TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021062919
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210422
出願番号2020169636
出願日20201007
発明の名称包装袋
出願人凸版印刷株式会社
代理人個人,個人,個人,個人
主分類B65D 33/00 20060101AFI20210326BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】開封により形成されるつまみ部分の段差がより小さい包装袋を提供する。
【解決手段】包装袋は、第1のシート部と第2のシート部とが対向して被包装物が収容される密閉空間が形成、される包装袋であって、前記第1のシート部及び前記第2のシート部に略対向して形成され、前記密閉空間にかかって前記包装袋の第1の縁から第2の縁への経路上に形成された、ミシン目状の第1切れ線を有する第1直進誘導ミシン目線と、ミシン目状の第2切れ線を有し、前記第1直進誘導ミシン目線から略一定の距離に形成される第2直進誘導ミシン目線と、ミシン目状の開封誘導線と、を備え、前記開封誘導線は、前記第1のシート部において、始点が前記第1切れ線の前記第2の縁側の端の近傍に形成され、終点が前記始点より前記第2の縁側の前記第2切れ線の前記第1の縁側の端の近傍に形成され、前記第2のシート部においては始点と終点との位置がその逆となる。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
第1のシート部と第2のシート部とが対向して密閉空間を形成し、前記密閉空間内に被包装物を収容し、前記第1のシート部及び前記第2のシート部に前記密閉空間にかかる切れ目が形成されることで開封される包装袋であって、
前記第1のシート部及び前記第2のシート部に略対向して形成され、前記密閉空間にかかって前記包装袋の第1の縁から第2の縁への経路上に形成されたミシン目状の第1切れ線を有する第1直進誘導ミシン目線と、
前記第1のシート部及び前記第2のシート部に略対向して形成され、前記密閉空間にかかって前記包装袋の第1の縁から第2の縁への経路上に形成されたミシン目状の第2切れ線を有し、前記第1直進誘導ミシン目線から略一定の距離に形成される第2直進誘導ミシン目線と、
ミシン目状の開封誘導線と、を備え、
前記開封誘導線は、
前記第1のシート部において、始点が前記第1切れ線の前記第2の縁側の端の近傍に形成され、終点が前記始点より前記第2の縁側の前記第2切れ線の前記第1の縁側の端の近傍に形成され、
前記第2のシート部において、始点が前記第1切れ線の前記第1の縁側の端の近傍に形成され、終点が前記始点より前記第1の縁側の前記第2切れ線の前記第2の縁側の端の近傍に形成される、
包装袋。
続きを表示(約 1,400 文字)【請求項2】
前記第1直進誘導ミシン目線と前記第2直進誘導ミシン目線とに囲まれる範囲の外側に形成されるミシン目状の逸脱防止線を備え、
前記逸脱防止線は、前記第2直進誘導ミシン目線に対応して形成され、
前記第1のシート部において、始点が前記第2切れ線の前記第1の縁側の端の近傍に形成され、終点が前記始点より前記第1の縁側で前記第1切れ線から離間して形成され、
前記第2のシート部において、始点が前記第2切れ線の前記第2の縁側の端の近傍に形成され、終点が前記始点より前記第2の縁側で前記第1切れ線から離間して形成される、
請求項1に記載の包装袋。
【請求項3】
前記逸脱防止線に対応したミシン目状の逸脱止めミシン目線を備え、
前記逸脱止めミシン目線は、前記第1直進誘導ミシン目線及び前記第2直進誘導ミシン目線から略一定の距離に形成され、
始点が各々の前記逸脱防止線の前記終点の近傍に形成され、
終点が前記第1のシート部において前記第1の縁側の前記逸脱防止線の前記終点の近傍に形成され、前記第2のシート部において前記第2の縁側の前記逸脱防止線の前記終点の近傍に形成される、
請求項2に記載の包装袋。
【請求項4】
前記第1直進誘導ミシン目線及び前記第2直進誘導ミシン目線が前記第1の縁から前記第2の縁までを通り、前記第1の縁又は前記第2の縁において、前記第1直進誘導ミシン目線と前記第2直進誘導ミシン目線との間にノッチが形成される、
請求項1から請求項3のうちいずれか一項に記載の包装袋。
【請求項5】
前記切れ目により形成され、前記密閉空間を開封する開封口を閉じるシール部を備える、
請求項1から請求項4のうちいずれか一項に記載の包装袋。
【請求項6】
前記第1のシート部及び前記第2のシート部は、
前記密閉空間に対向する密閉層と、
前記密閉層の外側に積層される外装層と、を備える、
請求項1から請求項5のうちいずれか一項に記載の包装袋。
【請求項7】
前記密閉層はアルミニウム材を有する、
請求項6に記載の包装袋。
【請求項8】
隣接する前記開封誘導線の間隔は、少なくとも2個の前記第1切れ線の間隔又は少なくとも2個の前記第2切れ線の間隔よりも長く形成され、
隣接する前記開封誘導線の間において、
前記第1直進誘導ミシン目線側には、前記開封誘導線よりも短く形成された第1開封誘導補助線が少なくとも1つ形成され、
前記第2直進誘導ミシン目線側には、前記開封誘導線よりも短く形成された第2開封誘導補助線が少なくとも1つ形成されている、
請求項1から7のうちいずれか1項に記載の包装袋。
【請求項9】
前記切れ目により形成され、前記密閉空間を開封する開封口を閉じるシール部と、
前記第1直進誘導ミシン目線と前記第2直進誘導ミシン目線とに囲まれる範囲の外側に形成されるミシン目状の逸脱防止線と、
前記逸脱防止線に対応したミシン目状の逸脱止めミシン目線と、を備え、
前記第1直進誘導ミシン目線は、前記シール部に隣接して形成され、
前記逸脱防止線及び前記逸脱止めミシン目線は、前記第1直進誘導ミシン目線と前記シール部との間に形成されている、
請求項1から8のうちいずれか1項に記載の包装袋。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、包装袋に関する。
続きを表示(約 5,200 文字)【背景技術】
【0002】
従来、ミシン目線(弱め線)が形成され、開封しやすい包装袋(包装用袋体)が発明されている。
【0003】
特許文献1に記載の包装用袋体は、開封を容易にするため、開封後にできる開封口につまみ部分を形成するために、包装用袋体を形成する第一の面と第二の面とに、開封方向に対して傾き開封方向に沿って並べられた第一弱め線、第二弱め線及び第三弱め線が設けられている。第一弱め線と第二弱め線とが互いに平行に形成され、第一弱め線と第二弱め線との間に形成される第三弱め線が第一弱め線及び第二弱め線とおよそ50°から90°の角をなすように形成されている。第三弱め線の形成領域内が開封開始点となるノッチが形成されている。
【0004】
また、第一弱め線、第二弱め線及び第三弱め線がそれぞれ第一の面と第二の面とで開封方向に関して対称的に傾いていることで、開封線が、第一の面と第二の面との一方では第一弱め線に誘導され第一弱め線に接しながら進行し、他方では第二弱め線に誘導され第二弱め線に接しながら進行する。そのため、第一弱め線と第二弱め線との距離の大きさに基づくつまみ部分が形成される。
【0005】
特許文献1に記載の包装用袋体は、開封を容易にするため、第一弱め線と第二弱め線との距離をとり、開封線の段差をつくり、十分な大きさの面積のつまみ部分を形成することを目的としている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
特許第4648605号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
しかしながら、包装袋のミシン目線の形成領域が制限される場合や、ミシン目線の成形機の小型化による製造コスト低減等の観点から、開封線の段差が小さいことが好まれる場合がある。
【0008】
上記事情を踏まえ、本発明は、開封により形成されるつまみ部分の段差がより小さい包装袋を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明の第一の態様に係る包装袋は、第1のシート部と第2のシート部とが対向して密閉空間を形成し、前記密閉空間内に被包装物を収容し、前記第1のシート部及び前記第2のシート部に前記密閉空間にかかる切れ目が形成されることで開封される包装袋であって、前記第1のシート部及び前記第2のシート部に略対向して形成され、前記密閉空間にかかって前記包装袋の第1の縁から第2の縁への経路上に形成されたミシン目状の第1切れ線を有する第1直進誘導ミシン目線と、前記第1のシート部及び前記第2のシート部に略対向して形成され、前記密閉空間にかかって前記包装袋の第1の縁から第2の縁への経路上に形成されたミシン目状の第2切れ線を有し、前記第1直進誘導ミシン目線から略一定の距離に形成される第2直進誘導ミシン目線と、ミシン目状の開封誘導線と、を備え、前記開封誘導線は、前記第1のシート部において、始点が前記第1切れ線の前記第2の縁側の端の近傍に形成され、終点が前記始点より前記第2の縁側の前記第2切れ線の前記第1の縁側の端の近傍に形成され、前記第2のシート部において、始点が前記第1切れ線の前記第1の縁側の端の近傍に形成され、終点が前記始点より前記第1の縁側の前記第2切れ線の前記第2の縁側の端の近傍に形成される。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、開封により形成されるつまみ部分の段差がより小さい包装袋を提供できる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
本発明の第一実施形態に係る包装袋の正面図である。
同包装袋の一部拡大図である。
同包装袋の展開図である。
同包装袋の断面図である。
同包装袋の拡大展開図である。
同包装袋の開封後の背面図である。
本発明の第二実施形態に係る包装袋の拡大展開図である。
本発明の第三実施形態に係る包装袋の拡大展開図である。
本発明の第四実施形態に係る包装袋の拡大展開図である。
本発明の第五実施形態に係る包装袋の拡大展開図である。
【発明を実施するための形態】
【0012】
以下、本発明の一実施形態について、図1から図6を参照しながら説明する。
本実施形態の包装袋1は、対向したシート状の部材により形成された密閉空間を有し、密閉空間内に湿布剤等の被包装物を収容する。包装袋1は、対向したシート状の部材に密閉空間にかかる切れ目が形成されることにより、開封される。
【0013】
図1に示すように、包装袋1は、第1のシート部1Fと、第2のシート部1Bと、を備える。第1のシート部1Fと第2のシート部1Bとは、互いに対向し、継ぎ合わせ部1Uが略周縁の位置を一周して密閉空間Sを形成する。なお、包装袋1は、別々に設けられた第1のシート部1Fと第2のシート部とを継ぎ合わせて形成してもよく、1枚のシート部材を折ることで向かい合った面を第1のシート部1F及び第2のシート部1Bとして継ぎ合わせて形成してもよい。
【0014】
図1、図2に示すように、包装袋1には、第1の縁1E1から第2の縁1E2への経路上に、密閉空間Sにかかり、ミシン目状の第1切れ線11Bを有する第1直進誘導ミシン目線11が形成される。
【0015】
包装袋1には、第1の縁1E1から第2の縁1E2への経路上に、密閉空間Sにかかり、ミシン目状の第2切れ線、各々の第1切れ線11Bに対応するように形成されている。各々の第2切れ線12Bは12Bを有する第2直進誘導ミシン目線12が形成される。各々の第2切れ線12Bは、各々の第1切れ線11Bと略一定の距離に形成されている。本実施形態では、第1切れ線11Bと第2切れ線12Bとは平行である。
【0016】
さらに、包装袋1には、各々の第1切れ線11B及び各々の第2切れ線12Bに対応したミシン目状の開封誘導線13が形成される。開封誘導線13は、第1切れ線11Bあるいは第2切れ線12Bのいずれかまたは両方と繋がっていることが好ましい。開封誘導線13が第1切れ線11Bあるいは第2切れ線12Bのいずれかまたは両方と連続していることにより、開封誘導線13から第1切れ線11Bあるいは第2切れ線12Bへ、開封時の切れ目が容易に移行する。
【0017】
第1直進誘導ミシン目線11、第2直進誘導ミシン目線12は、開封時の切れ目を第1切れ線11B又は第2切れ線12Bをなぞって形成されるように誘導する。開封誘導線13は、開封時の切れ目が第1直進誘導ミシン目線11又は第2直進誘導ミシン目線12に向かうように誘導する。
【0018】
第1切れ線11Bおよび第2切れ線12Bにおけるミシン目の間隔は、例えば、0.2〜1.2mmに形成されている。上記ミシン目の間隔は、0.5〜0.9mmに形成されていることがより好ましい。上記ミシン目の間隔は、ミシン目加工基材の材質や厚さによって適宜変更される。上記ミシン目の間隔は、0.2mmより狭いと加工基材が切れやすくなる。
【0019】
上記ミシン目の間隔は、0.9mmより広くなると、特に紙基材を使用した場合においてカット端面が粗くなりやすく、切れ目が逸脱しやすくなる。更に、第1切れ線11Bおよび第2切れ線12Bにおけるミシン目の長さは、0.3〜5.0mmに形成されており、特に0.5〜3.0mmに形成されていることがより好ましい。
【0020】
図3は、包装袋1を、第1の縁1E1を通り密閉空間Sを対称的に展開する中心線Oに関して展開した図である。図3に示すように、第1直進誘導ミシン目線11は、第1のシート部1Fと第2のシート部1Bとに、中心線Oに関して略対称的に形成されている。すなわち、包装袋1において、第1直進誘導ミシン目線11は、第1のシート部1Fと第2のシート部1Bとに、略対向して形成される。
【0021】
同様に、第2直進誘導ミシン目線12は、第1のシート部1Fと第2のシート部1Bとに、中心線Oに関して略対称的に形成されている。すなわち、包装袋1において、第2直進誘導ミシン目線12は、第1のシート部1Fと第2のシート部1Bとに、略対向して形成される。
【0022】
開封誘導線13は、第1のシート部1Fにおいて、始点13Sが第1切れ線11Bの第2の縁1E2側の端の近傍に形成され、終点13Eが始点13Sより第2の縁1E2側の第2切れ線12Bの第1の縁1E1側の端の近傍に形成されている。
【0023】
開封誘導線13は、第2のシート部1Bにおいて、始点13Sが第1切れ線11Bの第1の縁1E1側の端の近傍に形成され、終点13Eが始点13Sより第1の縁1E1側の第2切れ線12Bの第2の縁1E2側の端の近傍に形成されている。第1直進誘導ミシン目線11と第2直進誘導ミシン目線12との間に形成された開封誘導線13は、隣接する開封誘導線13との間の間隔が、2.0mm〜30mmに形成されていることが好ましい。隣接する開封誘導線13の間隔が狭くなると、ミシン目加工基材が破断しやすくなる。開封誘導線の間隔が広くなると、開封時に開封誘導線13に当たるまでの距離が長くなり、開封時に形成される段差の長さが短くなるほか、開封線がミシン目に従わず逸脱する可能性が高くなる。
【0024】
第1直進誘導ミシン目線11と開封誘導線13とがなす角αは、30°以上、60°以下とすることで、意図したとおりに安定的に開封することができ、略45°が好ましい。なお、第2直進誘導ミシン目線12は第1直進誘導ミシン目線11と略一定の距離に形成されるため、第2直進誘導ミシン目線12と開封誘導線13とがなす角は角αにほぼ等しくなる。
【0025】
第1のシート部1F及び第2のシート部1Bの第1の縁1E1及び第2の縁1E2には、ノッチ14が形成される。ノッチ14は、第1直進誘導ミシン目線11と第2直進誘導ミシン目線12の間に形成される。
【0026】
図4に示すように、第1のシート部1F及び第2のシート部1Bは、密閉層SLと、外装層OLと、を備える。密閉層SLは、密閉空間Sに対向する。外装層OLは、密閉層SLの外側に積層される。
【0027】
外装層OLは、紙材やポリエチレンテレフタレート材で形成したシート等を用いることができる。外装層OLには、上質紙、モゾウ紙、コート紙等の紙材を用いることができる。外装層OLは、紙層間強度が高い上質紙が用いられることがより好ましい。外装層OLには、ポリエチレンテレフタレートフィルムの他、延伸ポリプロピレンフィルム、延仲ナイロンフィルム、ポリオレフィン系フィルム等のフィルム基材が用いられる。密閉層SLは、アルミニウム材をポリエチレン材で挟んで形成したシート等を用いることができる。
【0028】
密閉層SLは、アルミ蒸着が施されたポリエチレンテレフタレート材やナイロン材等の材料が用いられる。開封時に外装層OLに施されたミシン目加工に追従した切れ目により、第1のシート部1Fと第2のシート部1Bとが貼り合わされた包装袋1の開口に段差を形成するためには、アルミニウム材が用いられることが好ましい。
【0029】
外装層OLと密閉層SLとは、ドライラミネート、押出ラミネート、ノンソルラミネート等の既知の手法を用いて貼り合わされる。密閉層SL内面のシール層は、低密度ポリエチレン、直鎖低密度ポリエチレン、ポリプロピレン、シクロオレフィンポリマー、シクロオレフィンコポリマー、PET等の熱シール性フィルムや押出樹脂により形成されてもよいし、アクリル系やエラストマー系のヒートシールニス剤をコートして形成されてもよい。
【0030】
密閉層SLの内側には、ファスナー(シール部)15が設けられる。ファスナー15は公知の構造であり、凸部15Vを凹部15Cに押し込んで係合させることにより、開封後の開封口を閉じて包装袋1を密封する。ファスナー15以外の構造を用いて開封口を閉じてもよい。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

凸版印刷株式会社
紙箱
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
ラベル
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
カード
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
化粧紙
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
内装材
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
カード
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
収納容器
凸版印刷株式会社
成膜装置
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
搬送機構
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
収納容器
凸版印刷株式会社
ICタグ
凸版印刷株式会社
注出口栓
凸版印刷株式会社
判定装置
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
分離治具
凸版印刷株式会社
ICタグ
凸版印刷株式会社
表示装置
続きを見る