TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021016027
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210212
出願番号2019128386
出願日20190710
発明の名称画像形成装置
出願人京セラドキュメントソリューションズ株式会社
代理人個人
主分類H04N 1/04 20060101AFI20210115BHJP(電気通信技術)
要約【課題】斜行角度に応じてシートの搬送を変更する画像形成装置を提供する。
【解決手段】画像形成装置(100)は、搬送部(116)と、検出センサー(122)と、判定部(152a)とを備える。搬送部(116)は、レジストローラー(116R)を含む。搬送部(116)は、シート(R)を搬送する。検出センサー(122)は、搬送部(116)によって搬送されるシート(R)の斜行角度を検出する。判定部(152a)は、斜行角度に基づいて、レジストローラー(116R)によってシート(R)の搬送を一旦停止するか否かを判定する。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
レジストローラーを含み、シートを搬送する搬送部と、
前記搬送部によって搬送される前記シートの斜行角度を検出する検出センサーと、
前記斜行角度に基づいて、前記レジストローラーによって前記シートの搬送を一旦停止するか否かを判定する判定部と
を備える、画像形成装置。
続きを表示(約 350 文字)【請求項2】
前記判定部は、
前記斜行角度が閾値よりも大きい場合、前記シートの搬送を一旦停止するように判定し、
前記斜行角度が閾値以下の場合、前記シートの搬送を停止しないように判定する、請求項1に記載の画像形成装置。
【請求項3】
前記レジストローラーは、前記検出センサーに対して、前記搬送部の搬送経路の下流に配置される、請求項1または2に記載の画像形成装置。
【請求項4】
前記搬送部によって搬送される前記シートの画像を読み取って画像データを生成する読取センサーをさらに備える、請求項1から3のいずれかに記載の画像形成装置。
【請求項5】
前記読取センサーは、前記シートの斜行角度を検出する、請求項4に記載の画像形成装置。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、画像形成装置に関する。
続きを表示(約 4,500 文字)【背景技術】
【0002】
電子写真方式を採用する複合機等の画像形成装置には、原稿またはシート(用紙)等を搬送するために、自動原稿給送装置等のシート搬送装置が設けられている。
【0003】
ところで、画像読取装置の不具合等によって、原稿等が本来の搬送方向に対して傾斜した方向に搬送される場合(以下、原稿等が本来の搬送方向に対して傾斜した方向に搬送されることを「斜行」という。)がある。このため、原稿等の斜行を検出し、読み取った画像を補正することが検討されている(例えば、特許文献1参照)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0004】
特開平10−336425号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
しかしながら、特許文献1に記載された画像読取装置は、傾き角(以下、「斜行角度」という。)に基づいて画像の補正等は可能であるが、斜行角度が大きいと、ジャムが発生して搬送効率が低下することがある。
【0006】
本発明は上記課題に鑑みてなされたものであり、斜行角度に応じてシートの搬送を変更する画像形成装置を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明に係る画像形成装置は、搬送部と、検出センサーと、判定部とを備える。前記搬送部は、レジストローラーを含む。前記搬送部は、シートを搬送する。前記検出センサーは、前記搬送部によって搬送される前記シートの斜行角度を検出する。前記判定部は、前記斜行角度に基づいて、前記レジストローラーによって前記シートの搬送を一旦停止するか否かを判定する。
【発明の効果】
【0008】
本発明によれば、斜行角度に応じてシートの搬送を変更できる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本実施形態の画像形成装置の模式図である。
本実施形態の画像形成装置のブロック図である。
本実施形態の画像形成装置における読取ユニットの模式図である。
(a)〜(c)は、本実施形態の画像形成装置において読取ユニットにおける原稿の搬送および斜行角度の検出を説明するための模式図である。
本実施形態の画像形成装置における制御処理のフローチャートである。
(a)〜(d)は、本実施形態の画像形成装置において読取ユニットにおける原稿の搬送および斜行角度の検出を説明するための模式図である。
(a)〜(d)は、本実施形態の画像形成装置において読取ユニットにおける原稿の搬送および斜行角度の検出を説明するための模式図である。
(a)〜(d)は、本実施形態の画像形成装置において読取ユニットにおいて搬送される原稿の蛇行を説明するための模式図である。
本実施形態の画像形成装置における読取ユニットの模式図である。
本実施形態の画像形成装置のブロック図である。
【発明を実施するための形態】
【0010】
以下、本発明の実施形態について、図面を参照して説明する。なお、図中、同一または相当部分については同一の参照符号を付して説明を繰り返さない。
【0011】
まず、図1〜図3を参照して、本実施形態に係る画像形成装置100の構成について説明する。図1は、画像形成装置100の模式図である。本実施形態では、画像形成装置100は、電子写真方式の複合機である。
【0012】
図1に示すように、画像形成装置100は、読取ユニット110と、画像形成ユニット130と、装置制御部150と、入出力部160と、通信部170とを備える。
【0013】
読取ユニット110は、原稿Rを搬送する。読取ユニット110は、自動原稿搬送機(Auto Document Feeder:ADF)を含む。典型的には、原稿Rは、薄い矩形状である。原稿Rは、例えば、普通紙、再生紙、薄紙、厚紙、コート紙またはOHP(Overhead Projector)シートである。
【0014】
読取ユニット110は、搬送する原稿Rの画像を読み取り(以下、読み取った画像を「読取画像」ともいう。)、読取画像を示す画像データを生成する。読取ユニット110は、原稿Rの斜行角度に基づいて、原稿Rの搬送を制御し、または原稿Rの画像データを補正する。
【0015】
画像形成ユニット130は、用紙Pに画像を形成する。例えば、画像形成ユニット130は、読取画像を示す画像データに基づいて、用紙Pに画像を形成する。用紙Pおよび原稿Rは、「シート」の一例に相当する。
【0016】
装置制御部150は、制御プログラムに基づいて、画像形成装置100の各構成部分の動作を制御する。装置制御部150については、図2を参照して後述する。
【0017】
入出力部160は、表示画面に情報を表示する一方で、ユーザーからの指示を受け付ける。入出力部160は、表示部162および操作部164を含む。表示部162は、各種情報を表示する。表示部162は、液晶ディスプレーを含む。
【0018】
操作部164は、スタートボタン、矢印キー、およびテンキーを含む。スタートボタンは、画像形成装置100に各種の機能(処理)を実行させるためのボタンである。矢印キーは、選択対象を変更するためのボタンである。テンキーは、数値を入力するためのボタンである。操作部164は、タッチパネルを含んでもよい。
【0019】
通信部170は、ネットワーク(不図示)を介して、他の電子機器と通信可能に接続される。ネットワークは、例えば、インターネット、ローカルエリアネットワーク(Local Area Network:LAN)およびワイドエリアネットワーク(Wide Area Network:WAN)を含む。
【0020】
読取ユニット110は、テーブル112、給送部114、搬送部116、排出部118および検出部120を有する。検出部120は、検出センサー122および読取センサー124を有する。
【0021】
テーブル112には、原稿Rが載置される。テーブル112には、規制部112aが立設されている。具体的には、規制部112aは、テーブル112に立設されたガイド板である。規制部112aは、原稿Rが搬送部116に向かって給送される際の斜行の発生を抑制する。
【0022】
給送部114は、原稿Rを給送する。給送部114は、テーブル112に載置された原稿Rを給送する。給送部114は、給送ローラーを含む。給送ローラーは、装置制御部150によって制御される。本実施形態では、給送部114は、第1給送部114aと、第2給送部114bとを有する。なお、給送部114は、キャタピラーのようなベルトを含んでもよい。
【0023】
搬送部116は、給送部114から給送された原稿Rを搬送経路に沿って排出部118まで搬送する。搬送部116は、搬送ローラーを含む。搬送ローラーは、原稿Rを搬送する。典型的には、搬送部116は、一対の搬送ローラーを複数含む。一対の搬送ローラーが互いに回転することにより、原稿Rは搬送される。搬送ローラーは、装置制御部150によって制御される。搬送部116は、原稿Rを、検出センサー122および読取センサー124を経て、排出部118まで搬送する。排出部118には、搬送部116によって搬送された原稿Rが載置される。
【0024】
搬送部116は、レジストローラー116Rを有する。搬送部116において、レジストローラー116Rは、原稿Rに撓みを付与する。具体的には、レジストローラー116Rは、搬送路に供給された原稿Rの搬送を一旦停止させる。次いで、レジストローラー116Rは、原稿Rを撓ませる。これにより、レジストローラー116Rは、原稿Rの搬送方向に対する斜行を補正する。レジストローラー116Rは、原稿Rの先端が到達したときには回転していない。レジストローラー116Rは、原稿Rの先端が到達してから回転を開始する。
【0025】
レジストローラー116Rは、検出センサー122よりも原稿Rの搬送経路の下流に配置されている。原稿Rは、搬送部116によって搬送される過程で、検出センサー122において検出される。更に、原稿Rは、搬送部116によって搬送される過程で、読取センサー124で読み取られる。搬送部116には、予め原稿Rを搬送する搬送方向に対して垂直な方向に、原稿Rの搬送が可能な幅を示す搬送幅が規定されている。
【0026】
検出センサー122は、原稿Rを検出する。また、検出センサー122は、原稿Rの斜行角度を検出する。本明細書において、検出センサー122が原稿Rの斜行角度を検出した場合に、検出された斜行角度を「第1斜行角度」と記載することがある。検出センサー122は、例えば光学センサーである。なお、本明細書において、検出センサー122を第1検出部と記載することがある。
【0027】
検出センサー122は、超音波センサーによって構成されてもよい。検出センサー122として超音波センサーを採用した場合、検出センサー122は、超音波発信部と、超音波受信部とを含み、超音波発信部が発信した超音波信号が原稿Rを透過する。超音波受信部は、原稿Rを透過した超音波信号を受信して、その強度の変化に基づいて、原稿Rの有無を検出する。
【0028】
読取センサー124は、検出センサー122より下流側に配置されている。読取センサー124は、原稿Rの表(おもて)面の画像を読み取り、表面の画像を示す画像データを生成する。更に、読取センサー124は、読み取った画像に基づいて、原稿Rの斜行角度を検出してもよい。
【0029】
本明細書において、読取センサー124は、「第2検出部」の一例に相当する。また、読取センサー124が原稿Rの斜行角度を検出した場合に、検出された斜行角度を「第2斜行角度」と記載することがある。
【0030】
読取センサー124は、読み取った原稿Rの画像と原稿R以外のプレート等の画像とのコントラスト差、または原稿Rの読み取り時の影の画像に基づいて、原稿Rの輪郭を抽出する。そして、読取センサー124は、抽出した輪郭に基づいて、斜行角度を検出する。斜行角度の検出は、例えば、読取センサー124が読み取った画像の中心線に対する原稿Rの画像の輪郭の傾きに基づいて算定する。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
包装体
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
給送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
把持機構
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
印刷装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
電子機器
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
緩衝部材
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
キャリア
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
表示装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
給紙装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
磁性トナー
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
後処理装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像読取装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像処理装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像読取装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像形成装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
原稿搬送装置
京セラドキュメントソリューションズ株式会社
画像処理装置
続きを見る