組の内の一つが第1筒部12Aの中心軸方向に伸び、対向する辺の組のもう1つが第1筒部12Aの中心軸方向に直交する方向に伸びている(図示せず。)。
【0022】
誘電体14は円筒状をなしている。誘電体14は第3筒部14A、第4筒部14B、及び第5筒部14Cを有している。第3筒部14A、第4筒部14B、及び第5筒部14Cの各々の中心軸は同一直線上に配置されており、この順で互いに連結されている。第3筒部14Aの外径は第4筒部14Bの外径より小さい。第5筒部14Cの外径は第3筒部14A及び第4筒部14Bの外径より小さい。第3筒部14Aの内径は第4筒部14B及び第5筒部14Cの内径よりも大きい。第4筒部14B及び第5筒部14Cの内径は同じである。
【0023】
第2外導体15は円筒状をなしている。第2外導体15は第6筒部15A、及び第7筒部15Bを有している。第6筒部15A及び第7筒部15Bの各々の中心軸は同一直線上に配置されている。第6筒部15Aの外径は第7筒部15Bの外径より大きい。第6筒部15Aの内径は第1外導体12の第2筒部12Bの外径と同じである。
【0024】
ハウジング16は筒状をなしている。ハウジング16は直方体状をなした第8筒部16A、及び円筒状をなした第9筒部16Bを有している。第8筒部16Aに形成された孔の中心軸と第9筒部16Bの中心軸とは同一直線上に配置されている。第8筒部16Aの孔の直径は第9筒部16Bの内径より大きい。第9筒部16Bの内径は第2外導体15の第6筒部15Aの外径と同じである。
【0025】
〔第1外導体、誘電体、第2外導体の組付け〕
誘電体14は第2外導体15に挿通されて第2外導体15に連結される。誘電体14の第3筒部14A及び第4筒部14Bは第2外導体15の第6筒部15A内に配置される。誘電体14の第5筒部14Cは第2外導体15の第7筒部15B内に配置される。誘電体14は第2外導体15の外部に突出しない。
【0026】
第2外導体15の第6筒部15Aには、第1外導体12の第2筒部12Bが嵌め込まれる。第2筒部12Bは、第6筒部15Aの内周面と、誘電体14の第3筒部14Aの外周面との間に配置される。誘電体14の一端は第1外導体12の第1縮径部12Cに隣合う。誘電体14は第1縮径部12Cと、第2外導体15の第6筒部15A及び第7筒部15Bの境界部とによって中心軸方向への移動を規制される。第1外導体12、及び第2外導体15は、例えば、第6筒部15Aを第2筒部12Bに対して加締め付けることによって連結される。こうして、第1外導体12、誘電体14、及び第2外導体15は互いに組付けられる。
【0027】
〔第1外導体、誘電体、第2外導体のシールド電線への組付け〕
互いに組付けられた第1外導体12、誘電体14、及び第2外導体15には、第1外導体12の第1筒部12Aの一端からシールド電線Wが挿通されている。シールド電線Wはスリーブ11及び内導体13を組付けて構成されている。このとき、図2に示すように、突き合わされた第1外導体12の金属板の端縁同士は離れるように拡開された拡開状態にされる。第1外導体12の第2筒部12Bは第2外導体15の第6筒部15Aによって拡開することが規制される。そして、第1外導体12はシース54の先端部、シールド電線Wの露出した編組線53の外周、折返部53A、スリーブ11の外周、露出した被覆52の外周の一部、及び内導体13の一部を包囲するように配置される。第1外導体12の第1縮径部12Cは折返部53Aの基端に隣合うように配置される。第1筒部12Aの係止孔12Dを貫通した方向から見ると、係止孔12Dはスリーブ11の係止部11Aに重なるように配置される(図示せず。)。第1縮径部12Cは露出した被覆52の外周面に配置される。芯線51から離れた内導体13の他端部は、誘電体14の第5筒部14Cから外部に突出する(図1参照。)。内導体13は第2外導体15から外部に突出しない(図1参照。)。
【0028】
次に、図3に示すように、第1外導体12の拡開した端縁同士は突き合わされた突き合せ状態にされる。このとき、スリーブ11の係止部11Aは第1外導体12の第1筒部12Aに形成された係止孔12Dに挿通される。こうして第1外導体12はスリーブ11の外周を包囲する。このとき、係止部11Aの斜面11Bによって、係止部11Aは係止孔12Dに引っ掛かることなく挿通することができる。
【0029】
次に、第1外導体12の第1筒部12Aのシース54の端部とスリーブ11とが隣合う部分は、円周方向の全周にわたって中心軸に向かう方向に力F1が付与されることによってシールド電線Wに加締め付けられる。このとき、第2縮径部12Eが編組線53の外周に当接しない(すなわち、第2縮径部12Eと編組線53との間に隙間が形成された)場合であっても、編組線53によってシールド電線Wの中心軸方向におけるインピーダンスの変化を抑えることができる。係止部11Aの先端部は第1筒部12Aの外周面よりも突出している。これによって、係止部11Aは第1外導体12に対するスリーブ11の相対変位を規制する。こうして、第1筒部12Aには、図1に示すように、第1筒部12Aより外径の小さい第2縮径部12Eが形成される。第2縮径部12Eの外径は第1縮径部12Cの外径よりも大きい。こうして、第1外導体12、誘電体14、及び第2外導体15はシールド電線Wに対して組付けられる。
【0030】
〔ハウジングの組付け〕
ハウジング16には第8筒部16Aの一端からシールド電線Wが挿通される。シールド電線Wは、スリーブ11、内導体13、第1外導体12、誘電体14、及び第2外導体15を組付けて構成されている。ハウジング16の第8筒部16Aには第1外導体12及び第2外導体15の第6筒部15Aの一部が配置されている。ハウジング16の第9筒部16Bには第2外導体15の第6筒部15Aの一部及び第7筒部15Bが配置されている。第1外導体12及び第2外導体15は、ハウジング16の外側に突出しない。こうして、ハウジング16は第1外導体12及び第2外導体15に対して連結される。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社オートネットワーク技術研究所
端子台
株式会社オートネットワーク技術研究所
端子台
株式会社オートネットワーク技術研究所
導電路
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
電気装置
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
絶縁電線
株式会社オートネットワーク技術研究所
通信装置
株式会社オートネットワーク技術研究所
端子金具
株式会社オートネットワーク技術研究所
接続端子
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
配線部材
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
駆動装置
株式会社オートネットワーク技術研究所
コネクタ
株式会社オートネットワーク技術研究所
通信用電線
株式会社オートネットワーク技術研究所
電気接続箱
株式会社オートネットワーク技術研究所
回路構成体
株式会社オートネットワーク技術研究所
回路構成体
株式会社オートネットワーク技術研究所
回路構成体
株式会社オートネットワーク技術研究所
回路構成体
続きを見る