TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2020115704
公報種別公開特許公報(A)
公開日20200730
出願番号2019005992
出願日20190117
発明の名称送受電管理装置及びプログラム
出願人本田技研工業株式会社
代理人龍華国際特許業務法人
主分類H02J 3/32 20060101AFI20200703BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】電力需要に応えるために多数の車両を電力網に接続する送受電管理装置及びプログラムを提供する。
【解決手段】送受電システムにおいて、送受電管理装置(管理サーバ)は、電力網における電力需要を示す情報を取得する需要情報取得部と、電力需要に応じて、蓄積されているエネルギー量が予め定められた蓄積量より大きく、かつ、蓄積可能なエネルギー量が予め定められた蓄積可能量より大きい駆動用電源を備える車両を、電力網との間で送受電させる車両として選択する選択部と、選択部が選択した車両のユーザへ通知させる通知制御部とを備える。
【選択図】図2
特許請求の範囲【請求項1】
電力網における電力需要を示す情報を取得する需要情報取得部と、
前記電力需要に応じて、蓄積されているエネルギー量が予め定められた蓄積量より大きく、かつ、蓄積可能なエネルギー量が予め定められた蓄積可能量より大きい駆動用電源を備える車両を、前記電力網との間で送受電させる車両として選択する選択部と、
前記選択部が選択した車両のユーザへ通知させる通知制御部と
を備える送受電管理装置。
続きを表示(約 1,600 文字)【請求項2】
前記駆動用電源はバッテリであり、
前記選択部は、前記電力需要に応じて、残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きいバッテリを備える車両を、前記電力網との間で送受電させる車両として選択する
請求項1に記載の送受電管理装置。
【請求項3】
前記電力需要を示す情報は、前記電力網における調整力の需要を示す情報であり、
前記選択部は、前記調整力の需要が予め定められた値より大きい場合に、残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きいバッテリを備える車両<を、他の車両より優先して、前記電力網との間で送受電させる車両として選択する
請求項2に記載の送受電管理装置。
【請求項4】
前記通知制御部は、前記選択部が選択した前記車両のユーザへ、前記車両が前記電力網と送受電可能にされることに対する対価を通知させる
請求項2又は3に記載の送受電管理装置。
【請求項5】
前記選択部は、前記電力需要に応じて、前記残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きく、かつ、バッテリ温度が予め定められた範囲内のバッテリを備える車両を、前記電力網との間で送受電させる車両として選択する
請求項2から4のいずれか一項に記載の送受電管理装置。
【請求項6】
前記選択部は、前記電力需要に応じて、前記残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きく、かつ、バッテリ温度がバッテリの残容量から定まる予め定められた範囲内のバッテリを備える車両を、前記電力網との間で送受電させる車両として選択する
請求項5に記載の送受電管理装置。
【請求項7】
前記電力需要に応じて、前記電力網との間で送受電可能な車両に、前記電力網との間で送受電を行わせる送受電制御部
をさらに備える請求項2から6のいずれか一項に記載の送受電管理装置。
【請求項8】
前記車両のユーザから、前記車両が備えるバッテリに確保されるべき最小容量値を示す情報を取得する容量情報取得部
をさらに備え、
前記送受電制御部は、前記バッテリの残容量が前記最小容量値を下回らないように、前記電力網との間で送受電を行わせる
請求項7に記載の送受電管理装置。
【請求項9】
前記選択部は、残容量が前記予め定められた残容量値と前記最小容量値との和より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きいバッテリを備える車両を、前記電力網との間で送受電させる車両として選択する
請求項8に記載の送受電管理装置。
【請求項10】
前記車両の走行履歴に基づいて、前記最小容量値の推奨値を示す情報を前記ユーザに提示する容量情報提示部
をさらに備える請求項8又は9に記載の送受電管理装置。
【請求項11】
前記ユーザから取得した前記最小容量値が小さいほど、より大きい対価を示す情報を前記ユーザに対応づける対価制御部
をさらに備える請求項8から10のいずれか一項に記載の送受電管理装置。
【請求項12】
前記選択部が選択した前記車両が前記電力網との間で送受電可能であった場合に、前記車両が前記電力網との間で送受電可能であったことに対する対価を示す情報を前記車両のユーザに対応づける対価制御部
をさらに備える請求項1から10のいずれか一項に記載の送受電管理装置。
【請求項13】
コンピュータを請求項1から12のいずれか一項に記載の送受電管理装置として機能させるためのプログラム。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、送受電管理装置及びプログラムに関する。
続きを表示(約 10,000 文字)【背景技術】
【0002】
電気自動車の充放電時の電力取引において、エネルギー蓄積量レベル毎のエネルギーの取引価格帯として蓄積量別価格帯を定義してエネルギー取引を管理する装置が知られている(例えば、下記特許文献1等を参照)。
[先行技術文献]
[特許文献]
[特許文献1] 特許5606406号公報
[特許文献2] 特許6321763号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0003】
電力網における電力需給のギャップによって電圧変動や周波数変動が生じ得る。電力需給ギャップに対する少なくとも一部の調整力を車両の駆動用電源によって提供するシステムにおいては、駆動用電源に蓄積可能なエネルギー量が少ない車両のみでは充分な調整力を提供できないため、駆動用電源に蓄積可能なエネルギー量が大きい車両も電力網に接続されている場合がある。そのため、電力需要に応えるためには多数の車両が電力網に接続されている必要があった。
【課題を解決するための手段】
【0004】
本発明の第1の態様においては、送受電管理装置が提供される。送受電管理装置は、電力網における電力需要を示す情報を取得する需要情報取得部を備えてよい。送受電管理装置は、電力需要に応じて、蓄積されているエネルギー量が予め定められた蓄積量より大きく、かつ、蓄積可能なエネルギー量が予め定められた蓄積可能量より大きい駆動用電源を備える車両を、前記電力網との間で送受電させる車両として選択する選択部を備えてよい。送受電管理装置は、選択部が選択した車両のユーザへ通知させる通知制御部を備えてよい。
【0005】
駆動用電源はバッテリであってよい。選択部は、電力需要に応じて、残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きいバッテリを備える車両を、電力網との間で送受電させる車両として選択してよい。
【0006】
電力需要を示す情報は、前記電力網における調整力の需要を示す情報であってよい。選択部は、前記調整力の需要が予め定められた値より大きい場合に、残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きいバッテリを備える車両を、他の車両より優先して、前記電力網との間で送受電させる車両として選択してよい。
【0007】
通知制御部は、前記選択部が選択した前記車両のユーザへ、前記車両が前記電力網と送受電可能にされることに対する対価を通知させてよい。
【0008】
選択部は、前記電力需要に応じて、前記残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きく、かつ、バッテリ温度が予め定められた範囲内のバッテリを備える車両を、前記電力網との間で送受電させる車両として選択してよい。
【0009】
選択部は、前記電力需要に応じて、前記残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きく、かつ、バッテリ温度がバッテリの残容量から定まる予め定められた範囲内のバッテリを備える車両を、前記電力網との間で送受電させる車両として選択してよい。
【0010】
送受電管理装置は、電力需要に応じて、前記電力網との間で送受電可能な車両に、前記電力網との間で送受電を行わせる送受電制御部をさらに備えてよい。
【0011】
送受電管理装置は、前記車両のユーザから、前記車両が備えるバッテリに確保されるべき最小容量値を示す情報を取得する容量情報取得部をさらに備えてよい。送受電制御部は、前記バッテリの残容量が前記最小容量値を下回らないように、前記電力網との間で送受電を行わせてよい。
【0012】
選択部は、残容量が前記予め定められた残容量値と前記最小容量値との和より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きいバッテリを備える車両を、前記電力網との間で送受電させる車両として選択してよい。
【0013】
送受電管理装置は、前記車両の走行履歴に基づいて、最小容量値の推奨値を示す情報を前記ユーザに提示する容量情報提示部をさらに備えてよい。
【0014】
送受電管理装置は、前記ユーザから取得した前記最小容量値が小さいほど、より大きい対価を示す情報を前記ユーザに対応づける対価制御部をさらに備えてよい。
【0015】
送受電管理装置は、前記選択部が選択した前記車両が前記電力網との間で送受電可能であった場合に、前記車両が前記電力網との間で送受電可能であったことに対する対価を示す情報を前記車両のユーザに対応づける対価制御部を備えてよい。
【0016】
本発明の第2の態様においては、プログラムが提供される。プログラムは、コンピュータを、上記の送受電管理装置として機能させる。
【0017】
なお、上記の発明の概要は、本発明の必要な特徴の全てを列挙したものではない。また、これらの特徴群のサブコンビネーションもまた、発明となりうる。
【図面の簡単な説明】
【0018】
送受電システム100の基本構成を概略的に示す。
管理サーバ40の機能構成を概略的に示す。
バッテリ32の残容量及び空き容量を説明するための模式的な図である。
バッテリ32の空き容量Cfが需給調整用の空き容量値Δ2より小さい場合を模式的に示す図である。
バッテリ32の充電時及び放電時に生じる反応熱量のSOCに対する依存性を示すグラフである。
充放電可能なバッテリ32を特定するための条件を示すグラフである。
履歴格納部284に格納される履歴情報の一例をテーブル形式で示す。
電力網10との間で送受電させるべき車両30を選択する処理に関するフローチャートである。
ボーナス対価の通知画面900の一例を示す。
充放電設備20に接続されていたことに対する対価を通知する処理に関するフローチャートである。
ユーザ80に与えられたボーナス対価の通知画面1100の一例を示す。
対価情報格納部282に格納される対価情報の一例をテーブル形式で示す。
本発明の複数の実施形態が全体的又は部分的に具現化され得るコンピュータ2000の例を示す。
【発明を実施するための形態】
【0019】
以下、発明の実施の形態を通じて本発明を説明するが、以下の実施形態は特許請求の範囲にかかる発明を限定するものではない。また、実施形態の中で説明されている特徴の組み合わせの全てが発明の解決手段に必須であるとは限らない。なお、図面において、同一または類似の部分には同一の参照番号を付して、重複する説明を省く場合がある。
【0020】
図1は、送受電システム100の基本構成を概略的に示す。送受電システム100は、例えば電力アグリゲータが、車両が備えるバッテリを用いて、車両と電力網との間の電力を融通するV2G(Vehicle−to−Grid)を行うためのシステムである。送受電システム100は、電力需要に対して適切な残容量を持つバッテリを備える車両が電力網に接続されるよう促進する機能を有する。なお、車両が電力網へ電力を放出すること、及び、車両が電力網から電力を受け取ることの少なくとも何れかを行うことをV2Gと呼ぶ。
【0021】
送受電システム100は、車両30a、車両30b及び車両30cを含む複数の車両と、定置バッテリ14と、複数の充放電設備20と、管理サーバ40と、発電設備12と、ユーザ端末82a、ユーザ端末82b及びユーザ端末82cを含む複数のユーザ端末とを備える。
【0022】
ユーザ80aは車両30aのユーザであり、ユーザ80bは車両30bのユーザであり、ユーザ80cは車両30cのユーザである。なお、車両のユーザとは、車両の所有者や所有者の家族等、車両を使用する任意の人物であってよい。本実施形態において、ユーザ80a、ユーザ80b、ユーザ80cのそれぞれのユーザのことを「ユーザ80」と総称する場合がある。
【0023】
車両30aは、バッテリ32aを備える。車両30bは、バッテリ32bを備える。車両30cは、バッテリ32cを備える。本実施形態において、車両30a、車両30b及び車両30cを含む複数の車両のことを、「車両30」と総称する場合がある。また、バッテリ32a、バッテリ32b及びバッテリ32cを含む複数のバッテリのことを、「バッテリ32」と総称する場合がある。バッテリ32は、リチウムイオン電池やニッケル水素電池等、様々な二次電池であり得る。
【0024】
なお、バッテリ32は、車両30が備える駆動用電源の一例である。駆動用電源は、燃料電池等のように、燃料を消費して車両30の動力源に提供される電気エネルギーを生成する電源を含む。燃料は、水素や、ガソリン、軽油及び天然ガス等の炭化水素燃料や、アルコール燃料等であってよい。駆動用電源は、車両30の動力源に提供される電気エネルギーを生成することができる任意の電源であってよい。
【0025】
車両30は、輸送機器の一例である。車両30は、例えば電気自動車、燃料電池自動車(FCV)等、電気エネルギーにより駆動される動力源を備える車両である。電気自動車は、バッテリ式電動輸送機器(BEV)や、動力の少なくとも一部を提供する内燃機関を備えるハイブリッド自動車又はプラグインハイブリッド電気自動車(PHEV)を含む。本実施形態において、車両30は、駆動用電源としてバッテリ32を備える電気自動車である。駆動用電源としてバッテリを採用する形態において、バッテリの放電は、駆動用電源からのエネルギーの放出に対応し、バッテリの充電は、駆動用電源へのエネルギーの蓄積に対応する。また、バッテリの残容量は、駆動用電源から供給可能な電力量又は電気量等、駆動用電源に蓄積されているエネルギー量に対応する。また、バッテリの空き容量は、駆動用電源に更に蓄積可能な電力量又は電気量等、駆動用電源に更に蓄積可能なエネルギー量に対応する。
【0026】
ユーザ端末82aは、ユーザ80aが使用する通信端末である。ユーザ端末82bは、ユーザ80bが使用する通信端末である。ユーザ端末82cは、ユーザ80cが使用する通信端末である。ユーザ端末82a、ユーザ端末82b及びユーザ端末82cを含む複数のユーザ端末のことを、「ユーザ端末82」と総称する場合がある。
【0027】
ユーザ端末82は、例えば携帯端末、パーソナルコンピュータ、車両ナビゲーション装置等であってよい。携帯端末としては、携帯電話、スマートフォン、PDA、タブレット、ノートブック・コンピュータ、ラップトップ・コンピュータ、ウエアラブル・コンピュータ等を例示することができる。
【0028】
管理サーバ40は、通信ネットワークを通じて、車両30、定置バッテリ14、及びユーザ端末82と通信可能である。管理サーバ40はまた、通信ネットワークを通じて、電力取引サーバ50と通信可能である。通信ネットワークは、有線通信又は無線通信の伝送路を含み得る。通信ネットワークは、インターネット、P2Pネットワーク、専用回線、VPN、電力線通信回線、携帯電話回線等を含む通信網を含んでよい。
【0029】
電力網10は、電力系統の送電系統又は配電系統や、電力グリッドの配電網を含み得る。電力網10は地域毎に設けられてよい。電力網10はマイクログリッドであってよい。電力網10は、電力を消費する電力機器と電源とを接続する任意の規模の配電網であってよい。例えば、電力網10は、商業施設150等の任意の施設に設けられた配電網であってよい。電力網10は建物毎に設けられてよい。車両30、定置バッテリ14、充放電設備20、及び発電設備12は、電力網10に接続される。充放電設備20、定置バッテリ14、及び発電設備12は、電力網10との間で電力の送受電が可能である。なお、充放電設備20は、車両30と電力網10との間で電力の送受電を行うための送受電設備の一例である。なお、充放電設備20や定置バッテリ14は、車両30が備える駆動用電源にエネルギーを蓄積するための電気設備の一例である。
【0030】
発電設備12は、電力会社等によって管理される。充放電設備20は、例えば、住宅に設置された充放電器や、共同住宅、ビルや商業施設150の駐車場又は公共スペースに設置された充放電スタンド等を含む。
【0031】
車両30は、充放電ケーブル22を通じて充放電設備20に接続される。すなわち、車両30は、充放電ケーブル22及び充放電設備20を通じて、電力網10に接続される。車両30は、充放電設備20を通じて、バッテリ32と電力網10との間で送受電を行う。例えば、車両30は、バッテリ32の放電により得られた電力を、充放電ケーブル22及び充放電設備20を介して、電力網10へ放出する。また、車両30は、充放電ケーブル22及び充放電設備20を介して電力網10から供給される電力でバッテリ32を充電する。なお、電力網10との間の電力の送受電のことを「電力網10との送受電」等と呼ぶ場合がある。
【0032】
定置バッテリ14は、電力アグリゲータによって管理される。車両30のバッテリ32は、定置バッテリ14とともに仮想発電所を形成する。管理サーバ40は、電力アグリゲータによって管理される。管理サーバ40は、バッテリ32と電力網10との間、及び、定置バッテリ14と電力網10との間の送受電を制御する。
【0033】
管理サーバ40は、卸電力市場において入札により電力取引を行う。電力取引サーバ50は、卸電力市場の運営者によって管理される。管理サーバ40は、電力取引サーバ50に対して、30分を1コマとする時間単位で入札する。管理サーバ40は、約定結果に基づいて各コマにおいてバッテリ32及び定置バッテリ14を放電させて、電力網10へ電力を供給する。
【0034】
例えば、管理サーバ40は、卸電力市場における電力アグリゲータの入札に対する約定量に従って、バッテリ32及び定置バッテリ14を放電させて、バッテリ32及び定置バッテリ14から放出される電力を電力網10へ供給する。また、管理サーバ40は、需給調整市場における電力アグリゲータの入札に対して約定された調整力の範囲内で、バッテリ32及び定置バッテリ14の充放電を制御して、電力網10における電力需給を調整する。例えば、管理サーバ40は、送配電事業者や小売電気事業者からの上げディマンドレスポンス(上げDR)、下げディマンドレスポンス(下げDR)、及び上げ下げディマンドレスポンス(上げ下げDR)に応じて、バッテリ32及び定置バッテリ14の充放電を制御する。
【0035】
具体的には、管理サーバ40は、上げDRに応じて、車両30及び充放電設備20の少なくとも一方を制御することにより、充放電設備20を通じて電力網10から受け取った電力で車両30のバッテリ32を充電させる。また、管理サーバ40は、下げDRに応じて、車両30及び充放電設備20の少なくとも一方を制御することにより、車両30のバッテリ32を放電させ、バッテリ32の放電によって得られた電力を充放電設備20を通じて電力網10へ向けて放出させる。
【0036】
本実施形態において、管理サーバ40は、バッテリ32の残容量及び空き容量がそれぞれ予め定められた容量値より大きい車両30のユーザ80に、電力網10に接続するよう促す。バッテリ32の残容量及び空き容量が大きい車両30によれば、例えば電力需要に対して発電設備12の供給電力が不足する場合に電力網10に電力供給することができるだけでなく、電力需要に対して発電設備12の供給電力が余剰となる場合に余剰電力を吸収することもできる。そのため、より少数の車両30によって、電力網10において電力需要が大きい場合と電力需要が小さい場合との両方の場合に対応することができる。そのため、電力アグリゲータは少数の車両30を管理することで、車両30と電力網10との間で送受電可能な容量を確保することができる。
【0037】
なお、本実施形態において、送受電とは、車両30及び電力網10の少なくとも一方から他方への電力の受け渡しが生じることを意味する。例えば、送受電とは、車両30から電力網10に向けた電力の放出が行われることを意味してよい。また、送受電とは、電力網10から車両30に向けた送電が行われることを意味してよい。なお、自宅等の電力需要家に設置した充放電器を通じて車両30が電力を放出する場合において、電力需要家側の消費電力が車両30から放出される電力より大きいときには、電力需要家側と電力網10との接続点において電力網10への正味の電力供給は生じず、接続点から電力需要家への電力供給量が単に減少するだけの場合がある。この場合でも、電力網10から見ると、電力網10外との間で電力の受け渡しが生じたとみなすことができる。したがって、本実施形態において、車両30が電力を放出する場合における電力網10との送受電において、電力網10が車両30との間の特定の接続点から正味の電力を受け取るか否かは問わない。
【0038】
図2は、管理サーバ40の機能構成を概略的に示す。管理サーバ40は、処理部42と、格納部48と、通信部46とを備える。
【0039】
処理部42は、プロセッサを含む処理装置により実現される。格納部48は、不揮発性の記憶装置により実現される。処理部42は、格納部48に格納された情報を用いて処理を行う。通信部46は、車両30、定置バッテリ14、ユーザ端末82、及び電力取引サーバ50との間の通信を担う。通信部46が車両30、定置バッテリ14、ユーザ端末82及び電力取引サーバ50から受信した情報は、処理部42に供給される。また、車両30、定置バッテリ14、ユーザ端末82及び電力取引サーバ50へ送信される情報は、処理部42により生成され、通信部46を介して送信される。
【0040】
管理サーバ40は、送受電管理装置として機能する。管理サーバ40は、1つの情報処理装置で実現されるシステムであってよいし、複数の情報処理装置で実現されるシステムであってもよい。
【0041】
処理部42は、選択部200と、通知制御部230と、容量情報取得部240、容量提示制御部250と、対価制御部270と、送受電制御部280と、需要情報取得部290とを備える。
【0042】
格納部48は、対価情報格納部282と、履歴格納部284とを備える。対価情報格納部282は、ユーザ80に提供された対価を示す対価情報を格納する。履歴格納部284は、車両30の走行履歴を含む履歴情報を格納する。
【0043】
需要情報取得部290は、電力網10における電力需要を示す情報を取得する。選択部200は、電力需要に応じて、残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きいバッテリ32を備える車両30を、電力網10との間で送受電させる車両30として選択する。後述するように、選択部200は、バッテリ32の残容量が予め定められた残容量値Δ1より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値Δ2より大きいバッテリ32を備える車両30を、電力網10との間で送受電させる車両30として選択してよい。
【0044】
通知制御部230は、選択部200が選択した車両30のユーザ80へ通知させる。例えば、通知制御部230は、通信部46を通じてユーザ80への通知情報を送信して、ユーザ端末82にユーザ80への通知を行わせる。
【0045】
電力需要を示す情報は、電力網10における調整力の需要を示す情報であってよい。選択部200は、調整力の需要が予め定められた値より大きい場合に、残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きいバッテリ32を備える車両30を、他の車両30より優先して、電力網10との間で送受電させる車両30として選択してよい。
【0046】
通知制御部230は、選択部200が選択した車両30のユーザ80へ、車両30が電力網10と送受電可能にされることに対する対価を通知させてよい。また、対価制御部270は、選択部200が選択した車両30が電力網10との間で送受電可能であった場合に、車両30が電力網10との間で送受電可能であったことに対する対価を示す対価情報を車両30のユーザ80に対応づける。例えば、対価制御部270は、ユーザ80に対応づけられた対価情報を対価情報格納部282に格納してよい。なお、本実施形態において車両30が充放電設備20に接続されることは、「車両30が電力網10と送受電可能にされる」ことの一例である。
【0047】
選択部200は、電力需要に応じて、蓄積されているエネルギー量が予め定められた蓄積量より大きく、かつ、蓄積可能なエネルギー量が予め定められた蓄積可能量より大きいバッテリ32を備える車両30を、電力網10との間で送受電させる車両30として選択する。例えば、選択部200は、電力需要に応じて、残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きく、かつ、バッテリ32温度が予め定められた範囲内のバッテリ32を備える車両30を、電力網10との間で送受電させる車両30として選択してよい。
【0048】
選択部200は、電力需要に応じて、残容量が予め定められた残容量値より大きく、かつ、空き容量が予め定められた空き容量値より大きく、かつ、バッテリ32温度がバッテリ32の残容量から定まる予め定められた範囲内のバッテリ32を備える車両30を、電力網10との間で送受電させる車両30として選択してよい。
【0049】
送受電制御部280は、電力需要に応じて、電力網10との間で送受電可能な車両30に、電力網10との間で送受電を行わせる。例えば、送受電制御部280は、車両30のECUと通信して、車両30が電力網10と送受電可能な充放電設備20に接続されているか否かを示す送受電可否情報を逐次取得する。送受電制御部280は、車両30が電力網10との間で送受電可能である場合に、需要情報取得部290が取得した電力需要に応じて、車両30が備えるECUに対して、バッテリ32の充放電を指示する。車両30のECUは、送受電制御部280の指示に従って、充放電設備20と通信し、車両30の電力変換器を制御して、充放電設備20を通じたバッテリ32の充電や、バッテリ32の放電により得られる電力の放出を行う。なお、送受電制御部280は、バッテリ32の充電時における充放電設備20から電力変換器への入力電力量、バッテリ32の放電時における当該電力変換器から充放電設備20への出力電力量、及びバッテリ32のSOC(State of Charge)を示す情報を、車両30のECUから逐次取得してよい。送受電制御部280は、車両30のECUから取得した情報に基づいて、車両30と電力網10との間の送受電を制御してよい。
【0050】
なお、上述した電力取引における約定量は、電力需要を示す情報の一例である。電力需要を示す情報とは、電力取引における約定価格や、買い約定であるか売り約定であるかを示す約定種別であってよい。また、電力需要を示す情報とは、電力網10におけるリアルタイムの需給アンバランス量を示す情報であってもよいし、将来における需給アンバランス量の予測値を示す情報であってもよい。電力需要を示す情報とは、電力網10の電力需要家のリアルタイムの消費電力量又は当該消費電力の予測値を示す情報であってもよい。電力需要を示す情報として、電力量そのものに限らず、気温情報、湿度情報、気象情報、催事情報等、電力需要に直接的又は間接的に影響を与える様々な情報を適用できる。なお、電力取引市場としては、一日前市場、当日市場、需給調整力市場等の取引市場を例示できる。電力取引の取引形態としては、これらの電力取引市場における取引形態以外の様々な取引形態を適用できる。
(【0051】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
ロータ
本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
移動体
本田技研工業株式会社
回転電機
本田技研工業株式会社
発電装置
本田技研工業株式会社
回転電機
本田技研工業株式会社
回転電機
本田技研工業株式会社
回転電機
本田技研工業株式会社
回転電機
本田技研工業株式会社
回転電機
本田技研工業株式会社
表示装置
本田技研工業株式会社
回転電機
本田技研工業株式会社
発電装置
本田技研工業株式会社
発電装置
本田技研工業株式会社
回転電機
本田技研工業株式会社
電池パック
本田技研工業株式会社
鞍乗型車両
本田技研工業株式会社
トリム装置
本田技研工業株式会社
鞍乗型車両
本田技研工業株式会社
車両制御装置
本田技研工業株式会社
測定システム
本田技研工業株式会社
可変動弁装置
本田技研工業株式会社
可変動弁装置
本田技研工業株式会社
車両制御装置
本田技研工業株式会社
車両制御装置
本田技研工業株式会社
車両制御装置
本田技研工業株式会社
コネクタ構造
本田技研工業株式会社
車両用内装材
本田技研工業株式会社
車両制御装置
本田技研工業株式会社
車両制御装置
本田技研工業株式会社
燃料電池車両
本田技研工業株式会社
鞍乗り型車両
本田技研工業株式会社
鞍乗り型車両
続きを見る