TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021041970
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210318
出願番号2019165298
出願日20190911
発明の名称包装袋
出願人凸版印刷株式会社
代理人
主分類B65D 30/20 20060101AFI20210219BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】食品内容物を包装袋から別の食器に移すことなく、開口した包装袋をそのまま食器として使用して食することができる包装体であって、十分な深さを持ち、しかも、内容物取り出し口を広く開口することができる包装袋を提供すること。
【解決手段】前面20と後面30とを有し、この前面20の少なくとも一方の側辺と後面30の少なくとも一方の側辺とをガゼット部40,50を介して接合する。また、前面20の底辺と後面30の底辺とを底面10を介して接合する。その上方が内容物取り出し口である。そして、前記ガゼット部40,50に、上下方向に伸び包装袋の外側に位置する稜線e,hと、上下方向に伸び包装袋の内側に位置する谷折り線x1,x2とを設け、かつ、前記稜線e,hを複数の前記谷折り線x1,x2の間に位置させる。また、その谷折り線x1,x2を前面20の前記側辺より内側に位置させる。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
前面と後面とを有し、この前面の少なくとも一方の側辺と後面の少なくとも一方の側辺とがガゼット部を介して接合されており、前面の底辺と後面の底辺とが底面を介して接合されており、その上方を内容物取り出し口とする包装袋において、
前記ガゼット部が、上下方向に伸び包装袋の外側に位置する稜線と、上下方向に伸び包装袋の内側に位置する谷折り線とを有し、かつ、前記稜線が複数の前記谷折り線の間に位置しており、
前記谷折り線が前面の前記側辺より内側に位置していることを特徴とする包装袋。
続きを表示(約 420 文字)【請求項2】
前面と後面とを有し、前面の両側辺と後面の両側辺とが、それぞれ、右ガゼット部及び左ガゼット部を介して接合されており、前面の底辺と後面の底辺とが底面を介して接合されており、その上方を内容物取り出し口とする包装袋において、
これら左右両ガゼット部が、いずれも、上下方向に伸び包装袋の外側に位置する稜線と、上下方向に伸び包装袋の内側に位置する谷折り線とを有し、かつ、前記稜線が複数の前記谷折り線の間に位置しており、
両側面の前記谷折り線がいずれも前面の前記側辺より内側に位置していることを特徴とする包装袋。
【請求項3】
前記ガゼット部が、包装袋外側に突出する摘み片を備えており、
この摘み片が内容物取り出し口近傍に配置されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の包装袋。
【請求項4】
前記摘み片が前記稜線に設けられていることを特徴とする請求項3に記載の包装袋。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、食品内容物を包装袋から別の食器に移すことなく、開口した包装袋をそのまま食器として使用して食することができる包装袋に関する。
続きを表示(約 4,500 文字)【背景技術】
【0002】
このような包装袋は例えば特許文献1に記載されている。
【0003】
特許文献1に記載の包装袋は四面体形状を有するもので、その2辺を開封ガイドとしてこの開封ガイドに沿って引裂くことにより、底面と周囲を囲む側面とを有する舟形形状の容器となる。このため、この舟形形状の容器から別の食器に移すことなく、この容器をそのまま食器として使用して食することができる。
【0004】
しかしながら、この包装袋においては、引裂き開封したとき、角部の深さが損なわれるため、内容物がこぼれやすくなるという欠点があった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特許第4388952号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
そこで、本発明は、食品内容物を包装袋から別の食器に移すことなく、開口した包装袋をそのまま食器として使用して食することができる包装体であって、十分な深さを持ち、しかも、内容物取り出し口を広く開口することができる包装袋を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
すなわち、請求項1に記載の発明は、前面と後面とを有し、この前面の少なくとも一方の側辺と後面の少なくとも一方の側辺とがガゼット部を介して接合されており、前面の底辺と後面の底辺とが底面を介して接合されており、その上方を内容物取り出し口とする包装袋において、
前記ガゼット部が、上下方向に伸び包装袋の外側に位置する稜線と、上下方向に伸び包装袋の内側に位置する谷折り線とを有し、かつ、前記稜線が複数の前記谷折り線の間に位置しており、
前記谷折り線が前面の前記側辺より内側に位置していることを特徴とする包装袋である。
【0008】
次に、請求項2に記載の発明は、前面と後面とを有し、前面の両側辺と後面の両側辺とが、それぞれ、右ガゼット部及び左ガゼット部を介して接合されており、前面の底辺と後面の底辺とが底面を介して接合されており、その上方を内容物取り出し口とする包装袋において、
これら左右両ガゼット部が、いずれも、上下方向に伸び包装袋の外側に位置する稜線と、上下方向に伸び包装袋の内側に位置する谷折り線とを有し、かつ、前記稜線が複数の前記谷折り線の間に位置しており、
両側面の前記谷折り線がいずれも前面の前記側辺より内側に位置していることを特徴とする包装袋である。
【0009】
次に、請求項3に記載の発明は、前記ガゼット部が、包装袋外側に突出する摘み片を備えており、
この摘み片が内容物取り出し口近傍に配置されていることを特徴とする請求項1又は2に記載の包装袋である。
【0010】
次に、請求項4に記載の発明は、前記摘み片が前記稜線に設けられていることを特徴とする請求項3に記載の包装袋である。
【発明の効果】
【0011】
本発明は包装袋上方を内容物取り出し口とするものである。
【0012】
そして、この包装袋は、この前面の少なくとも一方の側辺と後面の少なくとも一方の側辺とがガゼット部を介して接合されており、このガゼット部が上下方向に伸び包装袋の外側に位置する稜線と、上下方向に伸び包装袋の内側に位置する谷折り線とを有し、かつ、前記稜線が複数の前記谷折り線の間に位置しているから、前記内容物取り出し口を設けた後、このガゼット部を包装袋の外側に向けて引っ張ることにより、前記稜線と谷折り線とが開き、内容物取り出し口を大きく開くことができる。このように内容物取り出し口を大きく開くことができるから、その取り出しが容易である。
【0013】
しかも、この包装袋は底面を有しているから、内容物取り出し口を大きく開いた状態で自立させることができ、その深さも十分である。
【0014】
このため、食品内容物を包装袋から別の食器に移すことなく、開口した包装袋をそのまま食器として使用することができる。
【図面の簡単な説明】
【0015】
図1は本発明の包装袋の第1の実施形態に関し、その包装袋のブランクを示す展開図である。
図2は本発明の包装袋の第1の実施形態に関し、その包装袋の製造工程を示す説明図である。
図3は本発明の包装袋の第1の実施形態に関し、その包装袋の製造工程を示す説明図である。
図4は本発明の包装袋の第1の実施形態に関し、その包装袋の製造工程を示す説明図である。
図5は本発明の包装袋の第1の実施形態に関し、その包装袋の斜視図である。
図6は本発明の包装袋の第1の実施形態に関し、開口した状態の包装袋の斜視図である。
図7は本発明の包装袋の第2の実施形態に関し、その包装袋のブランクを示す展開図である。
図8は本発明の包装袋の第3の実施形態に関し、その包装袋のブランクを示す展開図である。
図9は本発明の包装袋の第4の実施形態に関し、その包装袋のブランクを示す展開図である。
図10は本発明の包装袋の第4の実施形態に関し、その包装袋のブランクを示す展開図である。
【発明を実施するための形態】
【0016】
本発明の包装袋は、包装フィルムから成るブランクを折り曲げ、適宜接着して製造したものである。1枚のブランクを使用して製造することもできるし、複数枚のブランクを接着して製造することもできる。
【0017】
この包装袋に使用する包装フィルムとしては任意のフィルムを使用することができる。その代表例としては、基材フィルムの内面側にシーラント層を積層したフィルムである。
【0018】
基材フィルムとしては、機械的強度や寸法安定性を有するフィルムを好ましく使用できる。例えば、各種二軸延伸フィルムである。その材質としては、ポリエステル、ポリプロピレン、ポリスチレン、ナイロン、ポリカーボネート、ポリアクリルニトリル、ポリイミド等が例示できる。また、これら各種材質のフィルムを積層し、その他のフィルムを積層した多層構造のフィルムであってもよく、更に、蒸着層や印刷層を設けたフィルムを基材フィルムとしてもよい。
【0019】
その他のフィルムとしては、例えば、アルミニウム箔等の金属箔を例示できる。その層構成中に金属箔を含む基材フィルムは、水蒸気や酸素ガス等のバリア性に優れている。
【0020】
次に、蒸着層としては、アルミニウム等の金属を蒸着して形成した金属蒸着層の他に、無機物を材質とする無機蒸着層を利用することができる。無機物としては、酸化珪素、酸化アルミニウム、酸化マグネシウム、酸化カルシウム、酸化カリウム、酸化錫、酸化ナトリウム、酸化ホウ素、酸化チタン、酸化鉛、酸化ジルコニウム、酸化イットリウムなどの金属の酸化物が使用できる。中でも生産性、価格面から酸化珪素、酸化アルミニウム、酸化マグネシウムなどが好ましい。これら金属蒸着層又は無機蒸着層をその層構成中に含む基材フィルムも、水蒸気や酸素ガス等のバリア性に優れている。
【0021】
シーラント層としては、ポリオレフィン系樹脂が使用できる。例えば、低密度ポリエチレン、直鎖状低密度ポリエチレン、中密度ポリエチレン、高密度ポリエチレン、エチレン−酢酸ビニル共重合体(EVA)、エチレン−メタクリル酸共重合体(EMAA)、エチレン−アクリル酸エチル共重合体(EAA)、アイオノマー、ポリプロピレンなどのポリオレフィン系樹脂である。これらの樹脂を押出し機により製膜してフィルム状として使用すればよい。また、ヒートシール箇所が一定の力で剥がれる機能を有するイージーピールフィルムを使用することも可能である。
【0022】
基材フィルムとシーラント層とは、接着剤を使用して積層することができる。接着剤としてはドライラミネート用接着剤が使用できる。例えば、二液硬化型ウレタン系接着剤、ポリエステルウレタン系接着剤、ポリエーテルウレタン系接着剤、アクリル系接着剤、ポリエステル系接着剤、ポリアミド系接着剤、エポキシ系接着剤等である。積層方法としてはドライラミネート法にて可能である。このほか、接着性樹脂を溶融押出し製膜して、その接着力を失わない間に基材フィルムとシーラント層とを圧着して積層することも可能である。
【0023】
また、この包装袋に収容する内容物としては、例えば、菓子等の食品内容物が適している。
【0024】
(第1の実施形態)
次に、図面を参照して、本発明の第1の実施形態に係る包装袋を説明する。
【0025】
なお、第1の実施形態は、前面の両側辺と後面の両側辺とが、いずれも、ガゼット部を介して接合された包装袋Aの例である。すなわち、この包装袋Aは左右のガゼット部を有している。また、これら左右の両ガゼット部は、それぞれ、上下方向に伸び包装袋の外側に位置する稜線と、上下方向に伸び包装袋の内側に位置する谷折り線とを有し、かつ、前記稜線が複数の前記谷折り線の間に位置している。また、これら左右の両ガゼット部は、それぞれ、包装袋外側に突出する摘み片を備えている。
【0026】
説明の便宜上、まず、包装袋のブランクを説明し、このブランクから包装袋を製造する工程を説明した後、最後に包装袋を説明する。
【0027】
そこで、まず、図1は包装袋AのブランクA1を示す展開図である。
【0028】
この図から分かるように、ブランクA1は、その中央に底面10を有している。底面10の図示上側には、折り曲げ線bを介して前面20が連接されており、また、底面10の図示上側には、折り曲げ線cを介して後面30が連接されている。
【0029】
底面10の中央には、折り曲げ線b及び折り曲げ線cと平行に伸びる折り曲げ線aが設けられている。このため、底面10は折り曲げ線aで二つ折りすることができる。そして、この折り曲げ線aで二つ折りしたとき、折り曲げ線bと折り曲げ線cとは互いに重なり合う。すなわち、このとき、前面20の下端と後面30の下端とが互いに重なり合う。
【0030】
折り曲げ線bの上下にはヒートシール領域b1,b2が設けられている。この図1において、網点を施した領域はヒートシール領域を示している。折り曲げ線bで折り曲げることにより、底面10側のヒートシール領域b1と前面20側のヒートシール領域b2とは互いに重なり合う。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

凸版印刷株式会社
紙箱
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装箱
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
カード
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
カード
凸版印刷株式会社
ラベル
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
カード
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
成膜装置
凸版印刷株式会社
収納容器
凸版印刷株式会社
ICタグ
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
表示装置
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
注出口栓
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
充電装置
続きを見る