TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021026796
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210222
出願番号2019140500
出願日20190731
発明の名称照明器具
出願人三菱電機株式会社,三菱電機照明株式会社
代理人特許業務法人きさ特許商標事務所
主分類F21S 8/02 20060101AFI20210125BHJP(照明)
要約【課題】外観の見た目が良く、且つ、照明器具全体からの光の一様性または連続性を実現させることが可能な、照明器具を得る。
【解決手段】照明器具は、器具本体と、器具本体の内部に固定して設けられ、第1の光を出射する第1の光源ユニットと、器具本体および第1の光源ユニットのいずれか一方に設けられた第1係合部と、第1係合部に係合する第2係合部を有し、第1の光源ユニットに対して取り外し可能に設けられ、第2の光を出射する第2の光源ユニットとを備え、第1の光源ユニットは、第1の光を出射する導光板を有し、第2の光源ユニットは、第2の光を出射する拡散板を有し、第1係合部と第2係合部とが互いに係合したときに、拡散板は、導光板に交差する向きで当接する。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
器具本体と、
前記器具本体の内部に固定して設けられ、第1の光を出射する第1の光源ユニットと、
前記器具本体および前記第1の光源ユニットのいずれか一方に設けられた第1係合部と、
前記第1係合部に係合する第2係合部を有し、前記第1の光源ユニットに対して取り外し可能に設けられ、第2の光を出射する第2の光源ユニットと
を備え、
前記第1の光源ユニットは、前記第1の光を出射する導光板を有し、
前記第2の光源ユニットは、前記第2の光を出射する拡散板を有し、
前記第1係合部と前記第2係合部とが互いに係合したときに、前記拡散板は、前記導光板に交差する向きで当接する、
照明器具。
続きを表示(約 380 文字)【請求項2】
前記第1係合部は、ばね取り付け金具であり、
前記第2係合部は、前記ばね取り付け金具に係合されるばねであり、
前記第1係合部と前記第2係合部とが互いに係合したときに、前記第2係合部の前記ばねの復元力により、前記第2の光源ユニットは、前記第1の光源ユニット側に付勢され、前記第1の光源ユニットを押圧する、
請求項1に記載の照明器具。
【請求項3】
前記第1の光源ユニットの前記導光板は、前記第1の光を出射する出射面を有し、
前記第2の光源ユニットの前記拡散板は、前記第2の光を出射する発光面を有し、
前記第1係合部と前記第2係合部とが互いに係合したときに、前記拡散板の前記発光面は前記導光板の前記出射面との間に角を成して前記出射面に連続する、
請求項1または2に記載の照明器具。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、2つの光源ユニットを有する照明器具に関する。
続きを表示(約 5,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来より、天井などの被取付部に設置された器具本体に、2つの光源ユニットがばねにより取り付けられている照明器具がある(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
特許文献1に記載の照明器具においては、2つの光源ユニットが一直線状に並んで配置されている。2つの光源ユニット端面どうしの間には、空隙が設けられている。
【0004】
特許文献1に記載の照明器具の器具本体は、取付孔を有している。器具本体は、天井に取り付けられたアンカーボルトが取付孔に挿入されて取り付けられる。また、器具本体にはバネが設けられている。バネは、器具本体の底面に取り付けられたコイルバネと、コイルバネから延出した延出部とから構成されている。一方、各光源ユニットにはバネ受けが設けられている。各光源ユニットのバネ受けに、器具本体のバネの延出部が挿入されて、バネの復元力により、バネ受けとバネとが係合される。これにより、各光源ユニットは、照明器具本体に取り付けられる。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2015−53212号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1に記載の照明器具においては、2つの光源ユニット間に空隙があり、2つの光源ユニットが連続して設けられていなかった。そのため、ユーザが、2つの光源ユニットの境目を感じてしまい、照明器具の外観の見た目が悪く、且つ、照明器具全体からの光の一様性または連続性が損なわれていた。
【0007】
本発明は、かかる課題を解決するためになされたものであり、外観の見た目が良く、且つ、照明器具全体からの光の一様性または連続性を実現させることが可能な、照明器具を得ることを目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明に係る照明器具は、器具本体と、前記器具本体の内部に固定して設けられ、第1の光を出射する第1の光源ユニットと、前記器具本体および前記第1の光源ユニットのいずれか一方に設けられた第1係合部と、前記第1係合部に係合する第2係合部を有し、前記第1の光源ユニットに対して取り外し可能に設けられ、第2の光を出射する第2の光源ユニットとを備え、前記第1の光源ユニットは、前記第1の光を出射する導光板を有し、前記第2の光源ユニットは、前記第2の光を出射する拡散板を有し、前記第1係合部と前記第2係合部とが互いに係合したときに、前記拡散板は、前記導光板に交差する向きで当接する。
【発明の効果】
【0009】
本発明に係る照明器具は、第1の光源ユニットの導光板と第2の光源ユニットの拡散板とが当接することで、外観の見た目が良く、且つ、照明器具全体からの光の一様性または連続性を実現させることができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
実施の形態1に係る照明器具の構成を示す断面模式図である。
実施の形態1に係る照明器具において、第1の光源ユニットに、第2の光源ユニットを取り付けた状態を示す図である。
実施の形態1に係る照明器具の外観を示す斜視図である。
実施の形態1に係る照明器具の器具本体を天井に取り付ける様子を示した図である。
実施の形態1に係る照明器具の第2の光源ユニットの構成を示す分解斜視図である。
実施の形態1に係る照明器具の第1の光源ユニットの構成を示す分解斜視図である。
実施の形態1に係る照明器具の導光板及び反射シートを示す分解斜視図である。
実施の形態1に係る照明器具の構成を模式的に示す部分断面模式図である。
実施の形態1に係る照明器具の構成を模式的に示す部分断面模式図である。
【発明を実施するための形態】
【0011】
以下、本発明に係る照明器具の実施の形態について図面を参照して説明する。本発明は、以下の実施の形態に限定されるものではなく、本発明の主旨を逸脱しない範囲で種々に変形することが可能である。また、本発明は、以下の実施の形態に示す構成のうち、組み合わせ可能な構成のあらゆる組み合わせを含むものである。また、各図において、同一の符号を付したものは、同一の又はこれに相当するものであり、これは明細書の全文において共通している。また、明細書の全文において、床面から天井に向かう方向を「上方向」と呼び、天井側を「上側」と呼ぶこととする。また、同様に、天井から床面に向かう垂直な方向を「下方向」と呼び、床面側を「下側」と呼ぶこととする。また、各構成部材において、照明器具1の中央部分に設けられた開口側を「内側」と呼び、照明器具1の外部側を「外側」と呼ぶこととする。また、以下の実施の形態では、照明器具1を長方形の箱型と仮定して、長辺に平行な方向を「長手方向」と呼び、短辺に平行な方向を「短手方向」と呼ぶ。しかしながら、これは、説明を分かりやすくするためであり、照明器具1は正方形の箱型であってもよい。なお、各図面では、各構成部材の相対的な寸法関係または形状等が実際のものとは異なる場合がある。
【0012】
実施の形態1.
図1は、実施の形態1に係る照明器具1の構成を示す断面模式図である。図1は、図3に示す点Aと点Aとを結ぶ線A−Aを含む平面で切断した場合の上下断面を模式的に示している。図1に示すように、照明器具1は、器具本体50と、第1の光源ユニット300と、第2の光源ユニット200とを有している。
【0013】
図1に示すように、第1の光源ユニット300は、下ガイドプレート16、パッキン22、導光板17、青色用LEDモジュール18、上ガイドプレート19、絶縁板23、第二のモジュール保持部材24、固定部材25、導光板カバー26、および、弾性部材30を有している。
【0014】
第1の光源ユニット300は、第二のモジュール保持部材24をねじ63でねじ止めすることにより、照明器具1の器具本体50の内部に固定して取り付けられている。
【0015】
また、図1に示すように、第2の光源ユニット200は、フランジ部11、Vばね12、パッキン21、拡散カバー13、白色用LEDモジュール14、および、第一のモジュール保持部材15を有している。第2の光源ユニット200は、第1の光源ユニット300に対して、取り外し可能に構成されている。
【0016】
また、図1に示すように、器具本体50には、第1係合部であるVばね取り付け金具53が設けられている。第1係合部であるVばね取り付け金具53と、第2係合部であるVばね12とは、互いに係合される。なお、ここでは、第2係合部をVばね12として説明したが、この場合に限定されない。すなわち、第2係合部を、Vばね以外のばねで構成してもよい。その場合、第1係合部は、当該ばねに対応したばね取り付け金具から構成される。また、第1係合部を、器具本体50に設けずに、第1の光源ユニット300に設けるようにしてもよい。
【0017】
図2は、実施の形態1に係る照明器具1において、第1の光源ユニット300に、第2の光源ユニット200を取り付けた状態を示す図である。図2に示すように、第2の光源ユニット200のVばね12を、器具本体50のVばね取り付け金具53に係合させることで、第2の光源ユニット200は、第1の光源ユニット300に取り付けられる。このとき、Vばね12によって第2の光源ユニット200が器具本体50側に引き上げられると、第2の光源ユニット200の発光部である拡散カバー13が、第1の光源ユニット300の発光部である導光板17を押圧する。これにより、拡散カバー13と導光板17との間に隙間が生じることなく、拡散カバー13と導光板17とが当接する。このとき、拡散カバー13の発光面は、導光板17の出射面に対して、予め設定された角度で傾斜するように配置されている。
【0018】
以下、実施の形態1に係る照明器具1の構成について、詳細に説明する。
【0019】
図3は、実施の形態1に係る照明器具1の外観を示す斜視図である。また、図4は、実施の形態1に係る照明器具1の器具本体50を天井Cに取り付ける様子を示した図である。実施の形態1に係る照明器具1は、天井埋め込み型の照明器具である。照明器具1は、図4に示す天井Cに設けられた埋め込み穴Hに埋め込まれるように設置される。
【0020】
図4に示すように、照明器具1の器具本体50は、長方形の箱形に形成され、下側が開口している。第1の光源ユニット300および第2の光源ユニット200は、図3に示すように、器具本体50の開口内部に配置される。器具本体50は、図4に示すように、主面51と、4つの側面52とを有している。主面51は、長方形の板状に形成されている。また、側面52のそれぞれは、細長い長方形の板状に形成されている。側面52のそれぞれは、主面51に対して垂直な方向に、主面51の4辺のそれぞれから下方向に向かって延びるように設けられている。
【0021】
また、器具本体50の4つの側面52のうち、対向する2つの側面52の内側の面には、Vばね取り付け金具53が取り付けられている。Vばね取り付け金具53は、第2の光源ユニット200に設けられた後述するVばね12を引掛けて保持する。
【0022】
また、図4に示すように、主面51の四隅には、ボルト孔51−1が形成されている。また、天井Cの埋め込み穴Hからは、吊り下げボルトBが吊り下げられている。器具本体50は、ボルト孔51−1に吊り下げボルトBを挿入した後、吊り下げボルトBをナット61で締めることで、固定される。
【0023】
また、主面51には、電線孔51−2が形成されるとともに、端子台54が設けられている。端子台54は、照明器具1に設けられた電源装置および調光ユニットに電気的に接続されている。端子台54は、電源端子台と信号線端子台とを有する。図4において、電源端子台および信号線端子台は図示を省略している。電線孔51−2からは、電線および信号線が引き出される。電線孔51−2から引き出された電線は、端子台54の電源端子台に電気的に接続される。また、電線孔51−2から引き出された信号線は、端子台54の信号線端子台に電気的に接続される。
【0024】
図5は、実施の形態1に係る照明器具1の第2の光源ユニット200の構成を示す分解斜視図である。図6は、実施の形態1に係る照明器具1の第1の光源ユニット300の構成を示す分解斜視図である。
【0025】
まず、図5に示す第2の光源ユニット200について説明する。図5に示すように、第2の光源ユニット200は、フランジ部11、Vばね12、パッキン21、拡散カバー13、白色用LED(Light Emitting Diode)モジュール14、および、第一のモジュール保持部材15を備える。なお、パッキン21は、必ずしも設ける必要はなく、必要に応じて設けるようにすればよい。
【0026】
フランジ部11は、上述したように、長方形の枠形に形成されている。フランジ部11は、金属から構成されている。
【0027】
Vばね12は、フランジ部11の上面に、合計4個設けられている。
【0028】
第一のモジュール保持部材15は、平面視で長方形の枠形に形成されている。第一のモジュール保持部材15は、4つの部材を組み合わせて構成されている。4つの部材のそれぞれは、図1および図2に示されるように、L字断面を有している。また、図5に示すように、第一のモジュール保持部材15の4つの部材のそれぞれの下端には、取付フランジ15−1が設けられている。取付フランジ15−1は、ねじによってフランジ部11に取り付けられる。
【0029】
白色用LEDモジュール14は、平面視で、コの字形に形成されている。すなわち、白色用LEDモジュール14は、長方形の3辺を形成するように構成されている。白色用LEDモジュール14は、板状の3つの基板と、3つの基板のそれぞれに設けられた白色LEDとを有している。隣接する基板同士のなす角度は90°になっている。このように、白色用LEDモジュール14は、光源を有する光モジュールである。光源は、LEDに限定されず、他の発光素子または発光装置を用いてもよい。白色用LEDモジュール14は、3つの基板のそれぞれに設けられた白色LEDから、コの字形の内側に向かって白色光を出射する。このように、白色用LEDモジュール14は、コの字を構成する3方向から第2の光である白色光を出射する。白色用LEDモジュール14は、第一のモジュール保持部材15の内側に配置され、第一のモジュール保持部材15に設けられたガイド15−3に沿ってシリコーン接着剤等により接着されている。
【0030】
拡散カバー13は、平面視で、長方形の枠形に形成されている。拡散カバー13は、例えば、乳白色などの白色の樹脂から構成される。拡散カバー13は、上側と下側が開口した四角錐台に形成される。従って、拡散カバー13の4つの側面のそれぞれは、上下方向に対して予め設定された角度で傾斜している。拡散カバー13の4つの側面のそれぞれは、台形形状の拡散板13−A、13−Bから構成され、上辺の長さが下辺の長さよりも短くなっている。また、拡散カバー13の4つの側面のそれぞれが傾斜している関係で、平面視で、上辺の位置が、下辺の位置よりも内側になるように配置されている。それにより、拡散カバー13の内部空間は、下方向に向かってテーパ状に大きくなっている。拡散カバー13は、上述したように、4枚の台形形状の拡散板13−A、13−Bを組み合わせて形成される。しかしながら、この形成方法に限らず、拡散カバー13を一体成型で形成してもよい。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三菱電機株式会社
炊飯器
三菱電機株式会社
遮断器
三菱電機株式会社
冷蔵庫
三菱電機株式会社
計算機
三菱電機株式会社
冷蔵庫
三菱電機株式会社
冷蔵庫
三菱電機株式会社
緩衝材
三菱電機株式会社
除湿機
三菱電機株式会社
包装箱
三菱電機株式会社
冷蔵庫
三菱電機株式会社
調理器
三菱電機株式会社
吸込具
三菱電機株式会社
変圧器
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
梯子装置
三菱電機株式会社
梱包装置
三菱電機株式会社
給湯装置
三菱電機株式会社
換気装置
三菱電機株式会社
照明装置
三菱電機株式会社
回転電機
三菱電機株式会社
照明装置
三菱電機株式会社
給湯装置
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
回転電機
三菱電機株式会社
照明装置
三菱電機株式会社
表示装置
三菱電機株式会社
スタータ
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
電子機器
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
電気機器
三菱電機株式会社
照明装置
三菱電機株式会社
点火装置
三菱電機株式会社
中継装置
三菱電機株式会社
照明装置
続きを見る