TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2020159688
公報種別公開特許公報(A)
公開日20201001
出願番号2020116050
出願日20200706
発明の名称冷蔵庫
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類F25D 25/00 20060101AFI20200904BHJP(冷凍または冷却;加熱と冷凍との組み合わせシステム;ヒートポンプシステム;氷の製造または貯蔵;気体の液化または固体化)
要約【課題】冷蔵庫本体が持つ本来の容積を効率よく生かして、大容量、かつ、使い勝手の良い冷蔵庫の提供。
【解決手段】冷蔵庫本体1と、前記冷蔵庫本体の最上部に設けた回転式扉によって開閉する冷蔵室3と、前記冷蔵室の下方に設けた少なくとも三つの引出式の貯蔵室とを備え、前記冷蔵室の直下に設けた第1引出し貯蔵室4はその下方の他の第2、第3引出し貯蔵室5、6と同様冷蔵庫本体横幅一杯の貯蔵室と扉とするとともに、前記第1引出し貯蔵室4の引出し容器10は前記他の第2、第3引出し貯蔵室5、6の引出し容器11、12と同様三段構造のレール装置14によって容器後端部まで冷蔵庫本体外に引き出し可能とした構成としてある。これにより、蔵庫本体が持つ本来の容積を効率よく生かして、大容量、かつ、使い勝手の良い冷蔵庫とすることができる。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
冷蔵庫であって、
前記冷蔵庫の最上部に設けられている、観音開き式の扉を有する冷蔵室と、
前記冷蔵室の下方に設けられている、引出し式の扉を有する第1の貯蔵室と、
前記第1の貯蔵室の下方に設けられている、引出し式の扉を有する第2の貯蔵室と、
前記第2の貯蔵室の下方に設けられている、引出し式の扉を有する第3の貯蔵室とを備え、
前記第1の貯蔵室の横幅と、前記第2の貯蔵室の横幅と、前記第3の貯蔵室の横幅は、前記冷蔵庫の横幅一杯の寸法であり、
前記第1の貯蔵室の扉と前記第2の貯蔵室の扉と前記第3の貯蔵室の扉とが占める面積の合計が、前記観音開き式の扉が占める面積よりも大きく、
前記第1の貯蔵室に第1の容器が設けられ、前記第1の容器の後端が前記冷蔵庫の庫外に位置するまで前記第1の貯蔵室を引出し可能であり、
前記第2の貯蔵室に第2の容器が設けられ、前記第2の容器の後端が前記冷蔵庫の庫外に位置するまで前記第2の貯蔵室を引出し可能であり、
前記第3の貯蔵室に第3の容器が設けられ、前記第3の容器の後端が前記冷蔵庫の庫外に位置するまで前記第3の貯蔵室を引出し可能であり、
前記第2の貯蔵室の引出し寸法と前記第3の貯蔵室の引出し寸法は略同一寸法であり、
前記第1の貯蔵室の引出し寸法は、前記第2の貯蔵室の引出し寸法、及び、前記第3の貯蔵室の引出し寸法よりも短いことを特徴とする冷蔵庫。
続きを表示(約 290 文字)【請求項2】
前記第1の容器は、仕切壁によって第1のゾーンと第2のゾーンとに区画されていることを特徴とする請求項1に記載の冷蔵庫。
【請求項3】
前記第1のゾーンは氷を溜める貯氷ゾーンであり、前記第2のゾーンは食品を冷凍保存する冷凍ゾーンであることを特徴とする請求項2に記載の冷蔵庫。
【請求項4】
前記仕切壁は、任意の位置に固定可能であることを特徴とする請求項2又は3に記載の冷蔵庫。
【請求項5】
前記第2の貯蔵室は冷凍室であり、前記第3の貯蔵室は野菜室であることを特徴とする請求項1から4のいずれか1項に記載の冷蔵庫。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は冷蔵庫に関し、特に冷蔵庫内の貯蔵室構造に関するものである。
続きを表示(約 6,200 文字)【背景技術】
【0002】
一般に冷蔵庫は複数の貯蔵室を有しており、その一つは回転式の扉で開閉する貯蔵室とし、残りの貯蔵室は引出しによって開閉する引出式の貯蔵室としてある。そして、これら各貯蔵室は冷却温度帯を異ならせて、冷蔵室、冷凍室、野菜室等と称して使用している(例えば、特許文献1参照)。
【0003】
図14は上記特許文献1記載の冷蔵庫を示し、この冷蔵庫は冷蔵庫本体101内に複数の貯蔵室を有し、最上部の貯蔵室は観音開き式扉によって開閉する冷蔵室102とし、その下方の各貯蔵室は三段に亘って設け、それぞれ引出式の貯蔵室としてある。そしてこの引出式の各貯蔵室は、上部、即ち冷蔵室102直下から順に、切替室103とその横に位置する製氷室104、その下方に位置する冷凍室105、更にその下方に位置する野菜室106としてある。
【0004】
このような構造の冷蔵庫は、使用者のお腹付近から下方に位置する貯蔵室、即ち切替室103とその横に位置する製氷室104、冷凍室105、野菜室106が引出式の貯蔵室となっているので、これらの下方に位置する貯蔵室への食材の出し入れは当該貯蔵室を構成する引出式の容器を冷蔵庫本体101の外まで引き出すことによって行うことができるので容易になり、使い勝手が良い。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0005】
特開2012−57882号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0006】
特許文献1に記載の冷蔵庫の場合、上記切替室103と製氷室104の左右二枚に分かれた扉によってできる垂直線は、外観デザイン上の観点からその上方に位置する冷蔵室102の観音開き式扉の左右扉突合せ線と一致させて一直線状とするため、冷蔵庫本体101の上下半分以上を占めることになる冷蔵室と第1貯蔵室を加えた面積部分に上下方向の直線が存在する形となって、縦長のイメージが強いものとなってしまう。そのため、冷蔵庫全体のイメージが大容量の割にスッキリ感および幅広感のないコンパクトなイメージを与えるものになってしまうという面があった。
【課題を解決するための手段】
【0007】
本発明の冷蔵庫は、前記冷蔵庫の最上部に設けられている、観音開き式の扉を有する冷蔵室と、前記冷蔵室の下方に設けられている、引出し式の扉を有する第1の貯蔵室と、前記第1の貯蔵室の下方に設けられている、引出し式の扉を有する第2の貯蔵室と、前記第2の貯蔵室の下方に設けられている、引出し式の扉を有する第3の貯蔵室とを備え、前記第1の貯蔵室の横幅と、前記第2の貯蔵室の横幅と、前記第3の貯蔵室の横幅は、前記冷蔵庫の横幅一杯の寸法であり、前記第1の貯蔵室の扉と前記第2の貯蔵室の扉と前記第3の貯蔵室の扉とが占める面積の合計が、前記観音開き式の扉が占める面積の合計よりも大きく、前記第1の貯蔵室に第1の容器が設けられ、前記第1の容器の後端が前記冷蔵庫の庫外に位置するまで前記第1の貯蔵室を引出し可能であり、前記第2の貯蔵室に第2の容器が設けられ、前記第2の容器の後端が前記冷蔵庫の庫外に位置するまで前記第2の貯蔵室を引出し可能であり、前記第3の貯蔵室に第3の容器が設けられ、前記第3の容器の後端が前記冷蔵庫の庫外に位置するまで前記第3の貯蔵室を引出し可能であり、前記第2の貯蔵室の引出し寸法と前記第3の貯蔵室の引出し寸法は略同一寸法であり、前記第1の貯蔵室の引出し寸法は、前記第2の貯蔵室の引出し寸法、及び、前記第3の貯蔵室の引出し寸法よりも短いことを特徴とする。
【発明の効果】
【0008】
本発明は上記構成によって、幅広のイメージがより強い冷蔵庫とすることができる。
【図面の簡単な説明】
【0009】
本発明の実施の形態1における冷蔵庫の外観斜視図
同実施の形態1における冷蔵庫の引出し式容器を引き出した時の外観斜視図
同実施の形態1における冷蔵庫の引出し式容器を引き出した時の側面図
同実施の形態1における冷蔵庫の引出し式容器を引き出した時の平面図
同実施の形態1における冷蔵庫の第1貯蔵室部分の構造を示す斜視図
同実施の形態1における冷蔵庫の第1貯蔵室部分の構造を示す分解斜視図
同実施の形態1における冷蔵庫の第1貯蔵室部分の断面図
同実施の形態1における冷蔵庫の第1貯蔵室における引出レール装置部分を示す拡大断面図
同実施の形態1における冷蔵庫の第1貯蔵室における引出し容器と三段構造のレール装置を示す斜視図
(a)同実施の形態1における冷蔵庫の第1貯蔵室に設ける三段構造のレール装置の縮小時の斜視図、(b)同三段構造のレール装置の伸長時の斜視図
(a)同実施の形態1における冷蔵庫の第1貯蔵室の引出し容器を上方から見た斜視図、(b)同引出容器を下方から見た斜視図
(a)同実施の形態1における冷蔵庫の第1貯蔵室の引出し容器を示す平面図、(b)同引出し容器の側面図
同実施の形態2における冷蔵庫の引出し式容器を引き出した時の側面図
従来の冷蔵庫を示す正面図
【発明を実施するための形態】
【0010】
第1の発明は、冷蔵庫本体と、前記冷蔵庫本体の最上部に設けた回転式扉によって開閉する冷蔵室と、前記冷蔵室の下方に設けた少なくとも三つの引出式の貯蔵室とを備え、前記冷蔵室の直下に設けた引出式の第1貯蔵室はその下方の引出し式の他の第2、第3の貯蔵室と同様冷蔵庫本体横幅一杯の貯蔵室と扉にするとともに、前記第1貯蔵室の引出し容器は前記他の第2、第3貯蔵室の引出し容器とともに三段構造のレール装置によって容器後端部まで冷蔵庫本体外に引き出し可能とした構成としてある。
【0011】
これにより、冷蔵室直下に設けた引出式の第1貯蔵室は一つの部屋となるので左右二室に区画する仕切壁が無くなる分だけ容積が大きくなる。しかも、一つの部屋としたことにより第1貯蔵室を構成する引出し容器を引き出すレール装置は左右一組のみとすることができるのでレール装置が占めるスペースも減少し、更には第1貯蔵室のレール装置を三段構造のレール装置としても三段構造のレール装置としたことによるレール装置設置スペースの増大分を補ってなお第1貯蔵室の容積を大きくすることができ、冷蔵庫本体が持つ本来の左右容積を効率よく生かした大容量の貯蔵室とすることができる。
【0012】
加えて冷蔵室直下の第1貯蔵室を一つの部屋としたことにより第1貯蔵室を構成する引出し容器を引き出すレール装置は、既述した通り左右一組のみとして当該レール装置が占めるスペースを減少し、それを利用して引出レール装置を三段構造のレール装置として容器後端部まで冷蔵庫本体外に引き出し可能とすることができるので、第1貯蔵室への食材の出し入れがこれより下方に位置する他の引出し式貯蔵室への食材の出し入れと同様容易なものとなり、使い勝手も良いものとなる。
【0013】
更に、前記第1貯蔵室の扉は冷蔵庫本体の左右幅いっぱいの一枚の扉となるから、第1貯蔵室の扉上下の水平線の間に垂直線が入らないスッキリとした外観とすることができるとともに、垂直線は冷蔵室の面積部分のみとなって縦長なイメージも和らぎ、大容量に見合う幅広ビッグなイメージとすることができる。特に第1の貯蔵室の扉がその下方の他の貯蔵室の扉と同様に冷蔵庫本体の左右幅いっぱいの一枚の扉となってこれら各扉合計面積が占める割合が、冷蔵室の観音開き式扉が占める扉面積よりも大きくなるので、横幅の広い大きなイメージがより強くなり、大容量冷蔵庫にふさわしい幅広ビッグのイメージを持たせることができる。
【0014】
第2の発明は、第1の発明において、前記第1貯蔵室の引出し容器はその引出し寸法を他の第2、第3の貯蔵室の引出し容器の引出し寸法と略同一寸法とした構成としてある。
【0015】
これにより、第1貯蔵室の引出し寸法とその下方の他の引出し貯蔵室の引出し寸法の違いによって生じる違和感を解消することができるとともに、第1貯蔵室から引き出した引出し容器の扉前面はその下方に位置する他の第2、第3の貯蔵室の引出し容器の扉前面と略同一面となり、引出し容器を全部引出して展示等する時の見栄えもよいものとすることができる。
【0016】
第3の発明は、第1の発明において、前記第1貯蔵室の引出し容器はその引出し寸法を他の第2、第3の貯蔵室の引出し容器の引出し寸法より短く設定した構成としてある。
【0017】
これにより、第1貯蔵室の引出し容器を浅いものとしていてもこの引出し容器が浅いことにより生じる容器引き出し時の見た目の安定性が悪くなる印象を低減することができる。また、第1の貯蔵室は中段に位置し使用者の視線が斜めとなるため、容器の奥まで見渡せる。
【0018】
第4の発明は、第1〜第3の発明において、前記第1貯蔵室の引出し容器は少なくとも三段構造のレール装置で支持する側壁面を下すぼまり傾斜状に形成するとともに、前記三段構造のレール装置は前記下すぼまり傾斜した側壁面の下部側方に配置した構成としてある。
【0019】
これにより、三段構造のレール装置は引出し容器の下すぼまり傾斜によって形成される空間にその一部が収まる形となるので、二段レール装置に比べ設置スペースが大きくなる分を前記引出し容器の下すぼまり傾斜によって形成される空間で相殺することができ、三段構造のレール装置を用いることによる容積減を抑制しつつ第1貯蔵室の引出し容器の引出し寸法を大きくして使い勝手を向上させることができる。
【0020】
第5の発明は、第1〜第4の発明において、前記第1貯蔵室は第1貯蔵室を構成する引出し容器の下部側面と対向する部分に外方へ窪む凹部を設け、この凹部に三段構造のレール装置を設置した構成としてある。
【0021】
これにより、三段構造のレール装置の一部が凹部に収まる形となるので、二段レール装置に比べ設置スペースが大きくなる分を凹部に収めることによって相殺することができ、三段構造のレール装置を用いることによる容積減を抑制しつつ第1貯蔵室の引出し容器の引出し寸法を大きくして使い勝手を向上させることができる。特に、前記第4の発明との組み合わせ構成としたものは、引出し容器の下すぼまり傾斜によって形成される空間での相殺効果と、凹部に収めることによって生じる相殺効果とが合わさって三段構造のレール装置による容積減を効果的に抑制することができ、第1貯蔵室の容積をより大きなものとすることができる。
【0022】
第6の発明は、第1〜第5の発明において、前記第1貯蔵室の引出し容器は容器内を左右に区切る仕切壁を有する構成としてある。
【0023】
これにより、引出し容器の左右いずれか一方を貯氷ゾーンとして利用するとともに他方は冷凍ゾーンとして利用でき、第1貯蔵室の扉を冷蔵庫本体の横幅一杯の一枚ものとしていても従来の二室に区画形成したものと同様の使用が可能となるとともに、冷蔵室の観音開き式左右扉によって生じる分割線にとらわれることなく引出し容器内の仕切壁位置を設定することができ、貯氷ゾーンの容積を大きくして多量の氷を溜めることができ使い勝手の良い冷蔵庫とすることもできる。
【0024】
第7の発明は、第6の発明において、前記仕切壁は引出し容器と別体構成として引出し容器内の左右任意位置で固定可能な構成としてある。
【0025】
これにより、仕切壁を引出し容器内で左右に移動させ任意の位置に固定することにより、氷を多く必要とするときには貯氷ゾーンを広げ、そうでないときは貯氷ゾーンを狭く冷凍ゾーンを大きくして冷凍ゾーンに多くの食材を収納するなどの使い分けができ、より使い勝手の良い冷蔵庫とすることができる。
【0026】
第8の発明は、冷蔵庫本体と、前記冷蔵庫本体の最上部に設けた回転式扉によって開閉する冷蔵室と、前記冷蔵室の下方に設けた少なくとも三つの引出式の貯蔵室とを備え、前記冷蔵室の直下に設けた引出式の第1貯蔵室はその下方の引出し式の他の第2、第3の貯蔵室と同様冷蔵庫本体横幅一杯の貯蔵室と扉にし、かつ、前記第1貯蔵室の引出し容器はその一部に氷を溜める貯氷ゾーンを設けるとともに、前記他の第2、第3貯蔵室の引出し容器とともに三段構造のレール装置によって容器後端部まで冷蔵庫本体外に引き出し可能として貯氷ゾーン奥の氷を冷蔵庫本体外で取り出せるように構成してある。
【0027】
これにより、第1の発明と同様冷蔵庫本体が持つ本来の容積を効率よく生かして、大容量、かつ、使い勝手の良い冷蔵庫とすることができるとともに、しばらく取り出さずに溜め置いたままにすると固まって取り出しにくくなるという特殊な特性を持つ氷であっても、貯氷ゾーンを設けた引出し容器の後端部を冷蔵庫本体の外まで引き出せるので容易に取り出すことができ、冷蔵庫としての使い勝手を飛躍的に向上させることができる。
【0028】
以下、本発明の実施の形態について図面を用いて詳細に説明する。なお、この実施の形態によって本発明が限定されるものではない。
【0029】
(実施の形態1)
図1は本発明の実施の形態1における冷蔵庫の外観斜視図、図2は同冷蔵庫の引出し式容器を引き出した時の外観斜視図、図3は同冷蔵庫の引出し式容器を引き出した時の側面図、図4は同冷蔵庫の引出し式容器を引き出した時の平面図、図5は同冷蔵庫の第1貯蔵室部分の構造を示す斜視図、図6は同冷蔵庫の第1貯蔵室部分の構造を示す分解斜視図、図7は同冷蔵庫の第1貯蔵室部分の断面図、図8は同冷蔵庫の第1貯蔵室における三段構造のレール装置部分を示す拡大断面図、図9は同冷蔵庫の第1貯蔵室における引出し容器と三段構造のレール装置を示す斜視図、図10(a)は同冷蔵庫の第1貯蔵室に設ける三段構造のレール装置の縮小時の斜視図、(b)は同三段構造のレール装置の伸長時の斜視図、図11(a)は同冷蔵庫の第1貯蔵室の引出し容器を上方から見た斜視図、(b)は同引出容器を下方から見た斜視図、図12(a)は同冷蔵庫の第1貯蔵室の引出し容器を示す平面図、(b)は同引出し容器の側面図である。
【0030】
図1から図12において、本実施の形態にかかる冷蔵庫は、発泡断熱材を充填して構成した冷蔵庫本体1内に複数の貯蔵室を区画して構成してある。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
床材
パナソニックIPマネジメント株式会社
電池
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
コア
パナソニックIPマネジメント株式会社
電池
パナソニックIPマネジメント株式会社
床材
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
抵抗器
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
乾燥機
パナソニックIPマネジメント株式会社
炊飯器
パナソニックIPマネジメント株式会社
遮断弁
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
モータ
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
天井扇
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
モータ
パナソニックIPマネジメント株式会社
感知器
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
圧縮機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷凍機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
樹脂管
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
続きを見る