TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021027810
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210225
出願番号2019147597
出願日20190809
発明の名称作業機
出願人本田技研工業株式会社
代理人特許業務法人 大島特許事務所
主分類A01D 34/74 20060101AFI20210129BHJP(農業;林業;畜産;狩猟;捕獲;漁業)
要約【課題】芝刈り機等の作業機において、高さ調節機構のがた付きを低減し、綺麗な芝刈り等の作業が行われるようにすること。
【解決手段】本体12と、本体12に上下方向位置を変更可能に設けられた作業部18とを有する作業機10であって、本体12に下方への移動を阻止された状態で垂直軸線周りに回転可能に支持されたリング部材50と、作業部18を支持した支持部材60と、リング部材50と支持部材60との間に設けられ、リング部材50の回転変位を支持部材60の上下変位に変換する高さ調節機構44と、本体12に設けられ、リング部材50を下方に向けて付勢する第1弾性部材86とを有する。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
本体と、前記本体に上下方向位置を変更可能に設けられた作業部とを有する作業機であって、
前記本体に下方への移動を阻止された状態で垂直軸線周りに回転可能に支持されたリング部材と、
前記作業部を支持した支持部材と、
前記リング部材と前記支持部材との間に設けられ、前記リング部材の回転変位を前記支持部材の上下変位に変換する高さ調節機構と、
前記本体に設けられ、前記リング部材を下方に向けて付勢する第1弾性部材とを有する作業機。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記高さ調節機構は、前記リング部材の内周面に形成された雌ねじと、前記支持部材の外周面に形成されて前記雌ねじにねじ係合する雄ねじとを有し、
前記支持部材が前記本体に対して上下方向の変位を許容して回転方向には変位できないように係止されている請求項1に記載の作業機。
【請求項3】
前記支持部材は周方向に対して角度をなす垂直面を含み、
前記本体に設けられ、前記垂直面に上下方向に摺動可能に且つ弾発的に当接し、前記支持部材を上昇移動する回転方向に付勢する第2弾性部材を更に有する請求項2に記載の作業機。
【請求項4】
前記リング部材は、前記第1弾性部材の弾発力によって前記本体の上面に円周方向に摺動可能に当接する円環状の下面を含み、当該当接によって下方への移動を制限されている請求項1から3の何れか一項に記載の作業機。
【請求項5】
前記本体は当該本体の前記上面から起立した円筒形状のリブを含み、
前記リング部材は当該リング部材の前記下面に開口して前記リブに上下方向に摺動可能に且つ回転可能に嵌合する円環形状の凹溝を含む請求項4に記載の作業機。
【請求項6】
前記リング部材は前記下面と同心の円環状の上面を含み、
前記第1弾性部材は前記本体に固定された基端及び前記リング部材の前記上面に円周方向に摺動可能に当接する遊端を含む板ばねにより構成されている請求項4又は5に記載の作業機。
【請求項7】
前記板ばねは平面視で互いに線対称をなすように2個配置されている請求項6に記載の作業機。
【請求項8】
前記リング部材は、前記上面に円周方向に間隔をおいて形成され、前記板ばねの遊端が弾発的に係合する複数の凹溝を含む請求項6又は7に記載の作業機。
【請求項9】
前記リング部材は一連の外歯を形成された外周面を含み、
更に、前記本体に回転可能に支持されて前記外歯と噛合するピニオン及び前記ピニオンを回転駆動する電動機を有する請求項1から8の何れか一項に記載の作業機。
【請求項10】
前記支持部材は中空部を含み、
前記作業部は、前記支持部材の下方に回転可能に設けられた芝刈り用の刈刃及び前記中空部に収容されて前記刈刃を回転駆動する電動機を含む請求項1から9の何れか一項に記載の作業機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、作業機に関し、更に詳細には、作業部の高さ調節機構を有する作業機に関する。
続きを表示(約 3,800 文字)【背景技術】
【0002】
作業機の一つである芝刈り機として、刈り高さの調節(変更)のために作業部である芝刈り部の地面からの高さを調節する高さ調節機構を有するものが知られている(例えば、特許文献1、2)。
【0003】
特許文献1に示されている芝刈り機は、高さ調節機構として、芝刈り機本体(カバー)に垂直方向に中心軸線を有するべく固定された円筒状のガイド部材と、ガイド部材の内周に回転可能に嵌合し、刈刃の回転駆動装置(エンジン)を搭載された円筒状の支持部材とを有し、ガイド部材の内周面と支持部材の外周面との間に螺旋状スロットによるカムが形成され、ガイド部材に対する支持部材の回転変位によって支持部材が上下方向に変位することにより、回転駆動装置と共に刈刃(作業部)が上下方向に変位し、刈り高さの調節が行われる。
【0004】
特許文献2に示されている芝刈り機は、高さ調節機構として、芝刈り機本体(ボトムシャーシ)に垂直方向に中心軸線を有するべく固定され、雌ねじ(スパイラル条)を形成された内周面を含む円筒状のガイド部材と、雌ねじにねじ係合する雄ねじ(スパイラル条)を形成された外周面を含み、刈刃の回転駆動装置(電動モータ)を搭載された円筒状の支持部材とを有し、ガイド部材に対する支持部材の回転変位によって支持部材が上下方向に変位することにより、回転駆動装置と共に刈刃(作業部)が上下方向に変位し、刈り高さの調節が行われる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
GB1010482号公報
EP2412220A1公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
しかしながら、従来の芝刈り機は、走行振動や刈刃による芝刈りの周期的な負荷変動等により、支持部材がガイド部材に対してがた付くことにより、騒音のみならず、均一な綺麗な芝刈りが行われることが阻害される。また、従来の芝刈り機では、走行振動や周期的な負荷変動等により支持部材がガイド部材に対してずれ落ち、所望された刈り高さによる芝刈りが行われなくなる虞がある。
【0007】
本発明が解決しようとする課題は、芝刈り機等の作業機において、高さ調節機構のがた付きを低減し、綺麗な芝刈り等の作業が行われるようにすることである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の一つの実施形態による作業機は、本体(12)と、前記本体(12)に上下方向位置を変更可能に設けられた作業部(18)とを有する作業機(10)であって、前記本体(12)に下方への移動を阻止された状態で垂直軸線周りに回転可能に支持されたリング部材(50)と、前記作業部(18)を支持した支持部材(60)と、前記リング部材(50)と前記支持部材(60)との間に設けられ、前記リング部材(50)の回転変位を前記支持部材(60)の上下変位に変換する高さ調節機構(44)と、前記本体(12)に設けられ、前記リング部材(50)を下方に向けて付勢する弾性部材(86)とを有する。
【0009】
この構成によれば、本体(12)に対するリング部材(50)の上下方向のがた付きが抑制され、このことにより高さ調節機構(44)のがた付きが低減し、綺麗な作業が行われるようになる。
【0010】
上記作業機(10)において、好ましくは、前記高さ調節機構(44)は、前記リング部材(50)の内周面に形成された雌ねじ(56)と、前記支持部材(60)の外周面に形成されて前記雌ねじにねじ係合する雄ねじ(62)とを有し、前記支持部材(60)が前記本体(12)に対して上下方向の変位を許容して回転方向には変位できないように係止されている。
【0011】
この構成によれば、ねじ係合によってリング部材(50)の回転変位が支持部材(60)の上下変位に確実に変換される。
【0012】
上記作業機(10)において、好ましくは、前記支持部材(60)は周方向に対して角度をなす垂直面(64)を含み、前記本体(12)に設けられ、前記垂直面(64)に上下方向に摺動可能に且つ弾発的に当接し、前記支持部材(60)を上昇移動する回転方向に付勢する第2弾性部材(66)を更に有する。
【0013】
この構成によれば、支持部材(60)がずり落ちる可能性が低減すると共に支持部材(60)の上昇移動に要する負荷が小さくなる。
【0014】
上記作業機(10)において、好ましくは、前記リング部材(50)は、前記弾性部材(86)の弾発力によって前記本体(12)の上面(40A)に円周方向に摺動可能に当接する円環状の下面(50A)を含み、当該当接によって下方への移動を制限されている。
【0015】
この構成によれば、構造が複雑になることなく本体(12)に対するリング部材(50)の上下方向のがた付きが抑制される。
【0016】
上記作業機(10)において、好ましくは、前記本体(12)は当該本体(12)の前記上面から起立した円筒形状のリブ(52)を含み、前記リング部材(50)は当該リング部材(50)の前記下面(50A)に開口して前記リブ(52)に上下方向に摺動可能に且つ回転可能に嵌合する円環形状の凹溝(54)を含む。
【0017】
この構成によれば、リング部材(50)が弾性部材(86)の弾発力に抗して上方に変位することができ、作業部(18)を上方へ逃がすことができる。
【0018】
上記作業機(10)において、好ましくは、前記リング部材(50)は前記下面(50A)と同心の円環状の上面(50B)を含み、前記弾性部材(86)は前記本体(12)に固定された基端(86A)及び前記リング部材(50)の前記上面(50B)に円周方向に摺動可能に当接する遊端(86B)を含む板ばね(86)により構成されている。
【0019】
この構成によれば、構造が複雑になることなく本体(12)に対するリング部材(50)の上下方向のがた付きが抑制される。
【0020】
上記作業機(10)において、好ましくは、前記板ばね(86)は、平面視で互いに線対称をなすように2個配置されている。
【0021】
この構成によれば、本体(12)に対するリング部材(50)の上下方向のがた付きの抑制が偏って行われることがなく、偏摩耗の発生が抑制される。
【0022】
上記作業機(10)において、好ましくは、前記リング部材(50)は、前記上面(50B)に円周方向に間隔をおいて形成され、前記板ばね(86)の遊端(86B)が弾発的に係合する複数の凹溝(94)を含む。
【0023】
この構成によれば、リング部材(50)の回転移動においてクリックストップ作用が得られ、リング部材(50)が振動等の外力によって不用意に回動する虞が低減する。
【0024】
上記作業機(10)において、好ましくは、前記リング部材(50)は外歯(58)を形成された外周面を含み、更に、前記本体(12)に回転可能に支持されて前記外歯(58)と噛合するピニオン(72)及び前記ピニオン(72)を回転駆動する電動機(80)を有する。
【0025】
この構成によれば、作業部(18)の高さ調節が電動式に行われる。
【0026】
上記作業機(10)において、好ましくは、前記支持部材(60)は中空部(60A)を含み、前記作業部(18)は、前記支持部材(60)の下方に回転可能に設けられた芝刈り用の刈刃(34)及び前記中空部(60A)に収容されて前記刈刃(34)を回転駆動する電動機(30)を含む。
【0027】
この構成によれば、作業機(10)として、刈り高さを調節可能な芝刈り機が得られる。
【発明の効果】
【0028】
本発明による作業機によれば、高さ調節機構のがた付きが低減し、綺麗な作業が行われるようになる。
【図面の簡単な説明】
【0029】
本発明の作業機を適用された芝刈り機の一つの実施形態を示す側面図
本実施形態による芝刈り機の要部の縦断面図
本実施形態による芝刈り機の要部の平面図
本実施形態による芝刈り機の要部を一部切り欠いて示す平面図
図4の線V−Vに沿った断面図
本実施形態による芝刈り機の要部の斜視図
他の実施形態による芝刈り機の要部を一部切り欠いて示す平面図
他の実施形態による芝刈り機の要部の斜視図
他の実施形態による芝刈り機の要部の拡大断面図
【発明を実施するための形態】
【0030】
以下に、本発明による作業機を適用された芝刈り機の一つの実施形態を、図1〜図6を参照して説明する。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
灯体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
灯体
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
車両
本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
構造体
本田技研工業株式会社
構造体
本田技研工業株式会社
作業機
本田技研工業株式会社
作業機
本田技研工業株式会社
発電機
本田技研工業株式会社
芝刈機
本田技研工業株式会社
作業機
本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
操作子
本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
車載装置
本田技研工業株式会社
加振装置
本田技研工業株式会社
加振装置
本田技研工業株式会社
制御装置
本田技研工業株式会社
内燃機関
本田技研工業株式会社
内燃機関
本田技研工業株式会社
エンジン
本田技研工業株式会社
駐車装置
本田技研工業株式会社
車体構造
本田技研工業株式会社
収容装置
続きを見る