TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2021027391
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210222
出願番号2019141220
出願日20190731
発明の名称搬送装置
出願人京セラドキュメントソリューションズ株式会社
代理人個人
主分類H04N 1/00 20060101AFI20210125BHJP(電気通信技術)
要約【課題】シートの斜行と孔との双方を検知することの可能な搬送装置を提供する。
【解決手段】搬送装置100は、搬送部134と撮像部304と制御部150とを備える。搬送部134はシートPを搬送する。撮像部304は、搬送部134のレジストローラー300よりもシート搬送方向D1の上流に配置され、シートPを撮像して撮像結果を示す画像データを生成する。制御部150は搬送部134を制御する。撮像部304は、シートPの先端部分E1を示す画像データを制御部150に出力する。制御部150の斜行判定部1501は、シートPの先端部分E1を示す画像データに基づいて、シートPが斜行しているか否かを判定する。撮像部304は、シートPの後端部分E2を示す画像データを制御部150に出力する。制御部150の孔判定部1503は、シートPの後端部分E2を示す画像データに基づいて、シートPに孔HLが存在するか否かを判定する。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
レジストローラーを含み、シートを搬送する搬送部と、
前記レジストローラーよりもシート搬送方向の上流に配置され、前記シートを撮像して撮像結果を示す画像データを生成する撮像部と、
前記搬送部を制御する制御部と
を備え、
前記撮像部は、前記シート搬送方向における前記シートの先端部分を示す画像データを前記制御部に出力し、
前記制御部は、前記シートの前記先端部分を示す前記画像データに基づいて、前記シートが斜行しているか否かを判定する斜行判定部を含み、
前記撮像部は、前記シート搬送方向における前記シートの後端部分を示す画像データを前記制御部に出力し、
前記制御部は、前記シートの前記後端部分を示す前記画像データに基づいて、前記シートに孔が存在するか否かを判定する孔判定部をさらに含む、搬送装置。
続きを表示(約 880 文字)【請求項2】
前記制御部に対して、搬送対象のシートが孔を有するか否かを示す搬送対象情報が設定されており、
前記制御部は、前記孔判定部の判定結果と前記搬送対象情報の内容とが相違する場合に、シート搬送速度を変更する速度変更部をさらに含む、請求項1に記載の搬送装置。
【請求項3】
前記搬送対象情報が、搬送対象のシートが孔を有しないことを示す場合、前記シート搬送速度の初期値が第1速度値に設定され、
前記搬送対象情報が、搬送対象のシートが孔を有することを示す場合、前記シート搬送速度の前記初期値が前記第1速度値よりも小さい第2速度値に設定され、
前記シートに孔が存在しないと前記孔判定部が判定した場合において、搬送対象のシートが孔を有することを前記搬送対象情報が示す場合に、前記速度変更部は、前記シート搬送速度を前記第2速度値から前記第1速度値に変更する、請求項2に記載の搬送装置。
【請求項4】
前記搬送対象情報が、搬送対象のシートが孔を有しないことを示す場合、前記シート搬送速度の初期値が第1速度値に設定され、
前記搬送対象情報が、搬送対象のシートが孔を有することを示す場合、前記シート搬送速度の前記初期値が前記第1速度値よりも小さい第2速度値に設定され、
前記シートに孔が存在すると前記孔判定部が判定した場合において、搬送対象のシートが孔を有しないことを前記搬送対象情報が示す場合に、前記速度変更部は、前記シート搬送速度を前記第1速度値から前記第2速度値に変更する、請求項2に記載の搬送装置。
【請求項5】
前記制御部は、前記シートが斜行していると前記斜行判定部が判定した場合にだけ、前記レジストローラーの回転を停止して前記シートの斜行を矯正させる搬送制御部をさらに含む、請求項1から請求項4のいずれか1項に記載の搬送装置。
【請求項6】
シートに画像を形成する画像形成部をさらに備える、請求項1から請求項5のいずれか1項に記載の搬送装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、搬送装置に関する。
続きを表示(約 4,000 文字)【背景技術】
【0002】
特許文献1に記載された自動原稿搬送装置は、レジストローラーと、穴空き原稿検知部と、制御装置とを備える。レジストローラーは、原稿に対して斜行補正を実行する。ただし、レジストローラーに搬送される原稿の先端部に穴部があると穴空き原稿検知部によって判別された場合は、制御装置は、レジストローラーに斜行補正を実行させずに、レジストローラーを駆動させて原稿を搬送する。従って、座屈し易い穴空き原稿にダメージを与えずに搬送することができる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2005−200153号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、特許文献1に記載の自動原稿搬送装置では、穴空き原稿検知部は、原稿の斜行を検知できない。従って、原稿の先端部に穴部がない場合は、原稿が斜行していない場合であっても、常に、原稿がレジストローラーに突き当てられて撓みを形成する動作が実行される。従って、原稿の給送を開始してから排出するまでの時間が長くなる。
【0005】
本発明は、上記課題に鑑みてなされたものであり、その目的は、シートの斜行と孔との双方を検知することの可能な搬送装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0006】
本発明の一局面によれば、搬送装置は、搬送部と、撮像部と、制御部とを備える。搬送部は、レジストローラーを含み、シートを搬送する。撮像部は、前記レジストローラーよりもシート搬送方向の上流に配置され、前記シートを撮像して撮像結果を示す画像データを生成する。制御部は、前記搬送部を制御する。前記撮像部は、前記シート搬送方向における前記シートの先端部分を示す画像データを前記制御部に出力する。前記制御部は、斜行判定部を含む。斜行判定部は、前記シートの前記先端部分を示す前記画像データに基づいて、前記シートが斜行しているか否かを判定する。前記撮像部は、前記シート搬送方向における前記シートの後端部分を示す画像データを前記制御部に出力する。前記制御部は、孔判定部をさらに含む。孔判定部は、前記シートの前記後端部分を示す前記画像データに基づいて、前記シートに孔が存在するか否かを判定する。
【発明の効果】
【0007】
本発明の搬送装置によれば、シートの斜行と孔との双方を検知することが可能である。
【図面の簡単な説明】
【0008】
本発明の実施形態に係る画像形成装置を示す模式的断面図である。
本実施形態に係る画像形成部の一部、レジストローラー、及び、搬送ローラーを示す模式図である。
(a)は、本実施形態に係る斜行検知処理を示す平面図である。(b)は、本実施形態に係る孔検知処理を示す平面図である。
本実施形態に係る画像形成装置を示すブロック図である。
本実施形態に係る画像形成装置によるシート搬送処理の一部を示すフローチャートである。
本実施形態に係る画像形成装置によるシート搬送処理の他の一部を示すフローチャートである。
【発明を実施するための形態】
【0009】
以下、本発明の実施形態について、図面を参照しながら説明する。なお、図中、同一又は相当部分については同一の参照符号を付して説明を繰り返さない。
【0010】
図1〜図6を参照して、本発明の実施形態に係る画像形成装置100を説明する。
【0011】
図1は、本実施形態に係る画像形成装置100を示す模式的断面図である。画像形成装置100はシートPに画像を形成する。本実施形態では、画像形成装置100は、電子写真方式の複合機である。複合機は、例えば、コピー機能、プリンター機能、スキャナー機能、及びファクシミリ機能のような複数の機能を兼ね備えている。画像形成装置100は、「搬送装置」の一例に相当する。
【0012】
図1に示すように、画像形成装置100は、原稿R又はシートPを搬送する。具体的には、画像形成装置100は、搬送ユニット110と、読取ユニット120と、画像形成ユニット130と、入出力ユニット140と、制御部150と、記憶部160とを備える。
【0013】
搬送ユニット110は原稿Rを搬送する。本実施形態では、搬送ユニット110は、自動原稿搬送機(Auto Document Feeder:ADF)である。原稿Rは薄い矩形状である。原稿Rは、例えば、普通紙、再生紙、薄紙、厚紙、コート紙またはOHP(Overhead Projector)シートである。
【0014】
具体的には、搬送ユニット110は、テーブル112と、排出部118と、搬送部200とを含む。
【0015】
テーブル112には、原稿Rが載置される。搬送部200は、テーブル112に載置された原稿Rを、原稿搬送路CVに沿ってコンタクトガラス126を経由して、排出部118まで搬送する。排出部118は、搬送部200によって搬送された原稿Rを受け取って、原稿Rを積載する。
【0016】
搬送部200は、給送部202と、レジストローラー208と、複数の搬送ローラー210と、排出ローラー212とを含む。
【0017】
給送部202は、回転動作によって、テーブル112に載置された原稿Rを1枚ずつ引き出して、原稿Rを原稿搬送路CVに供給する。本実施形態では、給送部202は、回転動作によって、レジストローラー208に向けて原稿Rを給送する。
【0018】
具体的には、給送部202は、ピックアップローラー204と、給送回転体206とを含む。
【0019】
ピックアップローラー204は、回転動作によって、テーブル112に載置された原稿Rを1枚ずつ引き出して、給送回転体206に引き渡す。給送回転体206は、回転動作によって、レジストローラー208に向けて原稿Rを給送する。給送回転体206は、本実施形態では、ベルトである。ベルトは、駆動ローラーと従動ローラーとによって張架され、駆動ローラーが回転することで周回する。なお、給送回転体206はローラーでもよい。
【0020】
レジストローラー208は、原稿搬送路CVに供給された原稿Rの搬送方向への進行を一時的に停止させ、原稿Rを撓ませて原稿Rの斜行を矯正する。レジストローラー208は、一対のローラーを含む。レジストローラー208は、斜行が矯正された原稿Rを送出する。
【0021】
複数の搬送ローラー210は、レジストローラー208によって送出された原稿Rを、原稿搬送路CVにそってコンタクトガラス126を経由して排出ローラー212まで搬送する。複数の搬送ローラー210の各々は、一対のローラーを含む。
【0022】
排出ローラー212は、搬送ローラー210によって搬送された原稿Rを排出部118に向けて排出する。排出ローラー212は一対のローラーを含む。
【0023】
読取ユニット120は、搬送ユニット110によって搬送される原稿Rの画像を読み取り(以下、読み取った画像を「読取画像」と記載する場合がある。)、読取画像を示す画像データを生成する。
【0024】
具体的には、読取ユニット120は、読取センサー124と、コンタクトガラス126とを含む。その他、読取ユニット120は、光源としての発光ダイオード(Light Emitting Diode:LED)及び結像レンズのような光学部品を含んでいる。
【0025】
読取センサー124は、原稿Rの読取位置に配置されたコンタクトガラス126を介して、原稿Rの表(おもて)面の画像を読み取り、表面の画像を示す画像データを生成する。読取センサー124は、コンタクトイメージセンサー(Contact Image Sensor:CIS)方式または電荷結合素子(Charge Coupled Devices:CCD)方式のスキャナーである。
【0026】
画像形成ユニット130はシートPに画像を形成する。画像形成ユニット130は、例えば、外部装置から送信された画像データ、又は、読取ユニット120によって生成された画像データに基づいてシートPに画像を形成する。従って、シートPは記録媒体である。シートPは薄い矩形状である。シートPは、例えば、普通紙、再生紙、薄紙、厚紙、コート紙またはOHPシートである。
【0027】
具体的には、画像形成ユニット130は、給送ユニット132、搬送部134、画像形成部136、排出口138、及び、反転搬送部139を有する。
【0028】
給送ユニット132は、複数のシートPを収容して、シートPを一枚ずつ搬送部134に給送する。
【0029】
具体的には、給送ユニット132は、トレイ132aと、給送部132bとを含む。トレイ132aは複数のシートPを収容する。給送部132bは、トレイ132aに収容されたシートPを一枚ずつ搬送路CV1に給送する。具体的には、給送部132bは、ピックアップローラーを含む。搬送路CV1は、給送部132bから排出口138まで延びている。
【0030】
搬送部134は、シートPを、画像形成部136を経由して搬送路CV1に沿って排出口138まで搬送する。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
包装体
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
給送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
把持機構
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
印刷装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
緩衝部材
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
キャリア
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
表示装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
給紙装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
磁性トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
後処理装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像読取装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像処理装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像読取装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像処理装置
続きを見る