TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021003869
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210114
出願番号2019119801
出願日20190627
発明の名称カード
出願人凸版印刷株式会社
代理人
主分類B42D 25/30 20140101AFI20201211BHJP(製本;アルバム;ファイル;特殊印刷物)
要約【課題】本発明は、金属調の質感を有する優れたデザイン性とセキュリティ性を有し、蛍光絵柄の認識性能が十分であるカードの提供を目的とするものである。
【解決手段】本発明は、基材層、パターン状の蛍光印刷層およびパターン状の黒色印刷層、金属蒸着層が順に積層され、前記蛍光印刷層のパターンと前記黒色印刷層のパターンとが相補的もしくは境界領域で重なるように積層されたカードを提供するものである。
例えば、前記蛍光印刷層のパターンと前記黒色印刷層のパターンとが相補的になるように積層されたカードや、前記蛍光印刷層のパターンと前記黒色印刷層のパターンとが境界領域で重なるように積層されたカードなどである。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
基材層、パターン状の蛍光印刷層およびパターン状の黒色印刷層、金属蒸着層が順に積層され、前記蛍光印刷層のパターンと前記黒色印刷層のパターンとが相補的もしくは境界領域で重なるように積層されたカード。
続きを表示(約 1,000 文字)【請求項2】
前記蛍光印刷層のパターンと前記黒色印刷層のパターンとが相補的になるように積層された請求項1記載のカード。
【請求項3】
前記蛍光印刷層のパターンと前記黒色印刷層のパターンとが境界領域で重なるように積層された請求項1記載のカード。
【請求項4】
前記基材層と前記蛍光印刷層との間に、蛍光反射層が、前記蛍光印刷層のパターンと同一もしくは前記蛍光印刷層のパターンの端部より周囲に張出領域を設けるように設けられている請求項1から3何れか記載のカード。
【請求項5】
基材層の蛍光印刷層がパターン状に印刷された面と反対側の面に裏オーバーシートが設けられている請求項1から4何れか記載のカード。
【請求項6】
前記金属蒸着層と前記黒色印刷層との間に表オーバーシートが設けられている請求項1から5何れか記載のカード。
【請求項7】
蛍光印刷層もしくは蛍光反射層と、基材層の間に表オーバーシートが設けられている請求項1から5何れか記載のカード。
【請求項8】
蛍光印刷層と基材層の間に表オーバーシートが設けられている請求項7記載のカード。
【請求項9】
蛍光反射層と基材層の間に表オーバーシートが設けられている請求項7記載のカード。
【請求項10】
前記基材層が有色もしくは透明である請求項1から9何れか記載のカード。
【請求項11】
蛍光印刷層を有さず、前記基材層が有色である請求項10記載のカード。
【請求項12】
基材層、パターン状の蛍光反射層、パターン状の蛍光印刷層、金属蒸着層が順に積層され、蛍光反射層が、前記蛍光印刷層のパターンと同一もしくは前記蛍光印刷層のパターンの端部より周囲に張出領域を設けるように設けられているカード。
【請求項13】
黒色基材層の蛍光印刷層がパターン状に印刷された面と反対側の面に裏オーバーシートが設けられている請求項12記載のカード。
【請求項14】
前記金属蒸着層と前記蛍光印刷層との間に表オーバーシートが設けられている請求項12または13記載のカード。
【請求項15】
前記蛍光反射層と、前記黒色基材層の間に表オーバーシートが設けられている請求項12または13記載のカード。
【請求項16】
前記金属蒸着層の光透過率が5%以上30%以下である請求項1から15何れか記載のカード。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、キャッシュカードやクレジットカード、各種会員カ−ド等厚手のプラスチック製カードに関するものであり、特に、金属調の質感を有する優れたデザイン性とセキュリティ性を有するカードに関する。
続きを表示(約 2,900 文字)【背景技術】
【0002】
従来、コア基材、基材、隠蔽層、蛍光印刷層、金属蒸着層、絵柄印刷層、保護層が順次積層されているカードが知られている(特許文献1参照)。
【0003】
これにより、金属調の質感を有したまま、蛍光顔料からなる潜在画像が通常環境時では視認できず、特定の波長を有する紫外線を照射した時のみに蛍光絵柄が視認できることで、容易に優れた信頼性で真贋判定を行うことができるものであった。
【0004】
しかしながら、上記のカードでは蛍光光が多方向に拡散してしまい、金属調の質感は表現できるが、蛍光パターンが境界で不明瞭になり、蛍光絵柄の認識性能が不十分であった。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2015−098150号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
本発明は、金属調の質感を有する優れたデザイン性とセキュリティ性を有し、蛍光絵柄の認識性能が十分であるカードの提供を目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の請求項1に係る発明は、基材層、パターン状の蛍光印刷層およびパターン状の黒色印刷層、金属蒸着層が順に積層され、前記蛍光印刷層のパターンと前記黒色印刷層のパターンとが相補的もしくは境界領域で重なるように積層されたカードである。
【0008】
また、請求項2に係る発明は、前記蛍光印刷層のパターンと前記黒色印刷層のパターンとが相補的になるように積層された請求項1記載のカードである。
【0009】
また、請求項3に係る発明は、前記蛍光印刷層のパターンと前記黒色印刷層のパターンとが境界領域で重なるように積層された請求項1記載のカードである。
【0010】
また、請求項4に係る発明は、前記基材層と前記蛍光印刷層との間に、蛍光反射層が、前記蛍光印刷層のパターンと同一もしくは前記蛍光印刷層のパターンの端部より周囲に張出領域を設けるように設けられている請求項1から3何れか記載のカードである。
【0011】
また、請求項5に係る発明は、基材層の蛍光印刷層がパターン状に印刷された面と反対側の面に裏オーバーシートが設けられている請求項1から4何れか記載のカードである。
【0012】
また、請求項6に係る発明は、前記金属蒸着層と前記黒色印刷層との間に表オーバーシートが設けられている請求項1から5何れか記載のカードである。
【0013】
また、請求項7に係る発明は、蛍光印刷層もしくは蛍光反射層と、基材層の間に表オーバーシートが設けられている請求項1から5何れか記載のカードである。
【0014】
また、請求項8に係る発明は、蛍光印刷層と基材層の間に表オーバーシートが設けられている請求項7記載のカードである。
【0015】
また、請求項9に係る発明は、蛍光反射層と基材層の間に表オーバーシートが設けられている請求項7記載のカードである。
【0016】
また、請求項10に係る発明は、前記基材層が有色もしくは透明である請求項1から9何れか記載のカードである。
【0017】
また、請求項11に係る発明は、蛍光印刷層を有さず、前記基材層が有色である請求項10記載のカードである。
【0018】
また、請求項12に係る発明は、基材層、パターン状の蛍光反射層、パターン状の蛍光印刷層、金属蒸着層が順に積層され、蛍光反射層が、前記蛍光印刷層のパターンと同一もしくは前記蛍光印刷層のパターンの端部より周囲に張出領域を設けるように設けられているカードである。
【0019】
また、請求項13に係る発明は、黒色基材層の蛍光印刷層がパターン状に印刷された面と反対側の面に裏オーバーシートが設けられている請求項12記載のカードである。
【0020】
また、請求項14に係る発明は、前記金属蒸着層と前記蛍光印刷層との間に表オーバーシートが設けられている請求項12または13記載のカードである。
【0021】
また、請求項15に係る発明は、前記蛍光反射層と、前記黒色基材層の間に表オーバーシートが設けられている請求項12または13記載のカードである。
【0022】
また、請求項16に係る発明は、前記金属蒸着層の光透過率が5%以上30%以下である請求項1から15何れか記載のカードである。
【発明の効果】
【0023】
本発明の請求項1に係る発明によれば、金属調の質感を有する優れたデザイン性とセキュリティ性を有し、蛍光絵柄の認識性能が十分であるカードを提供することができる。
【0024】
また、請求項2によれば、蛍光印刷層の側面が黒色印刷層であるために、蛍光印刷層の側面からでる蛍光光が黒色印刷層で吸収され、蛍光印刷層のパターンからはみ出る蛍光光を最小限に抑えることができる。
【0025】
また、請求項3によれば、蛍光印刷層のパターンと黒色印刷層のパターンとが境界領域で重なるように積層されているので、蛍光印刷層のパターンからはみ出る蛍光光を黒色印刷層で吸収することができ、蛍光印刷層のパターンからはみ出る蛍光光を最小限に抑えることができる。
【0026】
また、請求項4によれば、蛍光印刷層の背面に蛍光反射層が存在するために、背面に向かった蛍光光を視認方向に反射することが可能になり、蛍光光を強調することが可能になり、蛍光パターンを明瞭とすることができる。
【0027】
また、請求項5によれば、蛍光印刷層がパターン状に印刷された面と反対側の面に裏オ
ーバーシートが設けられているために、蛍光印刷層がパターン状に印刷された面と反対側の表面を保護することが容易になるとともに、基材層側表面を平坦易にすることができる。
【0028】
また、請求項6から9によれば、蛍光印刷層が表オーバーシートに設けられているために、金属蒸着層側表面を保護することが容易になるとともに、金属蒸着層表面を平坦易にすることができる。
【0029】
本発明の請求項10に係る発明によれば、蛍光印刷部と黒色印刷部の明暗差を大きくすることが可能になり、これにより蛍光光を強調することが可能になり、蛍光パターンを明瞭とすることができる。
【0030】
また、請求項11によれば、蛍光印刷部の蛍光光が直接基材層に向かうことになるが、基材層と黒色印刷部の明暗差を大きくすることが可能になり、これにより蛍光光を強調することが可能になり、蛍光パターンを明瞭とすることができる。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

凸版印刷株式会社
紙箱
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装箱
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
カード
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
カード
凸版印刷株式会社
ラベル
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
包装体
凸版印刷株式会社
カード
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装袋
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
成膜装置
凸版印刷株式会社
収納容器
凸版印刷株式会社
ICタグ
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
表示装置
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
調光装置
凸版印刷株式会社
注出口栓
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
包装容器
凸版印刷株式会社
充電装置
続きを見る