TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021057277
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210408
出願番号2019181222
出願日20191001
発明の名称コネクタ
出願人矢崎総業株式会社
代理人特許業務法人虎ノ門知的財産事務所
主分類H01R 13/42 20060101AFI20210312BHJP(基本的電気素子)
要約【課題】検知部材の強度を確保することと、検知部材の大型化の抑制とを両立できるコネクタを提供する。
【解決手段】コネクタ1は、軸方向Xの一方に向けて開口した挿入口24aを有する複数の端子収容室24と、軸方向の他方に向けて開口している一つの通路部25と、ランス26と、を有するハウジング2と、端子収容室に挿入され、端子収容室の正規位置においてランスによって係止される端子3と、通路部に挿入され、端子が正規位置まで挿入されているか否かを検知する検知部材4と、を備え、通路部は、複数の端子収容室のそれぞれと隣接し、ランスは、複数の端子収容室と通路部との境界にそれぞれ設けられており、ランスは、端子が正規位置まで挿入されていない場合、端子に押圧されて通路部に突出し、検知部材を通路部の第一の位置で係止し、ランスは、端子が正規位置まで挿入されている場合、検知部材が第一の位置よりも奥まで挿入されることを許容する。
【選択図】図14
特許請求の範囲【請求項1】
軸方向の一方に向けて開口した挿入口を有する複数の端子収容室と、前記軸方向の他方に向けて開口している一つの通路部と、ランスと、を有するハウジングと、
前記端子収容室に挿入され、前記端子収容室の正規位置において前記ランスによって係止される端子と、
前記通路部に挿入され、前記端子が前記正規位置まで挿入されているか否かを検知する検知部材と、
を備え、
前記通路部は、前記軸方向と直交する方向において複数の前記端子収容室のそれぞれと隣接しており、
前記ランスは、複数の前記端子収容室と前記通路部との境界にそれぞれ設けられており、
前記ランスは、前記端子が前記正規位置まで挿入されていない場合、前記端子に押圧されて前記通路部に突出し、前記検知部材を前記通路部の第一の位置で係止し、
前記ランスは、前記端子が前記正規位置まで挿入されている場合、前記検知部材が前記第一の位置よりも奥まで挿入されることを許容する
ことを特徴とするコネクタ。
続きを表示(約 380 文字)【請求項2】
前記端子収容室は、前記軸方向に沿った中心線の周りに周方向に沿って配置されており、
前記通路部は、前記中心線に沿って延在している
請求項1に記載のコネクタ。
【請求項3】
前記端子収容室は、前記中心線の周りに等間隔で配置されており、
前記検知部材は、前記端子が前記正規位置まで挿入されていない場合に前記ランスによって係止される当接部を有し、
前記当接部の断面形状は、前記ハウジングが有する前記端子収容室の個数に応じた正多角形状である
請求項2に記載のコネクタ。
【請求項4】
前記ハウジングは、軸方向の両端部が支持されており、かつ前記通路部に沿って延在する柱部を有し、
前記ランスが前記柱部と一体に形成されている
請求項1から3の何れか1項に記載のコネクタ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、コネクタに関する。
続きを表示(約 6,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来、複数の端子を有するコネクタがある。特許文献1には、複数の接続端子が収容される端子保持部、内側フード部、および外側フード部から成る第1のコネクタハウジングを有する簡易防水コネクタが開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開平7−153523号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
コネクタにおいて、端子が正規位置まで正しく挿入されているか否かを検知できる検知部材を有することが好ましい。ここで、検知部材の強度を確保しようとすると、検知部材の体格が大きくなり、コネクタの大型化を招きやすい。
【0005】
本発明の目的は、検知部材の強度を確保することと、検知部材の大型化の抑制とを両立できるコネクタを提供することである。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明のコネクタは、軸方向の一方に向けて開口した挿入口を有する複数の端子収容室と、前記軸方向の他方に向けて開口している一つの通路部と、ランスと、を有するハウジングと、前記端子収容室に挿入され、前記端子収容室の正規位置において前記ランスによって係止される端子と、前記通路部に挿入され、前記端子が前記正規位置まで挿入されているか否かを検知する検知部材と、を備え、前記通路部は、前記軸方向と直交する方向において複数の前記端子収容室のそれぞれと隣接しており、前記ランスは、複数の前記端子収容室と前記通路部との境界にそれぞれ設けられており、前記ランスは、前記端子が前記正規位置まで挿入されていない場合、前記端子に押圧されて前記通路部に突出し、前記検知部材を前記通路部の第一の位置で係止し、前記ランスは、前記端子が前記正規位置まで挿入されている場合、前記検知部材が前記第一の位置よりも奥まで挿入されることを許容することを特徴とする。
【発明の効果】
【0007】
本発明に係るコネクタでは、一つの通路部が複数の端子収容室のそれぞれと隣接している。ランスは、複数の端子収容室と通路部との境界にそれぞれ設けられている。ランスは、端子が正規位置まで挿入されていない場合、端子に押圧されて通路部に突出し、検知部材を通路部の第一の位置で係止し、端子が正規位置まで挿入されている場合、検知部材が第一の位置よりも奥まで挿入されることを許容する。本発明に係るコネクタによれば、検知部材において、ランスによって係止される当接部が複数の端子収容室に対して共通化される。よって、検知部材の強度を確保することと、検知部材の大型化の抑制とを両立できるという効果を奏する。
【図面の簡単な説明】
【0008】
図1は、実施形態のコネクタユニットを示す斜視図である。
図2は、実施形態に係るメスコネクタの分解斜視図である。
図3は、実施形態に係るハウジングの背面図である。
図4は、実施形態に係るハウジングの正面図である。
図5は、実施形態に係るハウジングの断面斜視図である。
図6は、実施形態に係るハウジングの断面斜視図である。
図7は、実施形態に係るメス端子の側面図である。
図8は、実施形態に係るメス端子の斜視図である。
図9は、実施形態に係る検知部材の平面図である。
図10は、実施形態に係る検知部材の斜視図である。
図11は、端子収容室に挿入されるメス端子を示す断面図である。
図12は、正規位置まで挿入されたメス端子を示す断面図である。
図13は、通路部の奥まで挿入された検知部材を示す断面図である。
図14は、第一の位置で係止された検知部材を示す断面図である。
図15は、実施形態に係るオスコネクタの分解斜視図である。
図16は、実施形態に係るハウジングの分解斜視図である。
図17は、正規位置まで挿入されたオス端子を示す断面斜視図である。
図18は、通路部の奥まで挿入された検知部材を示す断面図である。
図19は、第一の位置で係止された検知部材を示す断面図である。
図20は、実施形態の第1変形例に係る検知部材の斜視図である。
図21は、実施形態の第1変形例に係る当接部の断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下に、本発明の実施形態に係るコネクタにつき図面を参照しつつ詳細に説明する。なお、この実施形態によりこの発明が限定されるものではない。また、下記の実施形態における構成要素には、当業者が容易に想定できるものあるいは実質的に同一のものが含まれる。
【0010】
[実施形態]
図1から図19を参照して、実施形態について説明する。本実施形態は、コネクタに関する。図1は、実施形態のコネクタユニットを示す斜視図、図2は、実施形態に係るメスコネクタの分解斜視図、図3は、実施形態に係るハウジングの背面図、図4は、実施形態に係るハウジングの正面図、図5は、実施形態に係るハウジングの断面斜視図、図6は、実施形態に係るハウジングの断面斜視図、図7は、実施形態に係るメス端子の側面図、図8は、実施形態に係るメス端子の斜視図、図9は、実施形態に係る検知部材の平面図、図10は、実施形態に係る検知部材の斜視図である。
【0011】
図11は、端子収容室に挿入されるメス端子を示す断面図、図12は、正規位置まで挿入されたメス端子を示す断面図、図13は、通路部の奥まで挿入された検知部材を示す断面図、図14は、第一の位置で係止された検知部材を示す断面図である。図5には、図4のV−V断面が示されている。図6には、図4のVI−VI断面が示されている。
【0012】
図1に示すように、本実施形態に係るコネクタユニット100は、メスコネクタ1およびオスコネクタ10を有する。メスコネクタ1およびオスコネクタ10は、嵌合式のコネクタ対を構成している。本実施形態のメスコネクタ1およびオスコネクタ10は、以下に説明するように、端子が正規位置まで挿入されているか否かを検知する検知部材4,14を有している。
【0013】
図2に示すように、メスコネクタ1は、ハウジング2と、複数のメス端子3と、一つの検知部材4と、マットシール5と、シールカバー6と、アンロックカバー7と、を有する。ハウジング2は、円筒形状の外壁部21と、保持部22と、を有する。外壁部21および保持部22は、絶縁性の合成樹脂等によって一体に成型されている。外壁部21には、オスコネクタ10を係止する係止アーム23が設けられている。
【0014】
以下のメスコネクタ1の説明において、外壁部21の軸方向を単に「軸方向X」と称する。外壁部21は、第一開口部21aを有する。第一開口部21aは、外壁部21における軸方向Xの一端の開口部である。メス端子3は、第一開口部21aから挿入され、保持部22によって保持される。
【0015】
マットシール5は、第一開口部21aから外壁部21に挿入される円柱状または円盤状のシール部材である。マットシール5は、ゴム等によって形成されている。マットシール5は、電線が挿通される複数の孔部5aを有する。メス端子3に接続される電線は、孔部5aに挿通される。マットシール5は、ハウジング2の内部への液体の浸入を抑制する。
【0016】
シールカバー6は、マットシール5を保持する円柱状または円盤状の部材である。シールカバー6は、例えば、絶縁性の合成樹脂によって成型されている。シールカバー6は、電線が挿通される複数の孔部6aを有する。また、シールカバー6の外周部には、複数の係合部6bが設けられている。係合部6bは、ハウジング2の外壁部21に設けられた複数の係止孔21cによってそれぞれ係止される。
【0017】
アンロックカバー7は、係止アーム23に対する誤操作を規制するカバー部材である。アンロックカバー7は、例えば、絶縁性の合成樹脂によって成型されている。アンロックカバー7は、ハウジング2の外壁部21に対して外側に装着される。アンロックカバー7は、本体7aと、複数の係合部7bと、一対の保護アーム7cと、を有する。本体7aは、円筒形状に形成された部分であり、外壁部21と嵌合する。係合部7bは、本体7aに設けられており、可撓性を有する。係合部7bは、ハウジング2の外壁部21に設けられた複数の係止突起21dとそれぞれ係合する。
【0018】
保護アーム7cは、本体7aから軸方向Xに沿って突出している。図1に示すように、アンロックカバー7がハウジング2に対して装着されると、一対の保護アーム7cが係止アーム23を囲む。保護アーム7cは、他の部品が係止アーム23に干渉することによる意図しないアンロックの発生を抑制する。
【0019】
図3から図6を参照して、ハウジング2の詳細について説明する。保持部22は、外壁部21の内方に配置されている。図5等に示すように、保持部22は、コア部22bと、筒状部22cとを有する。コア部22bは、略円盤形状の部分であり、保持部22における第一開口部21a側の端部に位置している。筒状部22cは、略円筒形状の部分であり、コア部22bから外壁部21の先端21bまで延在している。先端21bは、オスコネクタ10と嵌合する側の端部である。
【0020】
保持部22は、複数の端子収容室24を有する。端子収容室24は、第一開口部21aに向けて開口する端子挿入口24aを有する。端子挿入口24aは、コア部22bの端面22aにおいて開口している。端面22aは、コア部22bにおける軸方向Xの一方側の端面であり、第一開口部21aを向いている。端子収容室24は、端子挿入口24aから軸方向Xに沿って延在している。端子収容室24は、コア部22bおよび筒状部22cにわたって形成されている。
【0021】
本実施形態では、図3等に示すように、複数の端子収容室24が周方向に沿って配置されている。より詳しくは、端子収容室24は、中心線C1の周りに周方向に沿って等間隔で配置されている。中心線C1は、軸方向Xに沿った線であり、例えば、保持部22の中心軸線である。本実施形態のハウジング2は、等間隔で配置された七つの端子収容室24を有している。コア部22bは、隣接する端子収容室24を仕切る放射状の仕切壁22dを有する。
【0022】
図4および図5に示すように、筒状部22cの端面22eには、オス端子挿入口22fが設けられている。一つの端子収容室24に対して一つのオス端子挿入口22fが配置されている。オス端子13のタブ13aは、オス端子挿入口22fから端子収容室24に挿入されてメス端子3と接続される。
【0023】
図5等に示すように、ハウジング2は、通路部25を有する。通路部25は、筒状部22cの中空部であり、検知部材4が挿入される通路状の空間部である。通路部25は、中心線C1に沿って延在しており、例えば、中心線C1と同軸上に設けられている。本実施形態の通路部25の形状は、略円柱形状である。通路部25は、先端21bの側に向けて開口している。通路部25は、複数の端子収容室24のそれぞれと半径方向において隣接している。言い換えると、複数の端子収容室24は、通路部25を囲むように周方向に沿って配置されている。検知部材4は、先端21bの側から通路部25に対して挿入される。即ち、通路部25に対して検知部材4が挿入される向きと、メス端子3が端子収容室24に対して挿入される向きとは逆向きである。
【0024】
図4等に示すように、本実施形態の通路部25は、複数の柱部22gによって囲まれている。柱部22gは、軸方向Xに沿って延在する柱状の部分であり、端子収容室24と通路部25との境界に位置している。柱部22gの一端は、筒状部22cの端面22eにつながっており、柱部22gの他端は、コア部22bにつながっている。つまり、柱部22gは、軸方向Xの両端において支持されている両持ち梁である。
【0025】
図5および図6に示すように、保持部22は、複数のランス26を有する。ランス26は、メス端子3が端子収容室24の正規位置まで挿入されると、メス端子3に係合し、メス端子3を係止する。保持部22は、一つの端子収容室24に対して一つのランス26を有する。ランス26は、コア部22bから先端21bに向けて軸方向Xに沿って突出している。本実施形態のハウジング2では、柱部22gとランス26とが一体に形成されている。言い換えると、柱部22gの一部がランス26として機能する。
【0026】
ランス26は、端子収容室24と通路部25との境界に位置している。言い換えると、ランス26は、端子収容室24と通路部25とを仕切るように設けられている。ランス26は、本体26aおよび係止突起26bを有する。本体26aは、柱部22gと一体化されている部分である。本体26aは、傾斜面26cおよび係止面26dを有する。
【0027】
傾斜面26cは、端子収容室24を向く面であり、軸方向Xに対して傾斜している。より詳しくは、傾斜面26cは、軸方向Xに沿って先端21bへ向うに従って外壁部21へ近づくように傾斜している。係止面26dは、メス端子3を係止する面である。係止面26dは、先端21b側を向いている。ランス26は、内側面26eを有する。内側面26eは、通路部25を向く平面、言い換えると、半径方向において中心線C1と対向する面である。内側面26eは、ランス26が撓み変形していない状態で、軸方向Xと平行である。
【0028】
係止突起26bは、本体26aから軸方向Xに沿って突出しており、かつ柱部22gから離間している。係止突起26bと柱部22gとの間には、隙間が設けられている。係止突起26bは、係止面26dにおける半径方向の内側の端部から、先端21bに向かって突出している。
【0029】
図6等に示すように、コア部22bは、係合部27を有する。係合部27は、検知部材4と係合して検知部材4を係止する部分である。係合部27は、先端21bから見て通路部25の最奥部に位置している。また、係合部27は、中心線C1と同軸上に配置されている。コア部22bにおいて、係合部27の側方には空間部22hが設けられている。
【0030】
係合部27は、一対の突起27aを有している。一対の突起27aは、互いに逆の方向に向けて突出している。突起27aは、傾斜面27bおよび係止面27cを有する。傾斜面27bは、軸方向Xに沿って第一開口部21aへ向うに従って中心線C1から遠ざかるように、軸方向Xに対して傾斜している。係止面27cは、第一開口部21aを向く面である。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

矢崎総業株式会社
端子台
矢崎総業株式会社
雌端子
矢崎総業株式会社
配索材
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
通電装置
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
給電装置
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
検出装置
矢崎総業株式会社
電源装置
矢崎総業株式会社
圧着端子
矢崎総業株式会社
圧着端子
矢崎総業株式会社
圧着端子
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
端子金具
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
コネクタ
矢崎総業株式会社
光源装置
続きを見る