TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021035628
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210304
出願番号2020199980
出願日20201202
発明の名称洗濯機
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類D06F 33/37 20200101AFI20210205BHJP(繊維または類似のものの処理;洗濯;他に分類されない可とう性材料)
要約【課題】洗濯水量当たりの液剤基準使用量を正しく設定することで、液剤自動投入量を常に適正にする、ことを目的とする。
【解決手段】筐体内に配設された洗濯槽と、液剤を収容したタンクと、洗剤タンク内の液剤を洗濯槽内へ自動投入する液剤自動投入手段と、タッチパネルと、液剤自動投入手段のON/OFFの切り替えを設定する液剤投入方法設定部と、液剤自動投入手段により洗濯槽内へ投入する液剤の量を設定する液剤投入量設定部と、洗い・すすぎ・脱水の一連の洗濯運転を実行するコントローラと、を備える。コントローラは、タッチパネルに液剤投入方法設定部および液剤投入量設定部を併せて表示させる。
【選択図】図7
特許請求の範囲【請求項1】
外郭を形成する筐体と、
前記筐体内に配設された洗濯槽と、
液剤を収容したタンクと、
前記タンク内の液剤を前記洗濯槽内へ自動投入する液剤自動投入手段と、
タッチパネルと、
前記液剤自動投入手段のON/OFFの切り替えを設定する液剤投入方法設定部と、
前記液剤自動投入手段により前記洗濯槽内へ投入する液剤の量を設定する液剤投入量設定部と、
洗い・すすぎ・脱水の一連の洗濯運転を実行するコントローラと、を備え、
前記コントローラは、前記タッチパネルに前記液剤投入方法設定部および前記液剤投入量設定部を併せて表示させる洗濯機。
続きを表示(約 250 文字)【請求項2】
前記液剤投入量設定部は、前記液剤自動投入手段による液剤投入量を少なめ、標準、および多めに設定するボタンを有する請求項1に記載の洗濯機。
【請求項3】
前記コントローラは、前記タッチパネルに、前記液剤自動投入手段をOFFに設定するボタン、前記液剤自動投入手段による液剤投入量を少なめと設定するボタン、前記液剤自動投入手段による液剤投入量を標準と設定するボタン、前記液剤自動投入手段による液剤投入量を多めと設定するボタンの順に並べて表示させる請求項2に記載の洗濯機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、液剤自動投入装置を搭載した洗濯機に関するものである。
続きを表示(約 5,100 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1は、洗剤液又は柔軟剤液などの液剤を自動で投入する洗濯機を開示する。 この洗濯機は、筐体と、筐体内に弾性防振支持された水槽と、水槽内に回転可能に支持されたドラムと、ドラム内に投入した洗濯物の量を検知する布量検知手段と、布量検知手段の信号によって洗濯水量を設定する水量設定手段と、液剤を収容したタンクと、タンク内の液剤をドラム内へ自動投入する液剤自動投入手段と、液剤の洗濯水量当たりの投入量を2水準以上の選択肢から選択可能とする液剤投入量選択手段と、液剤投入量選択手段で設定された液剤の洗濯水量当たりの投入量を表示する液剤投入量表示手段と、を備える。水量設定手段と液剤投入量選択手段の信号により、液剤自動投入手段はタンク内の液剤を水槽内へ供給する。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2001−162083号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
上記従来の構成では、洗濯に適した液剤濃度とするために、洗濯水量に応じた所定量の液剤を液剤自動投入手段で投入していた。また、液剤は洗濯水量当たりの基準使用量が設定されているのが一般的であり、基準使用量が予め液剤投入量選択手段で設定した基準使用量と合わない場合、液剤が多く投入されたり少なく投入されたりして、所望の洗浄性能やすすぎ性能が得られなくなる。
【0005】
しかしながら、従来の液剤投入量表示手段は、2水準以上の選択肢(例えば「おおめ」「ふつう」「すくなめ」)からいずれかを選択した状態のみ表示しているため、使用者が液剤の洗濯水量当たりの投入量を設定できているか否かが認知しにくかった。即ち、洗濯機を購入後、液剤の洗濯水量当たりの投入量を全く設定しなくても、選択肢の内の一つが表示されていれば、洗濯水量当たりの液剤投入量を設定し忘れることを認知しにくく、適正な液剤を投入できないまま洗濯機を使い続ける、という虞があった。
【0006】
本発明は、従来技術の課題を解決するもので、使用者が、洗濯水量当たりの液剤投入量を設定し忘れることを抑制できる洗濯機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
前記従来の課題を解決するために、本発明の洗濯機は、外郭を形成する筐体と、前記筐体内に配設された洗濯槽と、液剤を収容したタンクと、前記タンク内の液剤を前記洗濯槽内へ自動投入する液剤自動投入手段と、タッチパネルと、前記液剤自動投入手段のON/OFFの切り替えを設定する液剤投入方法設定部と、前記液剤自動投入手段により前記洗濯槽内へ投入する液剤の量を設定する液剤投入量設定部と、洗い・すすぎ・脱水の一連の洗濯運転を実行するコントローラと、を備え、前記コントローラは、前記タッチパネルに前記液剤投入方法設定部および前記液剤投入量設定部を併せて表示させるものである。
【発明の効果】
【0008】
本発明の洗濯機は、使用者が、洗濯水量当たりの液剤投入量を設定し忘れることを抑制
できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明の実施の形態1における洗濯機の斜視図
本発明の実施の形態1における洗濯機の縦断面図
本発明の実施の形態1における洗濯機のタッチパネル表示部の電源投入後の画面を示す図
図3において自動投入ボタンが操作された際に遷移する画面を示す図
図4において洗剤投入量入力手段が操作された際に遷移する画面を示す図
図5において洗濯水量当たりの洗剤基準使用量を設定した際に遷移する画面を示す図
(a)図4または図6において洗剤投入方法設定・表示ボタンがタッチ操作された際に遷移する画面を示す図、(b)図4または図6において洗剤投入方法設定・表示ボタンがタッチ操作された際に遷移する画面を示す図
従来の洗濯機の操作表示部の平面図
【発明を実施するための形態】
【0010】
第1の発明における洗濯機は、外郭を形成する筐体と、前記筐体内に配設された洗濯槽と、液剤を収容したタンクと、前記タンク内の液剤を前記洗濯槽内へ自動投入する液剤自動投入手段と、タッチパネルと、前記液剤自動投入手段のON/OFFの切り替えを設定する液剤投入方法設定部と、前記液剤自動投入手段により前記洗濯槽内へ投入する液剤の量を設定する液剤投入量設定部と、洗い・すすぎ・脱水の一連の洗濯運転を実行するコントローラと、を備え、前記コントローラは、前記タッチパネルに前記液剤投入方法設定部および前記液剤投入量設定部を併せて表示させるものである。
【0011】
第2の発明は、特に、第1の発明の洗濯機において、前記液剤投入量設定部は、前記液剤自動投入手段による液剤投入量を少なめ、標準、および多めに設定するボタンを有するものである。
【0012】
第3の発明は、第2の発明の洗濯機において、前記コントローラは、前記タッチパネルに、前記液剤自動投入手段をOFFに設定するボタン、前記液剤自動投入手段による液剤投入量を少なめと設定するボタン、前記液剤自動投入手段による液剤投入量を標準と設定するボタン、前記液剤自動投入手段による液剤投入量を多めと設定するボタンの順に並べて表示させるものである。
【0013】
以下、適宜図面を参照しながら、実施の形態を詳細に説明する。但し、必要以上に詳細な説明は省略する場合がある。例えば、既によく知られた事項の詳細説明や実質的に同一の構成に対する重複説明を省略する場合がある。これは、以下の説明が不必要に冗長になるのを避け、当業者の理解を容易にするためである。
【0014】
(実施の形態1)
以下、図1〜8を用いて、実施の形態1を説明する。
【0015】
図1は、本発明の実施の形態1における洗濯機の斜視図、図2は、本発明の実施の形態1における洗濯機の縦断面図である。
【0016】
図1及び図2において、洗濯機100の外郭である筐体101の内部には、有底円筒形の水槽105が複数のサスペンション(図示せず)およびダンパー163により弾性的に防振支持されている。水槽105内には、有底円筒形のドラム106(洗濯槽)が回転可能に配設される。ドラム106の内壁面には、バッフル106aが複数個設けられている
。ドラム106を低速で回転させることにより、バッフル106aが衣類を引っ掛けて上方に持ち上げ、落下させるといった撹拌動作を与えることができる。ドラム106の周面には、貫通された複数の小孔(図示せず)が形成されている。水槽105の底部には、ドラム106を回転駆動させる槽回転モータ(図示せず)が配設される。
筐体101の前面には、衣類を出し入れするため開口された衣類投入取出口103が形成されている。筐体101の前面には、蓋体102が設けられている。蓋体102は、衣類投入取出口103を開閉自在に覆っている。蓋体102を開放することにより、衣類投入取出口103からドラム106内へ衣類を投入できる。
【0017】
筐体101の水槽105よりも上部には、液剤自動投入装置109が設けられている。
【0018】
筐体101上部には、開閉可能な蓋体114aが設けられる。蓋体114aを開け、洗剤タンク(タンク)117及び柔軟剤タンク(タンク)126を着脱可能に装着できる。
【0019】
蓋体102上部には、運転を操作する操作部と、運転状態を表示する表示部とを備える操作表示部104が配設される。
【0020】
筐体101には、槽回転モータ等を制御し、洗い、すすぎ、脱水等の一連の工程を逐次実行するコントローラ108が配設される。コントローラ108は、布量判定部(図示せず)と、液剤投入量算出部(図示せず)を有する。布量判定部は、例えば、槽回転モータを一定回転数で回転させた時のトルク電流値により、10kgまでの洗濯物を10段階程度に分類する機能を提供する。また、布量判定結果に応じて、洗濯で使用する水量を決定する。液剤投入量算出部は、布量判定部により検出した布量から、洗剤投入量及び柔軟剤投入量を算出する。
【0021】
洗濯機100には、記憶部(図示せず)が設けられている。記憶部は、例えば、EEPROM(Electrically Erasable and Programmable Read Only Memory)からなる。記憶部には、洗剤種類に関する情報を記憶する洗剤種類記憶部(図示せず)を含む、洗濯運転に関する各種設定情報が記憶される。
【0022】
給水器110は、筐体101上部に設けられ、給水路(図示せず)と、第1の給水弁110a(給水弁)から構成される。給水路(図示せず)の一端は、給水ホース(図示せず)を介して蛇口と連通している。
【0023】
タンク収容ケース(図示せず)は、上面が開口した収容部を有する容器である。タンク収容ケース(図示せず)には、洗剤タンク117と柔軟剤タンク126が着脱可能に取り付けられる。タンク収容ケース(図示せず)の収容部の前方には、洗剤ケース115が着脱可能に取り付けられる。洗剤ケース115は、上面が開口した容器で、洗剤収容部と柔軟剤収容部とに区画される。使用者は液剤自動投入装置109を使用しない場合に、洗剤収容部に洗剤を、柔軟剤収容部に柔軟剤を手動投入して、洗濯運転を行う。
【0024】
上記構成における洗濯機において、以下に洗濯運転の動作を説明する。
【0025】
洗濯機100の洗濯運転は、衣類を洗濯水に浸しドラム106を回転することで汚れを落とす『洗い工程』、洗剤水で浸った衣類を水で濯ぐ『すすぎ工程』、水を含んだ衣類を脱水する『脱水工程』、温風をドラム106へ供給しドラム106内の衣類を乾燥させる『乾燥工程』などがある。
【0026】
使用者は洗濯を行う前に、予め、洗剤液を洗剤タンク117へ投入するとともに、柔軟
剤液を柔軟剤タンク126へ投入しておく。また、蓋体102を開け、衣類投入取出口103からドラム106内に衣類を投入する。次に、操作表示部104を操作して電源スイッチをONにするとともに、洗いやすすぎ、脱水など、各種洗濯コースや洗濯条件を設定する。
【0027】
以下、『洗濯コース』における運転動作を説明する。
【0028】
使用者はまず、洗濯機本体に電源を供給する。これにより、タッチパネル表示部104aが点灯し、図3に示す画面が表示される。タッチパネル表示部104aに表示される設定ボタンの上を指でタッチ操作することで画面の切り替えや設定内容の変更等を行う。
【0029】
図3は、本発明の実施の形態1における洗濯機のタッチパネル表示部の電源投入後の表示画面である。図3には、洗濯のみ・洗濯〜乾燥など運転モードを切り替えるモード切替ボタン200と、特に使用者が良く使用すると考えられる標準的な運転コースを切り替えるコース切替ボタン201と、液剤自動投入装置109を使用する際に各種設定を行う自動投入ボタン202が配置されている。
【0030】
図4は、図3における自動投入ボタン202がタッチ操作された際に遷移する画面である。図4には、手動投入方法を選択しているか、自動投入方法を選択しているかを表示する洗剤投入方法設定・表示ボタン203と、洗濯水量当たりの洗剤基準使用量を入力する画面に遷移させる洗剤投入量入力手段204と、入力された洗濯水量当たりの洗剤基準使用量を表示する第一洗剤基準使用量表示205(液剤基準使用量表示手段)が配置されている。ここで、基準使用量が設定されていない場合、基準使用量が設定されていない旨を明確に示す『未設定』の表示を、操作表示部104に配されたタッチパネル表示部104aに行う。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
電池
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
門柱
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
床材
パナソニックIPマネジメント株式会社
装置
パナソニックIPマネジメント株式会社
台車
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷凍機
パナソニックIPマネジメント株式会社
吸込具
パナソニックIPマネジメント株式会社
圧縮機
パナソニックIPマネジメント株式会社
自転車
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
移動体
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
電動機
パナソニックIPマネジメント株式会社
電動機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
パネル
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
引出し
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
圧縮機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
遮断弁
続きを見る