TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021017298
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210215
出願番号2019131828
出願日20190717
発明の名称搬送装置
出願人京セラドキュメントソリューションズ株式会社
代理人個人
主分類B65H 7/14 20060101AFI20210118BHJP(運搬;包装;貯蔵;薄板状または線条材料の取扱い)
要約【課題】搬送装置においてシートの跳ね上がりを検知する検知センサーの誤検知を抑制する。
【解決手段】搬送装置(100)は、搬送部(110)と、検知センサー(120)と、制御部(130)とを備える。搬送部(110)によるシート(S)の搬送を開始した後に検知センサー(120)がシート(S)の跳ね上がりを検知した場合、制御部(130)は、搬送部(110)がシート(S)の搬送を停止するよう搬送部(110)を制御する。検知センサー(120)がシート(S)の跳ね上がりを検知した状態で搬送部(110)によるシート(S)の搬送を開始した場合、制御部(130)は、搬送部(110)がシート(S)の搬送を継続するように搬送部(110)を制御する。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
シートを搬送する搬送部と、
前記シートの跳ね上がりを検知する検知センサーと、
前記検知センサーの検知結果に基づいて前記搬送部を制御する制御部と
を備え、
前記搬送部による前記シートの搬送を開始した後に前記検知センサーが前記シートの跳ね上がりを検知した場合、前記制御部は、前記搬送部が前記シートの搬送を停止するよう前記搬送部を制御し、
前記検知センサーが前記シートの跳ね上がりを検知した状態で前記搬送部による前記シートの搬送を開始した場合、前記制御部は、前記搬送部が前記シートの搬送を継続するように前記搬送部を制御する、搬送装置。
続きを表示(約 310 文字)【請求項2】
前記搬送部が前記シートを搬送する際の前記シートの斜行を検知する斜行センサーをさらに備え、
前記斜行センサーが前記シートの斜行を検知した場合、前記制御部は、前記搬送部が前記シートの搬送を停止するよう前記搬送部を制御する、請求項1に記載の搬送装置。
【請求項3】
前記斜行センサーは、第1センサーと、第2センサーとを含み、
前記斜行センサーは、前記第1センサーが前記搬送部によって搬送される前記シートを検知するタイミングと、前記第2センサーが前記搬送部によって搬送される前記シートを検知するタイミングとの差に基づいて、前記シートの斜行を検知する、請求項2に記載の搬送装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、搬送装置に関する。
続きを表示(約 4,900 文字)【背景技術】
【0002】
搬送ローラーによってシートを搬送する搬送装置は種々の用途に用いられる。例えば、搬送装置は、画像読取装置の一部として用いられる。この場合、画像読取装置は、搬送装置によって1枚ずつ搬送されたシートに画像を読み取った後、搬送装置によってシートをさらに搬送し、外部に排出する。
【0003】
例えば、シート搬送装置で搬送されるシートが複数枚ステープルで留められていることがある。この場合、シート搬送装置でシートを搬送しようとすると、シートは、跳ね上がって適切に搬送されず、ジャムが発生しやすい。そこで、シートの跳ね上がりを検知するための跳ね上がり検知センサーを設けることが知られている(特許文献1)。特許文献1のシート給送装置には、発光部および受光部を備える跳ね上がり検知センサーが設けられる。検知センサーが、発光部と受光部との間の光路がシートで遮られることを検知することにより、シートが異常形状状態であると検知し、シートの搬送を停止する。これにより、シートの破損およびジャムの発生を抑制している。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開2004−182449号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
特許文献1のシート給送装置では、発光部と受光部との間の光路が何らかの影響で遮られると、検知センサーは、シートが異常形状状態であると誤検知してしまい、シートの搬送が停止されてしまうことがある。
【0006】
本発明は上記課題に鑑みてなされたものであり、その目的は、シートの跳ね上がりを検知する検知センサーの誤検知を抑制可能な搬送装置を提供することにある。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明による搬送装置は、搬送部と、検知センサーと、制御部とを備える。前記搬送部は、シートを搬送する。前記検知センサーは、前記シートの跳ね上がりを検知する。前記制御部は、前記検知センサーの検知結果に基づいて前記搬送部を制御する。前記搬送部による前記シートの搬送を開始した後に前記検知センサーが前記シートの跳ね上がりを検知した場合、前記制御部は、前記搬送部が前記シートの搬送を停止するよう前記搬送部を制御し、前記検知センサーが前記シートの跳ね上がりを検知した状態で前記搬送部による前記シートの搬送を開始した場合、前記制御部は、前記搬送部が前記シートの搬送を継続するように前記搬送部を制御する。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、搬送装置においてシートの跳ね上がりを検知する検知センサーの誤検知を抑制できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本実施形態の搬送装置を備えた画像読取装置の模式図である。
本実施形態の搬送装置のブロック図である。
(a)は、搬送装置の模式図であり、(b)は、搬送装置の模式的な斜視図であり、(c)は、駆動信号Sdおよび検知信号Ssを示す図である。
(a)は、搬送装置の模式図であり、(b)は、シートの跳ね上がりを示す模式的な斜視図であり、(c)は、搬送装置の模式図であり、(d)および(e)は、駆動信号および検知信号を示す図である。
本実施形態の搬送装置における搬送制御を説明するためのフローチャートである。
(a)は、搬送装置の模式図であり、(b)は、本実施形態の搬送装置のブロック図である。
(a)は、シートSの斜行した搬送装置の模式図であり、(b)は駆動信号、検知信号、第1斜行信号および第2斜行信号を示す図である。
(a)は、シートの跳ね上がりを示す模式的な斜視図であり、(b)は、駆動信号、検知信号、第1斜行信号および第2斜行信号を示す図である。
本実施形態の搬送装置における搬送制御を説明するためのフローチャートである。
本実施形態の搬送装置を備えた画像形成装置の模式図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、図面を参照して本発明の実施形態を説明する。なお、図中、同一または相当部分については同一の参照符号を付して説明を繰り返さない。
【0011】
まず、図1を参照して、本実施形態の搬送装置100を備えた画像読取装置200を説明する。図1は、画像読取装置200の模式図である。画像読取装置200は、シートSの画像を読み取り、画像データを生成する。また、画像読取装置200は、シートSの画像を読み取った画像データを加工してもよい。例えば、シートSは、普通紙、再生紙、薄紙、厚紙、コート紙またはOHP(Overhead Projector)シートである。
【0012】
画像読取装置200は、搬送装置100と、原稿台210と、カバー部材220と、読取部230と、装置制御部240とを備える。搬送装置100は、シートSを搬送する。搬送装置100は、載置されたシートSを原稿台210に搬送する。ここでは、搬送装置100は、カバー部材220と一体的に構成される。
【0013】
搬送装置100は、載置部102と、到達部104と、搬送部110と、検知センサー120と、制御部130とを備える。シートSは、載置部102に載置される。搬送部110は、載置部102に載置されたシートSを到達部104にまで搬送する。
【0014】
搬送部110は、載置されたシートSを1枚ずつ搬送する。ここでは、載置部102、到達部104および搬送部110は、カバー部材220に設けられている。搬送部110は、シートSの一部が原稿台210とカバー部材220との間に露出するようにシートSを搬送する。
【0015】
載置部102は、テーブル102aと、規制部102bとを有する。テーブル102aは、シートSを支持する。テーブル102aの主面は、シートSの主面よりも大きい。規制部102bは、テーブル102aの側部に取り付けられる。規制部102bにより、テーブル102aに支持されたシートSの位置を規制できる。
【0016】
検知センサー120は、シートSの跳ね上がりを検知する。検知センサー120は、搬送部110によって搬送される前のシートSよりも上方に設置されている。検知センサー120は、シートSの少なくとも一部が上方に跳ね上がっているときに、シートSが異常状態であることを検知する。例えば、シートSがステープルで留められている場合、搬送部110が、シートSを搬送しようとすると、シートSが跳ね上がる。検知センサー120は、跳ね上がったシートSを検知する。
【0017】
制御部130は、搬送部110を制御する。例えば、制御部130は、搬送部110がシートSを搬送するように搬送部110を制御する。また、制御部130は、検知センサー120がシートSの跳ね上がりを検知した場合、シートSの搬送を中止するように搬送部110を制御する。
【0018】
搬送部110は、給送ローラー112と、搬送ローラー114とを備える。給送ローラー112がテーブル102aに載置されたシートSと接触した状態で回転することにより、シートSは、搬送を開始する。典型的には、搬送部110は、搬送ローラー114を複数備える。搬送ローラー114は、給送ローラー112によって搬送の開始されたシートSを到達部104に向けて搬送する。
【0019】
本実施形態の搬送装置100は、画像読取装置200に設置されている。画像読取装置200は、搬送装置100によって搬送されるシートSの画像を読み取り、画像データを生成する。
【0020】
画像読取装置200がシートSを読み取る場合、シートSの少なくとも一部は、原稿台210とカバー部材220との間に位置する。原稿台210は、薄型の直方体形状の筐体を含む。
【0021】
カバー部材220は、原稿台210をカバーするように構成される。カバー部材220は、原稿台210に対して開閉可能である。カバー部材220は、原稿台210に設けられた回動軸を中心に回動する。
【0022】
読取部230は、シートSを読み取る。読取部230は、原稿台210の筐体内に収容される。読取部230がシートSを読み取る場合、読取部230は、シートSと対向する。
【0023】
読取部230は、シートSを撮像して画像データを生成する。読取部230は、シートSの少なくとも一部が原稿台210とカバー部材220との間に位置する際に、シートSを撮像して画像データを生成する。
【0024】
読取部230は、走査ユニット232と、光学素子234と、集光レンズ236と、撮像装置238とを有する。走査ユニット232は、筐体232aと、光源232bと、ミラー232cとを有する。筐体232aは、上側および左側の開口した中空形状である。筐体232a内には、光源232bおよびミラー232cが配置される。
【0025】
光源232bは、発光素子を有する。発光素子は、発光ダイオード(Light Emitting Diode:LED)を含む。典型的には、筐体232aには、複数の発光素子が取り付けられる。例えば、複数の発光素子は、主走査方向(前後方向)に沿って配列される。発光させる発光素子を選択することにより、主走査方向における画像読取範囲を調整できる。
【0026】
ミラー232cは、光源232bの左側に配置される。ミラー232cは、光源232bから出射されて原稿Rによって反射された光を左側に向けて反射する。
【0027】
光学素子234は、ミラー234aと、ミラー234bとを有する。ミラー234aは、ミラー232cによって反射された光をミラー234bに向けて反射する。ミラー234bは、ミラー234aによって反射された光を集光レンズ236に向けて反射する。集光レンズ236は、ミラー234bによって反射された光を撮像装置238に向けて集光する。
【0028】
撮像装置238は、撮像素子を含む。撮像素子は、例えば、電荷結合素子(Charged Coupled Detector:CCD)である。あるいは、撮像素子は、コンタクトイメージセンサー(Contact Image sensor:CIS)であってもよい。
【0029】
装置制御部240は、画像読取装置200の動作を制御する。装置制御部240は、搬送装置100および読取部230を制御する。装置制御部240は、演算素子を含む。演算素子は、プロセッサーを含む。一例では、プロセッサーは、中央処理演算機(CPU)を含む。プロセッサーは、特定用途集積回路(ASIC)を含んでもよい。装置制御部240は、搬送装置100によって搬送されるシートSの画像を読み取って画像データを生成するように、搬送装置100および読取部230を制御する。
【0030】
なお、画像読取装置200は、入出力部250をさらに備えてもよい。入出力部250は、表示画面に情報を表示する一方で、ユーザーからの指示を受け付ける。入出力部250は、表示部252および操作部254を含む。表示部252は、各種情報を表示する。表示部252は、液晶ディスプレーを含む。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
包装体
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
給送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
表示装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
把持機構
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
緩衝部材
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
給紙装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
キャリア
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
磁性トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
後処理装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像処理装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像処理装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
続きを見る