TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021018670
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210215
出願番号2019134779
出願日20190722
発明の名称表示装置
出願人京セラドキュメントソリューションズ株式会社
代理人個人
主分類G06F 3/0484 20130101AFI20210118BHJP(計算;計数)
要約【課題】
第三者によって、表示部の表示面に実際に付着している汚れから、予め登録されている認証用パターンを推定されないようにする。
【解決手段】
制御部10は、タッチパネル12を介して入力されているパターンが、記憶部13に予め記憶されている認証用パターンと一致している場合に、表示部11にホーム画面を表示させ、入力されているパターンが認証用パターンと一致していない場合に、表示部11にホーム画面を表示させない。制御部10は、記憶部13に記憶されている、タッチパネル12に対する接触回数の平均値が第1の値以上である場合に、表示部11に汚れ画像60を表示させる。制御部10は、接触回数の平均値が第1の値未満である場合に、表示部11に、汚れ画像60を表示させない。
【選択図】図2A
特許請求の範囲【請求項1】
表示部と、
前記表示部に重ねて配置されているタッチパネルと、
予め定められている認証用パターンを記憶している記憶部と、
前記タッチパネルを介して入力されているパターンが、前記認証用パターンと一致している場合に、前記表示部に、予め定められている操作画面を表示させ、前記タッチパネルを介して入力されているパターンが前記認証用パターンと一致していない場合に、前記表示部に前記操作画面を表示させない制御部と、を備え、
前記記憶部はさらに、前記タッチパネルに対するユーザーの指の接触回数を記憶しており、
前記制御部は、前記接触回数が予め定められている第1の値以上である場合に、前記表示部に、前記タッチパネルを介した入力に起因している汚れを模している予め定められている汚れ画像を表示させ、前記接触回数が前記第1の値未満である場合に、前記表示部に、前記汚れ画像を表示させない、表示装置。
続きを表示(約 490 文字)【請求項2】
前記制御部は、前記接触回数が前記第1の値以上である場合に、前記表示部に、前記汚れ画像を、前記認証用パターンを入力するための認証画面に重ねて表示させる、請求項1に記載の表示装置。
【請求項3】
前記制御部は、前記記憶部に、前記表示部に前記認証画面が表示されているときの前記タッチパネルに対する接触回数を、前記接触回数として記憶させる、請求項2に記載の表示装置。
【請求項4】
前記制御部は、
前記接触回数が、前記第1の値以上であって、かつ、前記第1の値よりも大きい予め定められている第2の値未満である場合に、前記表示部に、前記汚れ画像を表示させ、
前記接触回数が、前記第2の値以上である場合に、前記表示部の表示面の清掃を促すメッセージを前記表示部に表示させる清掃処理を実行する、請求項2又は請求項3に記載の表示装置。
【請求項5】
前記制御部は、前記清掃処理の実行後、前記表示部の表示面の清掃が終了したことを示す情報を受付けている場合に、前記表示部に、前記認証画面を表示させる、請求項4に記載の表示装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、表示装置に関し、特に、パターン認証を安全に行なうための技術に関する。
続きを表示(約 4,400 文字)【背景技術】
【0002】
検出されている汚れについての情報を出力する技術が知られている。例えば、特許文献1には、原稿読取部による読取結果に影響を与える汚れが検出されたときに、汚れの位置及び清掃手順を示す画像を印刷出力する技術が開示されている。特許文献2には、タッチパネル上の各座標における接触回数に応じて、液晶表示装置上に推定汚れの分布及び程度を表す画像を表示させる技術が開示されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2007−82018号公報
特開2009−71438号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
スマートフォン等の表示装置の起動時に、タッチパネルを介して、予め登録されている認証用パターンと一致しているパターンを入力することで、画面ロックの解除を行なう場合がある。このような場合において、パターンの入力が複数回行なわれると、ディスプレイの表示面に、指紋による汚れ(以下、「指紋汚れ」と記す。)が付着したり、傷が生じたりする場合がある。
【0005】
このような場合、ユーザーとは異なっている第三者によって、指紋汚れ及び傷等の汚れから、予め登録されている認証用パターンを容易に推定されてしまうおそれがある。
【0006】
特許文献1及び特許文献2には、単に、汚れについての情報を出力するための技術が開示されているだけであり、上記した問題を解決することができない。
【0007】
本発明は、上記の事情に鑑みなされたものであり、第三者によって、表示部の表示面に実際に付着している汚れから、予め登録されている認証用パターンを推定されないようにすることを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の一局面に係る表示装置は、表示部と、表示部に重ねて配置されているタッチパネルと、予め定められている認証用パターンを記憶している記憶部と、タッチパネルを介して入力されているパターンが、認証用パターンと一致している場合に、表示部に、予め定められている操作画面を表示させ、タッチパネルを介して入力されているパターンが認証用パターンと一致していない場合に、表示部に操作画面を表示させない制御部と、を備えている。記憶部はさらに、タッチパネルに対するユーザーの指の接触回数を記憶している。制御部は、接触回数が予め定められている第1の値以上である場合に、表示部に、タッチパネルを介した入力に起因している汚れを模している予め定められている汚れ画像を表示させ、接触回数が第1の値未満である場合に、表示部に、汚れ画像を表示させない。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、制御部は、接触回数が予め定められている第1の値以上である場合に、表示部に、汚れ画像を表示させるので、表示部の表示面からは、実際に付着している汚れとともに、擬似的な汚れが視認されるようになる。したがって、第三者によって、表示部の表示面に実際に付着している汚れから、予め登録されている認証用パターンを推定されてしまうことを防止できる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
本発明の一実施形態に係る表示装置の内部構成を示すブロック図である。
汚れ画像表示処理を示すフローチャートである。
汚れ画像表示処理を示すフローチャートである。
認証画面の一例を示す図である。
ユーザーによってパターンが入力されているときの様子を示す図である。
指紋による表示部の汚れの一例を示す図である。
汚れ画像の一例を示す図である。
汚れ画像が重ねて表示されているときの認証画面の一例を示す図である。
指紋による表示部の汚れの他の一例を示す図である。
清掃画面の一例を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0011】
以下、本発明の一実施形態に係る表示装置について図面を参照して説明する。図1は、本発明の一実施形態に係る表示装置の内部構成を示すブロック図である。図1を参照して、表示装置1は、例えば、スマートフォンである。表示装置1は、制御ユニット100と、表示部11と、タッチパネル12と、記憶部13と、通信部14と、撮像部16と、電話通信部17と、音声入力部18と、音声出力部19と、を含んでいる。
【0012】
制御ユニット100は、プロセッサー、及びRAM(Random Access Memory)等を含んでいる。プロセッサーは、例えば、CPU(Central Processing Unit)、MPU(Micro Processing Unit)、又はASIC(Application Specific Integrated Circuit)等である。制御ユニット100は、記憶部13に記憶されている制御プログラムが上記のプロセッサーによって実行されることにより、制御部10として機能する。
【0013】
制御部10は、表示装置1の全体制御を司る。より詳細には、制御部10は、表示装置1の各部の動作、及び、ネットワークを介して接続されているサーバー装置15等との通信等を制御する。制御部10は、タッチパネル12に対するユーザーの指の接触回数に応じて、表示部11に、予め定められている汚れ画像を表示させるための、本実施形態に係る汚れ画像表示処理を実行する、なお、制御部10は、制御プログラムに基づく動作によらず、ハード回路によって動作可能に構成されていてもよい。
【0014】
制御ユニット100は、表示部11、タッチパネル12、記憶部13、通信部14、撮像部16、電話通信部17、音声入力部18、及び、音声出力部19等と電気的に接続されている。
【0015】
表示部11は、液晶ディスプレイ又は有機EL(Organic Light-Emitting Diode)ディスプレイ等によって構成されている表示装置である。表示部11は、表示装置1によって実行可能な各種機能に関する各種の画面を表示する。
【0016】
タッチパネル12は、表示部11に重ねて配置されている。タッチパネル12は、ユーザーの指によって接触されている接触部分の位置を検知し、検知された位置を示す座標を出力する。ユーザーは、タッチパネル12を介して、表示装置1によって実行可能な各種機能についての指示等の各種の情報を入力する。
【0017】
記憶部13は、フラッシュメモリー等の大容量の記憶装置である。記憶部13は、表示装置1の一般的な動作を実現するための各種制御プログラムを記憶している。記憶部13は、上記の各種制御プログラムの1つとして、本実施形態に係る汚れ画像表示処理を実行するための制御プログラムを記憶している。
【0018】
記憶部13は、ホーム画面を表示するための画像(以下、単に「ホーム画面」と記す。)を記憶している。ホーム画面は、表示装置1によって実行可能な複数の機能のうちのいずれかを選択するための画面である。記憶部13は、認証画面を表示するための画像(以下、単に「認証画面」と記す。)を記憶している。認証画面は、認証用パターンを入力するための画面である。
【0019】
記憶部13は、清掃画面を表示するための画像(以下、単に「清掃画面」と記す。)を記憶している。清掃画面とは、表示部11の表示面の清掃を促すための画面である。制御部10は、記憶部13に記憶されている複数の画面のうちのいずれかを読出し、表示部11に、読出された画面を表示させる。
【0020】
記憶部13は、表示部11の画面ロックを解除するための、予め定められている認証用パターンを記憶している。ユーザーは、タッチパネル12を介した入力によって、認証用パターンを予め登録している。ここで、画面ロックとは、表示装置11を操作するための操作画面を、表示部11に表示させないように設定されている状態を示す。
【0021】
操作画面としては、特に限定されないが、例えば、ホーム画面、又は、表示装置1によって実行可能な機能についての設定を行なうための設定画面等がある。
【0022】
記憶部13は、画面ロックが設定されているときのタッチパネル12に対するユーザーの指の接触回数を、タッチパネル12上の座標ごとに記憶している。
【0023】
記憶部13は、予め定められている汚れ画像を示す画像データ(以下、単に「汚れ画像」と記す。)を記憶している。汚れ画像は、タッチパネル12を介した入力に起因している指紋汚れを模して作成されている画像である。汚れ画像は、予め定められている位置に配置されている複数の指紋画像を含んでいる。この場合、指紋画像は、白色によって表されているものとする。
【0024】
通信部14は、通信モジュールを含んでいる。表示装置1は、通信部14を介して、ネットワーク上のサーバー装置15等とデータ通信を行なう。
【0025】
撮像部16は、撮像素子及びレンズ等によって構成されているデジタルカメラである。
【0026】
電話通信部17は、公衆回線への接続を行ない、公衆回線を介して音声データの送受信を行なう。
【0027】
音声入力部18は、マイクロフォン、及び、当該マイクロフォンに入力される音声に基づくアナログ信号をデジタル信号に変換するA/D変換回路等を含んでいる。
【0028】
音声出力部19は、音声データによって示されるデジタル信号をアナログ信号に変換するD/A変換回路、アナログ信号に基づいて音声を出力するためのスピーカー、及びアンプ等を含んでいる。
【0029】
表示装置1の各部には電源が接続されており、この電源から電力が供給されることによって、表示装置1の各部が動作する。
【0030】
[動作]
図2A及び図2Bは、汚れ画像表示処理を示すフローチャートである。以下、図2A及び図2B等を参照して、汚れ画像表示処理の実行時における表示装置1の動作について説明する。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
包装体
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
給送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
把持機構
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
印刷装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
緩衝部材
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
キャリア
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
表示装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
給紙装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
磁性トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
後処理装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像読取装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像処理装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像読取装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像処理装置
続きを見る