TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021065603
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210430
出願番号2019195351
出願日20191028
発明の名称椅子
出願人株式会社オカムラ
代理人個人,個人
主分類A47C 7/00 20060101AFI20210402BHJP(家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般)
要約【課題】座の剛性を確保しつつ着座者に着座時の違和感が生じることを抑制する。
【解決手段】実施形態に係る椅子は、着座者が着座可能な着座面10aを有し弾性変形可能なシート状の張地10と、左右方向に離間し張地10が張設される一対の杆材15と、一対の杆材15同士を連結する座側連結部材12と、を有する座2と、左右方向に離間する一対の脚構成部材30と、一対の脚構成部材30同士を連結する脚側連結部材31と、を有するとともに、座2を支持する支持構造体3と、を備え、座2は、使用状態において座側連結部材12の座側対向面12aが脚側連結部材31の脚側対向面31aに当接しており、座側連結部材12は、左右方向の中央に位置する中央部25と、中央部25の左右方向の外端と一対の杆材15とを連結し、中央部25よりも上下方向への曲げ変形への剛性が高い補強部26と、を備え、中央部高さH1は、補強部高さH2よりも低い。
【選択図】図8
特許請求の範囲【請求項1】
着座者が着座可能な着座面を有し弾性変形可能なシート状の座面構成部材と、椅子の幅方向に離間し前記座面構成部材が張設される一対の杆材と、前記一対の杆材同士を連結する座側連結部材と、を有する座と、
前記幅方向に離間する一対の脚構成部材と、前記一対の脚構成部材同士を連結する脚側連結部材と、を有するとともに、前記座を支持する支持構造体と、を備え、
前記座側連結部材は、前記着座者が着座可能な使用状態で前記脚側連結部材と対向する座側対向面を有し、
前記脚側連結部材は、前記使用状態で前記座側対向面と対向する脚側対向面を有し、
前記座は、前記使用状態において前記座側対向面が前記脚側対向面に当接しており、
前記座側連結部材は、
前記幅方向の中央に位置する中央部と、
前記中央部の前記幅方向の外端と前記一対の杆材とを連結し、前記中央部よりも前記椅子の高さ方向への曲げ変形への剛性が高い補強部と、を備え、
前記使用状態で、前記高さ方向における前記中央部の高さは、前記高さ方向における前記補強部の高さよりも低いことを特徴とする椅子。
続きを表示(約 390 文字)【請求項2】
前記脚側連結部材は、前記幅方向に離間し前記使用状態で前記補強部の前記座側対向面と当接する一対の当接部を備えることを特徴とする請求項1に記載の椅子。
【請求項3】
前記補強部は、
前記使用状態で前記高さ方向に厚みを有する板状部と、
前記使用状態で前記板状部から前記高さ方向に突出するリブと、を備えることを特徴とする請求項1または2に記載の椅子。
【請求項4】
前記座側連結部材は、前記幅方向と直交する断面視で前記着座面とは反対側に向かって凸の弧状をなしていることを特徴とする請求項1から3のいずれか一項に記載の椅子。
【請求項5】
前記使用状態で、前記高さ方向における前記補強部の高さは、前記幅方向の内側に向かうに従って徐々に低くなっていることを特徴とする請求項1から4のいずれか一項に記載の椅子。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、椅子に関する。
続きを表示(約 6,700 文字)【背景技術】
【0002】
従来、椅子において、着座者が着座可能な着座面を有し弾性変形可能なシート状の座面構成部材と、椅子の幅方向に離間し張地が張設される一対の杆材と、一対の杆材同士を連結する座側連結部材と、を有する座と、幅方向に離間する一対の脚構成部材と、一対の脚構成部材同士を連結する脚側連結部材と、を有する支持構造体と、を備え、座側連結部材の下面が脚側連結部材の上面に当接することにより、座が支持構造体に支持されるものが公知である。
例えば、特許文献1では、座は、張地を座枠により支持してなる座本体と、座本体を支持する座フレームと、を備える。座フレームは、支持構造体に対して軸部材を介して回動可能に支持されている。座フレームは、座枠の下面に添接する枠フレーム部と、枠フレーム部に架設された横架フレーム部と、を備える。支持構造体は、左右に対をなす脚構成部材と、左右の脚構成部材を連結するジョイント材と、を備える。ジョイント材は、座を下から支持しうる座受として機能する。ジョイント材は、左右方向に延びる角柱状をなしている。ジョイント材は、略水平をなす上向面を有する。ジョイント材の上向面には、使用状態における座の横架フレーム部の下面が当接するようになっている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2019−63166号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ところで、座の使用状態では、張地の着座面に着座者の臀部が載置されるため、張地の幅方向の中央部が最も座側連結部材に向かって変位する。一方、座の剛性を確保するために、座側連結部材の高さ寸法が大きくされる。しかし、座側連結部材の高さ寸法の大きさによっては、座の使用状態で着座者の臀部が張地を介して座側連結部材に接触し、着座者に着座時の違和感が生じる可能性がある。
【0005】
以上のような事情に鑑み、本発明は、座の剛性を確保しつつ着座者に着座時の違和感が生じることを抑制することが可能な椅子を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の一態様に係る椅子は、着座者が着座可能な着座面を有し弾性変形可能なシート状の座面構成部材と、椅子の幅方向に離間し前記座面構成部材が張設される一対の杆材と、前記一対の杆材同士を連結する座側連結部材と、を有する座と、前記幅方向に離間する一対の脚構成部材と、前記一対の脚構成部材同士を連結する脚側連結部材と、を有するとともに、前記座を支持する支持構造体と、を備え、前記座側連結部材は、前記着座者が着座可能な使用状態で前記脚側連結部材と対向する座側対向面を有し、前記脚側連結部材は、前記使用状態で前記座側対向面と対向する脚側対向面を有し、前記座は、前記使用状態において前記座側対向面が前記脚側対向面に当接しており、前記座側連結部材は、前記幅方向の中央に位置する中央部と、前記中央部の前記幅方向の外端と前記一対の杆材とを連結し、前記中央部よりも前記椅子の高さ方向への曲げ変形への剛性が高い補強部と、を備え、前記使用状態で、前記高さ方向における前記中央部の高さは、前記高さ方向における前記補強部の高さよりも低いことを特徴とする。
【0007】
この構成によれば、座側連結部材は一対の杆材を連結するという機能上、座側連結部材には大きな剛性が要求されるが、補強部が中央部よりも椅子の高さ方向への曲げ変形への剛性が高いことにより、座の剛性を確保することができる。加えて、使用状態で、椅子の高さ方向における中央部の高さが補強部の高さよりも低いことにより、座の使用状態で座面構成部材の幅方向の中央部が座側連結部材に向かって変位した場合であっても、着座者の臀部が座面構成部材を介して座側連結部材に接触しにくくなるため、着座者に着座時の違和感が生じることを抑制することができる。したがって、支持構造体の剛性を確保しつつ着座者に着座時の違和感が生じることを抑制することができる。
【0008】
本発明の一態様において、前記脚側連結部材は、前記幅方向に離間し前記使用状態で前記補強部の前記座側対向面と当接する一対の当接部を備えてもよい。
この構成によれば、一対の当接部が座側連結部材のうち比較的剛性が高い補強部に当接することにより、座側対向面と脚側対向面とが当接した状態(使用状態)における堅牢性を維持することができる。
【0009】
本発明の一態様において、前記補強部は、前記使用状態で前記高さ方向に厚みを有する板状部と、前記使用状態で前記板状部から前記高さ方向に突出するリブと、を備えてもよい。
この構成によれば、補強部が板状部及びリブを備えることにより、補強部の高さ方向の厚みを単に大きくした場合(補強部が肉厚の板状部のみを有する場合)と比較して、座側連結部材に部分的な厚肉部位が生じにくくなる。そのため、座側連結部材への局所的な負荷を抑制することができる。
【0010】
本発明の一態様において、前記座側連結部材は、前記幅方向と直交する断面視で前記着座面とは反対側に向かって凸の弧状をなしていてもよい。
この構成によれば、座側連結部材の断面形状が弧状をなしていることにより、座側連結部材が単純な矩形板状をなしている場合と比較して、着座荷重に対する堅牢性を高めることができる。例えば、着座時に座側連結部材に荷重が加わると、座側対向面と脚側対向面とが当接する部分を中心とするモーメント荷重が発生するが、座側連結部材の断面形状が弧状をなしていることにより、モーメント荷重に対して堅牢性を維持することができる。
【0011】
本発明の一態様において、前記使用状態で、前記高さ方向における前記補強部の高さは、前記幅方向の内側に向かうに従って徐々に低くなっていてもよい。
この構成によれば、座の使用状態で補強部の着座面の側の外縁が着座者の臀部に沿うような形状となる。これにより、補強部の高さが幅方向の内側で急に低くなる場合と比較して、座の使用状態で座面構成部材の幅方向の中央部が座側連結部材に向かって変位した場合であっても、着座者の臀部が座面構成部材を介して脚側連結部材により一層接触しにくくなるため、着座者に着座時の違和感が生じることをより効果的に抑制することができる。
【発明の効果】
【0012】
本発明によれば、座の剛性を確保しつつ着座者に着座時の違和感が生じることを抑制することができる。
【図面の簡単な説明】
【0013】
実施形態に係る椅子の斜視図。
実施形態に係る椅子の前面図。
実施形態に係る椅子の左側面図。
実施形態に係る椅子の上面図。
実施形態に係る椅子の下面図。
実施形態に係る座の収納状態の左側面図。
実施形態に係る座側連結部材の上面図。
図7のVIII−VIII断面を含む前面図。
図7のIX−IX断面を含む左側面図。
図7のX−X断面を含む左側面図。
図7のXI−XI断面を含む左側面図。
【発明を実施するための形態】
【0014】
以下、本発明の実施形態について図面を参照して説明する。各図において、同一構成については同一の符号を付す。実施形態においては、椅子の一例として、着座者が着座可能な着座面を有する座と、座を着座者が着座可能な使用状態と使用状態に対して起立した収納状態との間で椅子の幅方向に沿う軸回りに回動可能に支持する支持構造体と、を備える椅子を挙げて説明する。実施形態において、椅子が設置される設置面は、水平面とする。
【0015】
[椅子]
図1に示すように、椅子1は、座2と、支持構造体3と、背凭れ4と、肘掛け5と、を備える。座2、背凭れ4及び肘掛け5は、支持構造体3に支持されている。図1〜図5は、座2の使用状態を示している。図6は、座2の収納状態を示している。
【0016】
以下の説明においては、前後上下左右等の向きは、特に記載がなければ、水平面に設置した椅子1の使用状態の座2に、正規姿勢で着座した着座者の正面側を「前」、その反対側を「後」として説明する。つまり、図2に示す紙面に直交する方向を「前後方向(椅子1の奥行方向)」とする。また、水平面の法線方向(鉛直方向)を「上下方向(椅子1の高さ方向)」とする。また、前後方向および上下方向のそれぞれに直交する方向を「左右方向(椅子1の幅方向)」とする。図中において、前方を矢印FR、上方を矢印UP、左方を矢印LHでそれぞれ示している。
【0017】
[座]
図1に示すように、座2は、着座者が着座可能な着座面10aを有する張地10(座面構成部材)と、張地10が張設される矩形枠状の座枠11と、左右方向に延びる座側連結部材12と、を備える。座2は、使用状態において座側連結部材12(座側対向面12a)が脚側連結部材31(脚側対向面31a)に当接している(図8参照)。例えば、座枠11及び座側連結部材12は、同一の部材(例えば樹脂部材)で一体に形成されている。
【0018】
張地10は、伸縮可能(弾性変形可能)なシート状をなしている。張地10の外周部は、張地10が前後方向及び左右方向に引っ張られた状態で、座枠11に支持されている。張地10のうち座枠11よりも内側の部分(着座面10a)は、上下方向に弾性変形可能とされている。
【0019】
図4に示すように、座枠11は、左右方向に離間する一対の杆材15を備える。杆材15は、前後方向に延びている。左右一対の杆材15には、張地10(図1参照)の左右方向の端部が支持されている。伸長状態にある張地10の端部が杆材15に脱落不能に支持されることで、張地10は一対の杆材15の間に張設されている(図8参照)。
【0020】
座側連結部材12は、左右一対の杆材15同士を連結している。座側連結部材12は、座2の使用状態で脚側連結部材31と対向する座側対向面12a(下面)を有する(図8参照)。図8に示すように、座側連結部材12は、左右方向に延びる座側延在部20(延在部)と、座側延在部20の左右方向の外端から左右一対の杆材15に向かって屈曲する屈曲部21と、を備える。
【0021】
図10に示すように、座側延在部20は、着座面10a(図1参照)とは反対側(使用状態の座2の下側)に向かって突出する突出部22を有する。図10の断面視(左右方向と直交する断面視)で、突出部22は、着座面10aとは反対側に向かって凸の弧状をなす弧状面22aを有する。突出部22は、座2の使用状態で座側連結部材12が脚側連結部材31と対向する部位に設けられている。突出部22は、座側延在部20の左右方向の全体にわたって設けられている。座2の使用状態で、突出部22の先端22pは、座側延在部20の下端に位置する。
【0022】
座側延在部20は、左右方向に延びる溝部23を有する(図9参照)。図9に示すように、溝部23は、座側対向面12aに形成されている。溝部23は、使用状態で前後方向に間隔をあけて一対設けられている。前後一対の溝部23は、互いに略同じ左右方向の長さを有する。使用状態で、溝部23の左右方向の両端部は、上下方向から見て左右一対の当接部45と重なる。
【0023】
図8に示すように、屈曲部21は、一対の杆材15に着座面10a(図1参照)とは反対側から連結されている。屈曲部21は、一対の杆材15に使用状態の座2の下側から連結されている。図7の上面視で、屈曲部21の前後方向の長さは、左右方向の外側に向かうに従って徐々に大きくなっている。図11の断面視(左右方向と直交する断面視)で、屈曲部21は、着座面10a(図1参照)とは反対側に向かって凸の弧状をなしている。
【0024】
座側連結部材12は、左右方向と直交する断面視(図10、図11の断面視)で、着座面10a(図1参照)とは反対側に向かって凸の弧状をなしている。使用状態で、上下方向における座側連結部材12の高さは、左右方向の内側(中央部25)に向かうに従って徐々に低くなっている(図8参照)。図8に示すように、座側連結部材12は、左右方向の中央に位置する中央部25と、中央部25の左右方向の外端と左右一対の杆材15とを連結する補強部26と、を備える。
【0025】
図7に示すように、中央部25は、座側延在部20の左右方向の中央に位置している。中央部25は、座側連結部材12のうちリブ28A〜28Cを有しない部分(中央リブ28Aの左右方向の内端よりも左右方向の内側の部分)である。中央部25は、座2の使用状態で着座者の臀部の中央と対向する部分である。
【0026】
使用状態で、上下方向における中央部25の高さ(以下単に「中央部高さ」ともいう。)は、上下方向における補強部26の高さ(以下単に「補強部高さ」ともいう。)よりも低い(図8参照)。ここで、中央部高さは、中央部25の左右方向全体で基準(例えば、椅子1の設置面)からの高さが最も高い位置における基準からの高さを意味する。図8に示すように、補強部高さH2は、中央部高さH1よりも上端の高さが左右方向全体にわたって高くなっている(H2>H1)。言い換えると、着座面10aに着座者の荷重がかかっていない状態で、張地10との間に形成された間隔の上下方向の寸法は、中央部25に対して補強部26の方が小さい。使用状態で、中央部高さは、左右方向の全体にわたって一様である。使用状態で、補強部高さ、左右方向の内側(中央部25)に向かうに従って徐々に低くなっている。
【0027】
補強部26は、中央部25よりも上下方向への曲げ変形への剛性が高い。補強部26は、左右方向と直交する断面視で中央部25よりも断面積が大きい(図10参照)。図10に示すように、補強部26は、使用状態で上下方向に厚みを有する板状部27と、使用状態で板状部27から上方に突出するリブ28A〜28Cと、を備える。補強部26は、座側連結部材12のうちリブ28A〜28Cを有する部分である。
【0028】
リブ28A〜28Cは、使用状態で前後方向に厚みを有する。リブ28A〜28Cの厚みは、板状部27の厚みと略同じ大きさとすることが好ましい。リブ28A〜28Cは、左右方向に延びている。使用状態におけるリブ28A〜28Cの高さは、幅方向の内側に向かうに従って徐々に低くなっている(図8参照、図8ではリブ28Aのみ図示)。リブ28A〜28Cは、使用状態で前後方向に間隔をあけて複数(例えば本実施形態では3つ)設けられている(図7参照)。
【0029】
図7に示すように、3つのリブ28A〜28Cは、使用状態で前後方向の中央に位置する中央リブ28Aと、使用状態で中央リブ28Aの前方に位置する前リブ28Bと、使用状態で中央リブ28Aの後方に位置する後リブ28Cと、である。中央リブ28Aは、前リブ28B及び後リブ28Cのそれぞれよりも左右方向の長さが大きい。前リブ28B及び後リブ28Cは、互いに略同じ左右方向の長さを有する。中央リブ28Aの左右方向の内端は、当接部45よりも左右方向の内側に位置している(図8参照)。
【0030】
[支持構造体]
図1に示すように、支持構造体3は、左右一対の脚構成部材30と、左右一対の脚構成部材30同士を連結する脚側連結部材31と、を備える。
脚構成部材30は、前脚部35と、前脚部35の後方に位置する後脚部36と、座2の後方の左右両側部を軸支する座取付部37と、背凭れ4の左右両端部を支持する背支持部38と、を備える。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

株式会社オカムラ
什器
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
什器
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
什器
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
椅子
株式会社オカムラ
ブース
株式会社オカムラ
車椅子
株式会社オカムラ
パネル
株式会社オカムラ
ブース
株式会社オカムラ
扉装置
株式会社オカムラ
収納什器
株式会社オカムラ
支柱部材
株式会社オカムラ
収納什器
株式会社オカムラ
照明装置
株式会社オカムラ
天板付什器
株式会社オカムラ
天板付什器
株式会社オカムラ
天板付什器
株式会社オカムラ
搬送用什器
株式会社オカムラ
座及び椅子
株式会社オカムラ
座及び椅子
株式会社オカムラ
座及び椅子
株式会社オカムラ
天板付什器
株式会社オカムラ
作業用什器
株式会社オカムラ
作業用什器
株式会社オカムラ
作業用什器
株式会社オカムラ
仕切パネル
株式会社オカムラ
天板付什器
株式会社オカムラ
天板付什器
続きを見る