TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2021003255
公報種別公開特許公報(A)
公開日20210114
出願番号2019117991
出願日20190626
発明の名称炊飯器
出願人三菱電機株式会社,三菱電機ホーム機器株式会社
代理人個人,個人,個人
主分類A47J 27/00 20060101AFI20201211BHJP(家具;家庭用品または家庭用設備;コーヒーひき;香辛料ひき;真空掃除機一般)
要約【課題】炊飯時に内釜で発生した蒸気が蒸気排出部を通過する際に、蒸気排出部内の水滴が蓋体の上面に向かって勢いよく飛び散る事態を防止できる炊飯器を提供する。
【解決手段】炊飯器は、上面を開口した内釜収納部を有する本体部と、内釜収納部に着脱自在に装着された内釜と、本体部の上面開口を開閉可能に覆う蓋体と、を備えている。蓋体には、内釜内の蒸気を外部へ排出させる蒸気口が外面に形成され、蒸気口と内釜の内部とを連通する中空構造の蒸気排出部が設けられている。蒸気排出部には、蒸気圧の高まりに応じて開閉する保湿弁体が設けられ、保湿弁体と蒸気口との間に、内部に溜まった水滴が外部へ排出されることを抑制する第1空間部が形成され、保湿弁体は、前記蒸気排出部の開口面に対して空隙を持つように弁体部を形成する。
【選択図】図4
特許請求の範囲【請求項1】
上面を開口した内釜収納部を有する本体部と、
前記内釜収納部に着脱自在に装着された内釜と、
前記本体部の上面開口を開閉可能に覆う蓋体と、を備え、
前記蓋体には、前記内釜内の蒸気を外部へ排出させる蒸気口が外面に形成され、前記蒸気口と前記内釜の内部とを連通する中空構造の蒸気排出部が設けられており、
前記蒸気排出部には、保湿弁体が設けられ、前記保湿弁体と前記蒸気口との間に、内部に溜まった水滴が外部へ排出されることを抑制する第1空間部が形成され、
前記保湿弁体は、前記蒸気排出部の開口面に対して空隙を持つように弁体部を形成したことを特徴とする、
炊飯器。
続きを表示(約 990 文字)【請求項2】
前記蓋体は、前記蒸気排出部が取り付けられる外蓋と、
前記外蓋に着脱自在に取り付けられ、前記蓋体で前記本体部の上面開口を閉じた際に、前記内釜の上部開口を閉塞する内蓋と、を備え、
前記内蓋は、前記外蓋に取り付けられる第1内蓋と、前記本体部の上面開口に対向させて前記第1内蓋に取り付けられ、前記第1内蓋との間に空間部を形成する第2内蓋と、を有し、
前記第2内蓋には、前記内釜内の蒸気を前記第1空間部へ導入する蒸気導入穴が形成され、
前記第1内蓋には、前記第1空間部に導入した蒸気を前記蒸気排出部へ排出させる蒸気排出穴が形成されている、請求項1に記載の炊飯器。
【請求項3】
前記蒸気排出部には、前記保湿弁体と前記内釜との間に第2空間部が形成されている、請求項1〜2のいずれか一項に記載の炊飯器。
【請求項4】
前記蒸気排出部は、
前記保湿弁体と前記蒸気口との間に前記第1空間部を形成する筒状の第1蒸気排出部材と、
前記保湿弁体と前記内釜との間に前記第2空間部を形成する筒状の第2蒸気排出部材と、を有し、
前記保湿弁体は、前記第1蒸気排出部材と前記第2蒸気排出部材との間に配置されている、請求項3に記載の炊飯器。
【請求項5】
前記保湿弁体は、
前記第1蒸気排出部材と前記第2蒸気排出部材とに挟持される支持部と、
前記支持部に回動自在に支持され、蒸気圧の高まりに応じて開閉する弁体部と、を有し、
前記第2蒸気排出部材の開口面は、前記弁体部に対して空隙を持つように形成したことを特徴とする、請求項4に記載の炊飯器。
【請求項6】
前記保湿弁体は、前記支持部が前記本体部の前面側に位置するように、前記第1蒸気排出部材と前記第2蒸気排出部材との間に配置されている、請求項5に記載の炊飯器。
【請求項7】
前記弁体部は、前記第2蒸気排出部材の開口面と相似形状である、請求項4〜6のいずれか一項に記載の炊飯器。
【請求項8】
前記第1空間部を形成する前記蒸気排出部には、前記蒸気排出部の内部に溜まった水滴を前記蒸気口の手前で堰き止めるリブが形成されている、請求項1〜7のいずれか一項に記載の炊飯器。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、米等の被加熱物を加熱調理する炊飯器に関するものである。
続きを表示(約 6,200 文字)【背景技術】
【0002】
炊飯器は、上面を開口した内釜収納部を有する本体部と、内釜収納部に着脱自在に装着された内釜と、本体部の上面開口を開閉可能に覆う蓋体と、を備えている。蓋体には、内釜内で発生する蒸気を外部へ排出させる蒸気口が上面に形成されており、蒸気口と内釜の内部とを連通する蒸気排出部が設けられている。
【0003】
例えば特許文献1には、蒸気排出部として蒸気孔セットを設けた炊飯器が開示されている。蒸気孔セットは、椀形のおねば補足ケースと、おねば補足ケースの上面に設けたボス部の内周部に設けられた弁室部材と、弁室部材の内部に収納され、蒸発口の直下に位置する球状の保湿弁体とで構成されている。
【0004】
また、特許文献2には、蒸気排出部に蒸気圧の高まりに応じて開閉する保湿弁体が設けられ、保湿弁体と蒸気口との間に、内部に溜まった水滴が外部へ排出されることを抑制する第1空間部が形成されている炊飯器が提案されている。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特許第3617822号公報
特開2018−153360
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1に開示された炊飯器では、保湿弁体が蒸気口との間に十分な空間が設けられていない。そのため、この炊飯機では、炊飯時に内釜内で発生した蒸気が、おねば補足ケースを通過する際に、おねば補足ケースの内部で内圧が高まると、おねば補足ケースの内部に溜まった水滴が勢いよく蓋体の上面に向かって噴き出し、蓋体の上面が汚れる虞がある。
【0007】
また、特許文献2において、保湿弁体は蒸気排出部の開口を塞ぐような構成となっている。このような炊飯器においては、炊飯時に発生した蒸気が保湿弁体と蒸気口の開口との
接触面で結露し、水滴が溜まりやすい。また、沸騰時の蒸気圧の高まりによって弁体部の開閉動作が激しくなり、弁体部の開閉の動きによって引き起こされる不規則な蒸気の流れによって、結露した水滴が勢いよく蒸気口から飛び出すという現象が起こる。
【0008】
本発明は、上記のような課題を解決するためになされたものであり、炊飯時に内釜内で発生した蒸気が蒸気排出部を通過する際に、蒸気排出部内の水滴が蓋体の上面に向かって勢いよく飛び散る事態を防止できる、炊飯器を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
本発明に係る炊飯器は、上面を開口した内釜収納部を有する本体部と、前記内釜収納部に着脱自在に装着された内釜と、前記本体部の上面開口を開閉可能に覆う蓋体と、を備え、前記蓋体には、前記内釜内の蒸気を外部へ排出させる蒸気口が外面に形成され、前記蒸気口と前記内釜の内部とを連通する中空構造の蒸気排出部が設けられており、前記蒸気排出部には、蒸気圧の高まりに応じて開閉する保湿弁体が設けられ、前記保湿弁体と前記蒸気口との間に、内部に溜まった水滴が外部へ排出されることを抑制する第1空間部が形成され、前記保湿弁体は、前記蒸気排出部の開口面に対して空隙を持つように弁体部を形成したことを特徴とする。
【発明の効果】
【0010】
本発明に係る炊飯器によれば、蒸気圧の高まりに応じて開閉する保湿弁体が蒸気排出部に設けられ、保湿弁体と蒸気口との間に第1空間部が形成されているので、炊飯時に内釜内で発生した蒸気が蒸気排出部を通過して蒸気口から排出される際に、蒸気の勢いを第1空間部で弱めることができる。また、保湿弁体は蒸気排出部の開口面に対して空隙を持つように弁体部を形成し、弁体部と開口部を接触しないようにしているので、弁体部の先端側付近に水滴が付着しないため、弁体部の動きによる水滴の飛び散りを防止することができる。よって、本発明に係る炊飯器は、蒸気排出部内の水滴が蓋体の上面に向かって勢いよく飛び散る事態を防止することができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
本発明の実施の形態1に係る炊飯器を前面側から見た斜視図である。
本発明の実施の形態1に係る炊飯器であって、蓋体を閉じた状態における内部構造を示した縦断面図である。
本発明の実施の形態1に係る炊飯器の蓋体を分解して示した斜視図である。
図2に示したA部拡大図である。
従来の炊飯器の保湿弁体に水滴が付着した図である。
本発明の炊飯器の保湿弁体に水滴が付着した図である。
本発明の実施の形態1に係る炊飯器の蒸気排出部を分解して示した斜視図である。
本発明の実施の形態1に係る炊飯器の第2蒸気排出部材を示した斜視図である。
本発明の実施の形態1に係る炊飯器の保湿弁体を示した平面図である。
図9に示したC−C線矢視断面図である。
本発明のその他の実施例に係る炊飯器の蒸気排出部を示した斜視図である。
本発明のその他の実施例に係る炊飯器の蒸気排出部を示した斜視図である。
本発明の実施の形態1に係る炊飯器の第1内蓋を示した平面図である。
本発明の実施の形態1に係る炊飯器の内蓋を第2内蓋側から見た斜視図である。
【発明を実施するための形態】
【0012】
以下、本発明の実施の形態に係る炊飯器について図面を参照して説明する。なお、この図面の形態によって本発明が限定されるものではない。また、以下の図面では各構成部材の大きさの関係が実際のものとは異なる場合がある。
【0013】
実施の形態1.
図1は、本発明の実施の形態1に係る炊飯器を前面側から見た斜視図である。図2は、本発明の実施の形態1に係る炊飯器であって、蓋体を閉じた状態における内部構造を示した縦断面図である。図3は、本発明の実施の形態1に係る炊飯器の蓋体を分解して示した斜視図である。図1〜図3に示す実施の形態1に係る炊飯器100は、被加熱物(例えば米及び水)を加熱して炊き上げる家庭用炊飯器である。炊飯器100は、図1〜図2に示すように、上面を開口した内釜収納部10を内部に有する本体部1と、内釜収納部10に着脱自在に装着された内釜5と、ヒンジ機構部11によって本体部1に回動自在に連結されて本体部1の上面開口を開閉可能に覆う蓋体2と、を備えている。
【0014】
本体部1は、図2に示すように、外観が有底筒状とされ、内釜5を内部に着脱自在に装着する内釜収納部10と、内釜5を誘導加熱する加熱コイル13と、内釜5の温度を検知する鍋底温度センサー14と、内釜5の胴部を加熱させる胴ヒーター15と、を有する。本体部1は、内蔵された制御部(図示は省略)によって、各部及び各装置を駆動制御して炊飯工程を実行する。
【0015】
本体部1の前面側には、蓋体2の開閉を行う蓋開閉ボタン12が設けられている。使用者は、蓋開閉ボタン12を押すことで、蓋体2の閉状態が解除され、本体部1を開口させることができる。
【0016】
内釜5は、図2に示すように、有底円筒形状を有し、誘導加熱により発熱する炭素材で構成される。なお、内釜5は、例えばセラミック等の非金属材料で形成される容器(いわゆる土鍋)またはアルミ等の金属鋳造容器であっても良い。内釜5の内部には、被加熱物である米及び水が収容される。内釜5は、開口縁に沿って外側へ向かって突出するフランジ部5aが全周にわたって設けられている。
【0017】
蓋体2の上面部には、操作表示部16が配置されている。操作表示部16は、使用者からの操作入力を受け付けるとともに、操作入力に関する情報及び炊飯器100の動作状態を表示する。なお、図1に示した操作表示部16の具体的構成や配置は一例であり、本発明を限定するものではない。例えば、操作表示部16は、本体部1の前面に設けてもよい。
【0018】
制御部は、鍋底温度センサー14及び操作表示部16からの出力に基づいて、加熱部に通電する高周波電流の制御など、炊飯器100の動作全般を制御する。制御部は、その機能を実現する回路デバイスのようなハードウェアで構成することができ、またはマイコンやCPUのような演算装置と、その上で実行されるソフトウェアとにより構成することもできる。制御部は、制御基板に実装され、内釜収納部10に固定される。
【0019】
蓋体2は、本体部1の上面開口を開閉可能に覆うものである。蓋体2は、図2に示すように、蓋体2の上部を構成する外蓋3と、外蓋3に着脱自在に取り付けられ、蓋体2で本体部1の上面開口を閉じた際に、内釜5の上部開口を閉塞する内蓋4と、を有している。内蓋4は、内釜5に対向する部分である外蓋3の下部に、内蓋係止部31bを介して取り付けられている。
【0020】
蓋体2は、外蓋3の一端部がヒンジ機構部11によって本体部1の上部に連結されている。ヒンジ機構部11は、ヒンジ軸11aと、ヒンジバネ11bとを有する。蓋体2は、ヒンジバネ11bによって、本体部1から離れて本体部1の開口を開く方向に付勢されている。そして、蓋体2は、閉じた状態で蓋開閉ボタン12が押下されると、ヒンジバネ11bの付勢力により、ヒンジ軸11aを中心として回転し、本体部1から離れる。これにより、本体部1は、開口が開かれる。
【0021】
外蓋3と内蓋4との間には、図2に示すように、加熱手段として、蓋ヒーター板17と、蓋ヒーター板17の上面に取り付けられた蓋ヒーター18と、が設けられている。蓋ヒーター18は、制御部によって通電制御され、特に、保温時に上方から内釜5の内部に収納した被加熱物を加熱する。蓋ヒーター板17は、蓋体2を閉じると内蓋4に接触し、蓋体2を開くと内蓋4との接触が解除される。
【0022】
外蓋3は、蓋体2の外面を形成する上蓋30と、上蓋30よりも本体部1の上面開口側に配置された下蓋31と、で構成されている。蓋体2の上面に設けられた操作表示部16は、上蓋30に設けられている。
【0023】
上蓋30は、本体部1の上面開口側を凹ませた凹形状から成り、凹内部に下蓋31が配置されている。上蓋30には、炊飯時に内釜5内で発生した蒸気を外部へ排出させるための蒸気口20が本体部1の背面側に形成されている。
【0024】
下蓋31には、図3に示すように、上蓋30に形成された蒸気口20と同じ位置に、蒸気口20と内釜5の内部とを連通させる開口部31aが形成されている。開口部31aには、蒸気口20と内釜5の内部とを連通する中空構造の蒸気排出部6が嵌め込まれている。蒸気排出部6は、ネジ穴を有する突起部6aが外側面に設けられており、突起部6aのネジ穴にネジ込んだネジ部材6bを、下蓋31の上面に形成されたネジ穴6cにネジ込んで下蓋31に固定されている。また、下蓋31には、図2及び図3に示すように、内蓋4を着脱自在に取り付けるための内蓋係止部31bが設けられている。また、下蓋31は、ヒンジ機構部11によって本体部1に連結される。
【0025】
次に、図4〜図10に基づいて本発明の実施の形態1に係る炊飯器の蒸気排出部の構成を詳細に説明する。図4は、図2に示したA部拡大図である。図7は、本発明の実施の形態1に係る炊飯器の蒸気排出部を分解して示した斜視図である。図6は、本発明の実施の形態1に係る炊飯器の第2蒸気排出部材を示した斜視図である。図9は、本発明の実施の形態1に係る炊飯器の保湿弁体を示した平面図である。図10は、図9に示したC−C線矢視断面図である。
【0026】
蒸気排出部6は、図4及び図7に示すように、筒状の第1蒸気排出部材7と、筒状の第2蒸気排出部材8と有している。蒸気排出部6には、第1蒸気排出部材7と第2蒸気排出部材8との間に配置され、蒸気圧の高まりに応じて中空内部を開閉する保湿弁体9が設けられている。
【0027】
第1蒸気排出部材7は、図4及び図7に示すように、保湿弁体9と蒸気口20との間に第1空間部60を形成するものである。第1蒸気排出部材7は、蒸気口20に向かうにつれて径方向に窄まる形状で構成されている。第1蒸気排出部材7には、蒸気口20と対向する開口面を、第1空間部60の内径よりも小径にする天面部7aが設けられ、天面部7aから蒸気口20に向かって突き出す中空構造の挿入部7bが設けられている。挿入部7bは、蒸気口20の口径と略同一の外径を有し、蒸気口20に挿入されている。つまり、第1蒸気排出部材7に天面部7aを設けることによって、炊飯時に内釜5内で発生した蒸気が、蒸気排出部6を通過して蒸気口20から排出される際に、蒸気の勢いで飛び散る蒸気排出部6内の水滴を天面部7aに衝突させることができ、該水滴が蓋体2の上面に向かって勢いよく飛び散る事態を防止することができる。
【0028】
また、図4に示すように、保湿弁体9と蒸気排出部6との間には空隙部81が形成されている。空隙部81があることによって、保湿弁体9と蒸気排出部との接触面付近に水滴が付着しにくくなる。図5、図6は、図4の保湿弁体9と蒸気排出部6に水滴93の付着の状態を図5従来及び図6本発明の水滴の付着例を示す。図5従来例では弁体部90と開口面80との接触面付近に水滴が付着しており、保湿弁体9と開口部80の間の蒸気の流れ及び水滴93が付着した保湿弁体9の動きによって水滴93が飛び散り蒸気口20から飛び出してしまう。一方図6本発明では空隙部81のため弁体部90と開口面80付近に水滴が付着しないので、保湿弁体9の動きによって水滴93が飛び散り蒸気口20から飛び出すことがない。これによって、保湿弁体の動きによる水滴の飛び散りを防止することができる。
【0029】
天面部7aの上面には、図4に示すように、挿入部7bの周囲を囲う突起部7eが設けられている。天面部7aは、上蓋30の下面に設けられた位置決め溝部30aに突起部7eが嵌め込まれて上蓋30に位置決めされている。
【0030】
天面部7aの下面には、図4に示すように、第1空間部60に向かって突き出すリブ7cが形成されている。リブ7cは、蒸気排出部6内に溜まった水滴を蒸気口20の手前で堰き止めるものである。なお、リブ7cは、天面部7aの下面に設けた構成に限定されない。詳細に図示することは省略したが、第1蒸気排出部材7の内側面に設けた構成でもよい。要するに、リブ7cは、蒸気排出部6の内部に溜まった水滴を蒸気口20の手前で堰き止めることができれば、他の構成でもよい。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

三菱電機株式会社
遮断器
三菱電機株式会社
緩衝材
三菱電機株式会社
計算機
三菱電機株式会社
冷蔵庫
三菱電機株式会社
除湿機
三菱電機株式会社
冷蔵庫
三菱電機株式会社
変圧器
三菱電機株式会社
吸込具
三菱電機株式会社
包装箱
三菱電機株式会社
調理器
三菱電機株式会社
炊飯器
三菱電機株式会社
回転電機
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
スタータ
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
空調装置
三菱電機株式会社
照明装置
三菱電機株式会社
回転電機
三菱電機株式会社
表示装置
三菱電機株式会社
照明装置
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
スタータ
三菱電機株式会社
回転電機
三菱電機株式会社
照明装置
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
発光装置
三菱電機株式会社
給湯装置
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
中継装置
三菱電機株式会社
電源回路
三菱電機株式会社
照明器具
三菱電機株式会社
復号装置
三菱電機株式会社
回転電機
三菱電機株式会社
回転電機
三菱電機株式会社
スタータ
続きを見る