TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2020153577
公報種別公開特許公報(A)
公開日20200924
出願番号2019052057
出願日20190320
発明の名称送風機
出願人パナソニックIPマネジメント株式会社
代理人個人,個人
主分類F24F 7/00 20060101AFI20200828BHJP(加熱;レンジ;換気)
要約【課題】フィルターユニットが確実に正規の位置に取付き、誤取付けを防止した送風機を提供することを目的とする。
【解決手段】外郭を形成する筐体2と、筐体2の内部に空気を取り入れるための吸込口5を有するルーバー3と、吸込口5を介して筐体2の内部に空気を吸い込む送風部12と、ルーバー3と送風部12との間に設けられ吸込口5から吸込まれた空気を浄化するフィルターユニット10と、備え、フィルターユニット10は、フィルターユニット10の上流面からルーバー3に向けて立設して先端がルーバー3と接触する突出部を備え、フィルターユニット10の給気口面17への正常固定時においてフィルターユニット10と接触する給気口面17からルーバー3の下流面までの距離が、フィルターユニット10の給気口面17と接触するフィルターユニット10の下流面から第一突出部23、第二突出部24の先端までの距離と一致する送風機を提供する。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
外郭を形成する筐体と、
前記筐体内部に空気を取り入れるための吸込口を有するルーバーと、
給気口を有し前記吸込口及び前記給気口を介して前記筐体内部に空気を吸い込む送風部と、
前記ルーバーと前記送風部との間に設けられ前記吸込口から吸込まれた空気を浄化するフィルターユニットと、備え、
前記フィルターユニットは、
前記フィルターユニットの上流面から前記ルーバーに向けて立設して先端が前記ルーバーと接触する突出部を備え、
前記フィルターユニットの前記給気口への正常固定時において前記フィルターユニットと接触する給気口面から前記ルーバーの下流面までの距離が、前記フィルターユニットの前記給気口と接触するフィルター下流面から前記突出部の先端までの距離と一致する送風機。
続きを表示(約 630 文字)【請求項2】
前記給気口と前記フィルターユニットとを着脱可能に固定する固定構造を備え、
前記固定構造は、
前記給気口面と前記フィルター下流面とが接触した状態にて前記フィルターユニットを前記給気口に正常固定する請求項1記載の送風機。
【請求項3】
前記突出部は、
前記フィルターユニットの外周縁部と前記外周縁部に対向する外周対向縁部とに設けられた請求項1または2記載の送風機。
【請求項4】
前記固定構造は、
前記フィルターユニットの外周に設けられた第一の固定部と、
前記給気口に設けられ前記第一の固定部と係合する第二の固定部と、を備えた請求項2に記載の送風機。
【請求項5】
前記固定構造は、
複数の前記第一の固定部と、
複数の前記第一の固定部に対応する複数の前記第二の固定部と、を備え、
少なくとも前記第一の固定部が対向する位置に設けられた請求項2または4記載の送風機。
【請求項6】
前記第一の固定部は、
前記フィルターユニットの外周からさらに外周側に突出する爪部であり、
前記第二の固定部は、
前記爪部が挿入される開口である請求項4または5記載の送風機。
【請求項7】
前記突出部は、
前記第一の固定部の上流側直線上に設けられた請求項4から6のいずれかに記載の送風機。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、筐体内に吸い込まれた空気を浄化するフィルターユニットを備えた送風機に関するものである。
続きを表示(約 4,400 文字)【背景技術】
【0002】
従来の送風機のフィルター取付け装置は、フィルターユニットをボルトや治具などを用いて固定していた(例えば下記特許文献1)。
【0003】
従来のフィルター取付け装置の構成を図8に示す。
【0004】
図8に示す送風機101は、ファン102と吹き出し口103とフィルター104などが設けられている。
【0005】
フィルター104は押さえ板106の第1平板部106aの先端をフィルター104の端縁部に係合させ、また差込みブロック106dの頂部を、フィルター104を囲繞する壁部の内周面108に線接触させている。この状態で、ナット107を締めつける。これによって、フィルター104を吹き出し口103の外周に形成された取付基部105に固定配置される。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0006】
実開平6−11819号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0007】
このような従来の送風機においては、内部への埃や異物などの侵入を防ぐためにフィルターユニットが内蔵されているが、フィルターユニットの取付けが複雑であるという課題があった。また、シンプルな嵌め込み式のフィルターユニットの場合、容易にフィルターユニットを取付けできるものの、フィルターユニットが正常固定時の位置に取付いておらず、そのまま使用されるという課題を有していた。
【0008】
そこで本発明は、上記従来の課題を解決するものであり、フィルターユニットを容易に正常固定時の位置に取付けることができる送風機を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0009】
そして、この目的を達成するために、本発明に係る送風機は、外郭を形成する筐体と、前記筐体内部に空気を取り入れるための吸込口を有するルーバーと、給気口を有し前記吸込口及び前記給気口を介して前記筐体内部に空気を吸い込む送風部と、前記ルーバーと前記送風部との間に設けられ前記吸込口から吸込まれた空気を浄化するフィルターユニットと、備え、前記フィルターユニットは、前記フィルターユニットの上流面から前記ルーバーに向けて立設して先端が前記ルーバーと接触する突出部を備え、前記フィルターユニットの前記給気口への正常固定時において前記フィルターユニットと接触する給気口面から前記ルーバーの下流面までの距離が、前記フィルターユニットの前記給気口と接触するフィルター下流面から前記突出部の先端までの距離と一致するものであり、これにより所期の目的を達成するものである。
【発明の効果】
【0010】
本発明によれば、フィルターユニットを容易に正常固定時の位置に取付けることができる。
【図面の簡単な説明】
【0011】
本発明に係る送風機の外観斜視図
本発明に係る送風機のルーバーを示す外観斜視図
本発明に係る送風機の筐体内部を示す概略図
本発明に係る送風機のフィルターユニットを取外した状態の筐体内部を示す概略図
本発明に係る送風機のフィルターユニットを示す概略図
本発明に係る送風機のフィルターユニットの着脱手順を示す概略断面図
本発明に係る送風機のフィルターユニットが正常固定時の位置にない状態を示す概略断面図
フィルター取付け装置の構成を示す概略断面図
【発明を実施するための形態】
【0012】
以下、添付図面を参照して本発明の実施の形態につき説明し、本発明の理解に供する。なお、以下の実施の形態は、本発明を具体化した一例であって、本発明の技術的範囲を限定するものではない。また、全図面を通して、同一の部位については同一の符号を付して二度目以降の説明を省略している。
【0013】
(実施の形態)
まず、図1を用いて送風機1の概要を説明する。なお、図1は、送風機1の外観斜視図である。図1に示すように、送風機1は、外郭を形成する筐体2と、筐体2の下面にルーバー3を備えている。送風機1は、設置時には例えば天井に配置され、筐体2を天井板から上方に格納し、ルーバー3を室内側に対向させて天井板と略同一平面上に設けられる。天井のみでなく、壁に配置される場合もある。壁に配置される場合には、室内を基準として筐体2を壁板の外側に格納し、壁板と略同一平面上にルーバー3が設けられる。
【0014】
次に、図2を用いてルーバー3の構成について説明する。なお、図2(a)はルーバー3の上流面、図2(b)はルーバー3の下流面を示している。ここで、ルーバー3における上流面とは、例えば設置時に室内側に対向する面を、下流面とは筐体2側に対向する面を指す。
【0015】
ルーバー3は、円形平面部4と、変向部8と、吸込口5と、外周ルーバー3bと、吹出口6とを備える。
【0016】
円形平面部4は、ルーバー3の中央に円形の平面板として設けられる。円形平面部4は、スリット等は設けられておらず、すなわち空気を通過させない。円形平面部4の外周側には、変向部8が設けられている。
【0017】
変向部8は、中心を円形平面部4と共通、すなわち同心円として形成され、中空円形状、すなわちドーナツ形状を有する。変向部8は、中央の開口部に円形平面部4を位置させることで変向部8の内周と円形平面部4の外周との間に吸込口5を形成する。変向部8は、外周端を形成する平面が円形平面部4とほぼ同一平面上に設けられ、内周端を形成する平面は円形平面部4よりも筐体2側に位置して構成されている。つまり、変向部8の内周と円形平面部4の外周との間に形成される吸込口5は、円形平面部4と同一平面状ではなく、円形平面部4の外周端を内周側の基準として、外周方向に向かうにつれて漸次筐体2側に向かう傾斜構造を有している。変向部8は、内周端にて下流面から筐体2側に向けて起立する円形の仕切部7が設けられ、変向部8の外周には、外周ルーバー3bが設けられている。
【0018】
仕切部7は、変向部8の内周端部全周にわたって下流面から筐体2側に向けて立設して設けられている。仕切部7は、後述の筐体2に設けられた仕切壁に接続することで、ルーバー3近傍での吸込口5と吹出口6との空間的独立を維持する。仕切部7には複数の連結リブ9(連結リブ9a)が放射状に形成されている。
【0019】
連結リブ9aは円形平面部4の外周端と仕切部7の内周端とを連結している。
【0020】
吸込口5は、円形平面部4の外周に、円形平面部4から外周側に向けて同一幅で全周にわたって設けられている。吸込口5は、上述のように開口として設けられており、さらに連結リブ9aによって等間隔で複数の開口に分割されている。変向部8の傾斜構造によって、吸い込む空気が変向部8の外周から内周に向かって導かれ、吸込口5から筐体2内部に吸い込まれる。
【0021】
外周ルーバー3bは、円形平面部4に対して同心円として形成され、ドーナツ形状を有する。外周ルーバー3bは、中央の開口部に円形平面部4と変向部8とを位置させることで変向部8の外周との間に吹出口6を形成する。外周ルーバー3bは、平面が円形平面部4とほぼ同一平面上に設けられている。外周ルーバー3bは、下流面の内周端から筐体2側に向けて傾斜して起立する外周仕切部7bを備える。
【0022】
外周仕切部7bは、外周ルーバー3bの内周部全周にわたって設けられている。外周仕切部7bは、起立した先端に向かうほどに円形平面部4側に傾斜して設けられている。外周仕切部7bは、後述の筐体2の外周壁に接続することで、筐体2内部からの空気をスムーズに外部に排出する。外周仕切部7bには、複数の連結リブ9bが放射状に形成されており、変向部8と外周ルーバー3bとを連結する。
【0023】
吹出口6は、変向部8の外周側、すなわち吸込口5の外周に開口として設けられ、連結リブ9bによって等間隔で複数の開口に分割されている。吹出口6は、変向部8の傾斜構造と、外周仕切部7bの傾斜とにより、吹き出す空気を円形平面部4の中心軸に対して外周側に向けて導く外広がり構造を有している。
【0024】
以上がルーバー3の構成である。
【0025】
次に図3、図4を用いて筐体2内部の構成について説明する。
【0026】
なお、図3は筐体2からルーバー3を取外し、フィルターユニット10が取付けられた状態、図4は筐体2からフィルターユニット10を取外した状態を示している。
【0027】
筐体2は、流入風路13と、給気口面17と、フィルターユニット10と、送風部12と、吹出風路14と、操作部18と、を備える。
【0028】
流入風路13は、吸込口5から流入した空気が送風部12に至るまでの風路である。流入した空気は、フィルターユニット10、吹出風路14の順番に通過し、吹出口6を介して筐体2の外部に放出される。筐体2の内部には、流入風路13と吹出風路14をそれぞれ独立して形成するための仕切壁11が備えられており、仕切壁11の内側の区画にフィルターユニット10が取付けられる。なお、仕切壁11は、筐体2にルーバー3が取付けられた際、仕切壁11の上流側端部とルーバー3の仕切部7の下流側先端部が当接する位置に設けられている。仕切壁11は、開口15を備える。
【0029】
開口15は、矩形の開口であり、第二の固定部として機能する。開口15は、フィルターユニット10に設けられた第一の固定部、すなわち固定部25aに係合することで、フィルターユニット10を仕切壁の内周に維持する。なお、固定部25aについては後述する。
【0030】
給気口面17は、流入風路13の下流端であり、送風部12の上流端近傍に設けられる。給気口面17は、中空円形の形状であり、板状における平面が空気の流れに対して垂直に配置される。給気口面17における中空空間が、送風機1の流入風路13を形成する。給気口面17は、仕切壁11で形成される流入風路を縮小するとともに、板状における平面が正常固定時におけるフィルターユニット10を支持する機能を有する。
(【0031】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

パナソニックIPマネジメント株式会社
床材
パナソニックIPマネジメント株式会社
電池
パナソニックIPマネジメント株式会社
水栓
パナソニックIPマネジメント株式会社
コア
パナソニックIPマネジメント株式会社
電池
パナソニックIPマネジメント株式会社
床材
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
抵抗器
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
乾燥機
パナソニックIPマネジメント株式会社
炊飯器
パナソニックIPマネジメント株式会社
遮断弁
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
モータ
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
天井扇
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
モータ
パナソニックIPマネジメント株式会社
感知器
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
圧縮機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷凍機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
パナソニックIPマネジメント株式会社
冷蔵庫
パナソニックIPマネジメント株式会社
樹脂管
パナソニックIPマネジメント株式会社
洗濯機
続きを見る