TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2020099197
公報種別公開特許公報(A)
公開日20200625
出願番号2020021164
出願日20200212
発明の名称モータ
出願人日本電産株式会社
代理人
主分類H02K 1/27 20060101AFI20200529BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】周囲に樹脂が設けられたロータコアを有するスポーク型のIPMモータにおいて、樹脂にヒケの発生を抑制する。
【解決手段】モータは、回転部3と、回転部3の周りに配置される静止部と、軸受と、を備える。回転部3は、複数の磁石32と、ロータコア31と、複数の磁石32とロータコア31とを覆う樹脂部33と、を備える。複数の磁石32の軸方向の長さは、ロータコア31の軸方向の長さよりも長く、複数の磁石32の下面または上面の少なくともいずれか一方は、ロータコア31から突出する。樹脂部33は、上樹脂部331と、下樹脂部332と、内周樹脂部333と、を備える。上樹脂部331は、磁石32と軸方向に重なる複数の第1リブ336を有し、第1リブ336の上面は、内周樹脂部333の上面より軸方向上側に位置する。
【選択図】図6
特許請求の範囲【請求項1】
上下方向を向く中心軸を中心として回転する回転部と、
前記回転部の周りに配置される静止部と、
前記回転部を前記静止部に対して回転可能に支持する軸受と、
を備え、
前記回転部は、
周方向に配列される複数の磁石と、
複数の磁性鋼板が軸方向に積層されるロータコアと、
前記複数の磁石と前記ロータコアとを覆う樹脂部と、
を備え、
前記複数の磁石におけるそれぞれの径方向の長さは、平面視において周方向の長さに比べて長く、
前記複数の磁石の軸方向の長さは、前記ロータコアの軸方向の長さよりも長く、
前記複数の磁石の下面または上面の少なくともいずれか一方は、前記ロータコアから突出し、
前記樹脂部は、
前記ロータコアの上面の少なくとも一部および各磁石の上面の少なくとも一部を覆う上樹脂部と、
前記ロータコアの下面の少なくとも一部および前記各磁石の下面の少なくとも一部を覆う下樹脂部と、
前記ロータコアの内周面を覆い、前記上樹脂部と前記下樹脂部と連続する内周樹脂部と、
を備え、
前記上樹脂部は、前記磁石と軸方向に重なる複数の第1リブを有し、
前記第1リブの上面は、前記内周樹脂部の上面より軸方向上側に位置する、モータ。
続きを表示(約 950 文字)【請求項2】
前記内周樹脂部は、
樹脂小径部と、
前記樹脂小径部より内径の大きい樹脂大径部と、
前記樹脂小径部および前記樹脂大径部を繋ぐ樹脂段差部と、
を有し、
前記第1リブの上面は、前記樹脂小径部の上面より軸方向上側に位置する、請求項1に記載のモータ。
【請求項3】
前記樹脂部は、前記中心軸を中心とする筒状であって、前記ロータコアから離れる方向に突出する筒状樹脂部を備え、
前記軸受は、上軸受と下軸受とを備え、
前記上軸受は、前記筒状樹脂部の内周面に保持され、
前記上軸受と前記第1リブは径方向に重なる、
請求項1または2に記載のモータ。
【請求項4】
前記下軸受は、前記樹脂大径部の内周面に保持される、請求項3に記載のモータ。
【請求項5】
径方向と直交する方向における前記第1リブの長さは、径方向と直交する方向における前記磁石の長さよりも長い、
請求項1から4の何れかに記載のモータ。
【請求項6】
前記第1リブの径方向内端部は、周方向に隣り合う前記第1リブの径方向内端部とつながる、
請求項1から5の何れかに記載のモータ。
【請求項7】
前記ロータコアは、隣り合う前記磁石の間に配置されるコア要素を有し、
前記上樹脂部は、
周方向に隣り合う前記第1リブの間に位置し、前記コア要素の上面を覆うコア樹脂部と、
前記コア樹脂部の径方向外端部から上側に延びる第2リブを有し、
前記コア樹脂部の上面は、前記第1リブの上面および前記第2リブの上面よりも下側に位置する、
請求項1から6のいずれかに記載のモータ。
【請求項8】
周方向において、前記第2リブは、隣り合う前記第1リブの間に位置し、
前記第1リブの径方向外端部は、前記第2リブの周方向端部とつながる、
請求項7に記載のモータ。
【請求項9】
前記樹脂部は、前記コア樹脂部から上側に延び、インペラカップを取り付ける取付部をさらに備える、
請求項1から8のいずれかに記載のモータ。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、電動式のモータに関する。
続きを表示(約 11,000 文字)【背景技術】
【0002】
従来より、モータの中心軸に垂直な断面が長方形である磁石を、ロータコア内に放射状に配置したスポーク型のIPM(Interior Permanent Magnet)モータが知られている。スポーク型のモータでは、長辺側の面が着磁され、周方向に隣接する磁石において同極が対向する。また、スポーク型のIPMモータでは、磁石をロータコアに保持するために、これらの周囲に樹脂を設けるインサート成型が行われる場合がある。
【0003】
例えば、特開2010−63285号公報に開示されるモータ1の回転子コア23では、スロット24内に磁石25が収容される。磁石25の全体は、封止樹脂27により覆われる。これにより、磁石25と回転子コア23とは一体化される。回転子コア23の内周は、封止樹脂27には覆われない。
【0004】
特開2014−36457号公報の第2実施形態に開示されるモータ1のロータ32は、積層コア51と、複数のマグネット52と、樹脂部53とを有する。積層コア51および複数のマグネット52の軸方向両端面と、マグネット52の径方向外側の面とは、樹脂部53により覆われる。積層コア51は、内コア部61と、複数の外コア部62と、複数の連結部63とを有する。複数の連結部63は、内コア部61と複数の外コア部62とを繋ぐ。樹脂部53の上樹脂部531の上面は、ゲート痕部91を有する。ゲート痕部91は外コア部62の上方に位置する。下樹脂部532は、複数の第2位置決め孔94を複数の外コア部62の外縁部の軸方向に重なる位置に有する。内コア部61の内周面上には樹脂部53は存在しない。
特開2010−63285号公報
特開2014−36457号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0005】
ところで、周囲に樹脂が設けられたロータコアを有するスポーク型のIPMモータでは、磁石の軸方向寸法をロータコアの軸方向寸法よりも長くし、磁石の体積を増やしているものがある。このようなモータでは、磁石の上下端面も樹脂により覆われている。
【0006】
従来のモータでは、軸受が蓋部やケーシングなどに設けられており、上記構成とは異なる。また、従来のモータのように、軸受をロータコアの上側および下側で保持する場合は、モータが軸方向に大きくなってしまう。また、軸方向寸法がロータコアの軸方向寸法よりも長い磁石を樹脂で覆うには、樹脂全体が厚くなってしまい、ヒケが生じるおそれがあった。
【0007】
本発明は、周囲に樹脂が設けられたロータコアを有するスポーク型のIPMモータにおいて、樹脂にヒケの発生を抑制することを主たる目的としている。
【課題を解決するための手段】
【0008】
本発明の一の実施形態に係るモータは、上下方向を向く中心軸を中心として回転する回転部と、回転部の周りに配置される静止部と、回転部を静止部に対して回転可能に支持する軸受と、を備える。回転部は、周方向に配列される複数の磁石と、複数の磁性鋼板が軸方向に積層されるロータコアと、複数の磁石とロータコアとを覆う樹脂部と、を備える。複数の磁石におけるそれぞれの径方向の長さは、平面視において周方向の長さに比べて長く、複数の磁石の軸方向の長さは、ロータコアの軸方向の長さよりも長く、複数の磁石の下面または上面の少なくともいずれか一方は、ロータコアから突出し、樹脂部は、ロータコアの上面の少なくとも一部および各磁石の上面の少なくとも一部を覆う上樹脂部と、ロータコアの下面の少なくとも一部および各磁石の下面の少なくとも一部を覆う下樹脂部と、ロータコアの内周面を覆い、上樹脂部と下樹脂部と連続する内周樹脂部と、を備える。上樹脂部は、磁石と軸方向に重なる複数の第1リブを有し、第1リブの上面は、内周樹脂部の上面より軸方向上側に位置する。
【発明の効果】
【0009】
本発明の一実施形態によれば、軸受等を精度よく樹脂部分に保持するモータを提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
図1は、一の実施形態に係るモータの平面図である。
図2は、モータの縦断面図である。
図3は、回転部の平面図である。
図4は、回転部の底面図である。
図5は、回転部の縦断面図である。
図6は、回転部の縦断面図である。
図7は、ロータコアおよび磁石の底面図である。
図8は、ロータコアの底面図である。
図9は、ロータコアの縦断面図である。
図10は、ロータコアおよび磁石の拡大図である。
図11は、他の例に係る回転部の縦断面図である。
【発明を実施するための形態】
【0011】
本明細書では、モータ1の中心軸J1方向における図2の上側を単に「上側」と呼び、下側を単に「下側」と呼ぶ。なお、上下方向は、実際の機器に組み込まれたときの位置関係や方向を示すものではない。また、中心軸J1に平行な方向を「軸方向」と呼び、中心軸J1を中心とする径方向を単に「径方向」と呼び、中心軸J1を中心とする周方向を単に「周方向」と呼ぶ。
【0012】
図1は、本発明の例示的な一の実施形態に係るモータ1を示す平面図である。図2は、モータ1の縦断面図である。断面の細部における平行斜線を省略している。モータ1はインナロータ型のブラシレスモータである。モータ1は、静止部2と、回転部3と、軸受機構4と、回路基板5と、を含む。軸受機構4は、モータ1の中心軸J1を中心に回転部3を静止部2に対して回転可能に支持する。回転部3には、インペラのインペラカップが取り付けられる。モータ1は、例えば、自動車の冷却水を冷却するファンに利用される。
【0013】
静止部2は、ハウジング21と、ステータ22と、シャフト23と、を含む。ステータ22は回転部3の周りに配置される。静止部2は、回転部3の周りに配置される。静止部2は、ハウジング21と、ステータ22と、シャフト23と、を含む。ハウジング21は、ベース部材211と、カバー212と、を含む。ベース部材211は、中心軸J1に垂直な略板状である。シャフト23は、下端がベース部材211に固定され、上方に突出する。シャフト23は、中心軸J1を中心として配置される。カバー212は、略円筒状であり、ベース部材211上に取り付けられる。カバー212の中央には開口521が設けられる。開口521からは回転部3が露出する。
【0014】
ステータ22は、ステータコア223と、インシュレータ221と、コイル222と、を含む。ステータコア223は、複数のティース531と、コアバック532と、を含む。
コアバック532は、中心軸J1を中心とする環状である。各ティース531は、コアバック532から回転部3に向かって径方向内方に延びる。ステータコア223では、電磁鋼板が積層される。ティース531は、インシュレータ221により覆われる。インシュレータ221を取り巻くように、コイル222が設けられる。
【0015】
ベース部材211の中央部の下面には、回路基板5が取り付けられる。回路基板5は、静止部2への電力の供給を制御する。これにより、回転部3の回転速度が制御される。ベース部材211の下部には蓋部材213が取り付けられる。蓋部材213は回路基板5の下面を覆う。ベース部材211は、側方に突出する突出部522を含む。突出部522からは、回路基板5に接続された複数のワイヤ523が引き出される。
【0016】
軸受機構4は、2つの軸受41により構成される。本実施の形態では軸受41は玉軸受である。軸受41は他の構造のものであってもよい。2つの軸受41は、シャフト23と回転部3との間に設けられる。
【0017】
回転部3は、ロータコア31と、複数の磁石32と、樹脂部33と、を含む。磁石32は、永久磁石である。径方向において、ロータコア31は、ステータ22の内側に配置される。ロータコア31の外周面はステータ22の内周面に近接する。
【0018】
図3は、回転部3の平面図である。図4は、回転部3の底面図である。図5は、回転部3の縦断面図である。図6は、図5とは異なる位置での回転部3の縦断面図である。図7は、ロータコア31および磁石32の底面図である。図8はロータコア31の底面図である。図9はロータコア31の縦断面図である。ロータコア31では、磁性鋼板が軸方向に積層される。
【0019】
図8に示すように、ロータコア31は、外コア部311と、内コア部312と、複数の連結部313と、を含む。内コア部312は、環状である。外コア部311は、複数の外コア要素541を含む。複数の外コア要素541は、周方向に配列される。各外コア要素541は略扇形である。外コア部311は、内コア部312の径方向外側に位置する。各連結部313は、1つの外コア要素541と内コア部312とを径方向に連結する。連結部313は径方向に延び、外コア要素541の径方向内側の部位の周方向中央と、内コア部312の外周面とを繋ぐ。外コア要素部541、内コア部312および連結部313は一繋がりの部材である。
【0020】
図9は、外コア要素541の周方向中央におけるロータコア31の縦断面図である。図8および図9に示すように、外コア要素541は、軸方向に貫通する貫通孔545を有する。ロータコア31の内周部、すなわち、内コア部312の内周部は、コア大径部551とコア小径部552とを含む。コア大径部551はコア小径部552の軸方向下側に位置する。コア大径部551の内径はコア小径部552の内径よりも大きい。
【0021】
図7に示すように、外コア要素541の間には、磁石32が配置される。各外コア要素541は、外コア部311のうち、複数の磁石32のいずれかの間に位置する部位である。磁石32は周方向に等間隔で配列される。内コア部312は、複数の磁石32の径方向内側に位置する。ロータコア31は磁石32を保持する。各磁石32は、中心軸J1に垂直な断面において、一対の長辺611と、一対の短辺612と、を有する。換言すれば、複数の磁石におけるそれぞれの径方向の長さは、平面視において周方向の長さに比べて長い。一対の長辺611の間の中心線613は、中心軸J1を通る。すなわち、全ての磁石32の中心線613は、中心軸J1上で交差する。モータ1はスポーク型のIPMモータである。
【0022】
一対の長辺611は、互いに異なる極に着磁されている。隣接する一対の磁石32において、同極が周方向に対向する。これにより、磁力線の一部は、互いに対向する長辺611から外コア要素541の外周面を経由してロータコア31の外部へ導かれ、両側に隣接する外コア要素541の外周面からロータコア31に入って他方の極へと導かれる。外コア要素541はステータ22に対して磁極部として機能する。
【0023】
図10は、ロータコア31および磁石32を拡大して示す図である。既述のように、外コア部311と内コア部312とは複数の連結部313にて接続される。外コア要素541と内コア部312の間、かつ、連結部313の周方向両側には、フラックスバリア546が存在する。フラックスバリア546は、ロータコア31も磁石32も存在しない空間である。換言すれば、外コア部311は、フラックスバリア546の径方向外側に存在する。
内コア部312は、フラックスバリア546の径方向内側に存在する。連結部313は、互いに隣接する一対の磁石32の間において、一対のフラックスバリア546の間に位置する。本実施形態では、フラックスバリア546内には樹脂部33の一部が存在する。これにより、連結部313の周囲を樹脂部33が覆うことになり、磁束の回り込みを抑制しつつ、連結部313の強度を向上させ変形を防止できる。
【0024】
フラックスバリア546内には、必ずしも樹脂が存在する必要はなく、ロータコア31において、他の部分よりも磁気抵抗が大きい領域であればよい。例えば、フラックスバリア546内には、空気や他の物質が存在してもよい。
【0025】
内コア部312は、外周面に径方向外方に突出する複数の突出部547を含む。各突出部547は、2つの連結部313の間に位置する。磁石32の短辺612は突出部547と径方向に接する。磁石32の長辺611は、外コア要素541と周方向に接する。各フラックスバリア546は、内コア部312の外周面、連結部313、短辺612、突出部547により定められる。短辺612は2つのフラックスバリア546と接する。
【0026】
フラックスバリア546を設けることにより、磁束が径方向内方へと向かうことが抑制され、磁石32から外コア要素541へと磁束を効率よく導くことができる。その結果、多くの磁束が外コア要素541の径方向外側へと導かれ、同等の大きさでモータ1の出力を向上することができる。換言すれば、出力の低下を抑制しつつモータ1の小型化も実現される。
【0027】
磁束の内コア部312への回り込みを抑制するために、連結部313は細いことが好ましい。これにより、連結部313を容易に磁気飽和させることができ、磁束を遮断することができる。好ましくは、連結部313の径方向の長さは周方向の幅よりも長い。
【0028】
図5は、中心軸J1を含み、かつ、外コア要素541の周方向中央を通る面による回転部3の縦断面図である。図6は、中心軸J1を含み、かつ、磁石32の周方向中央を通る面による回転部3の縦断面図である。複数の磁石32およびロータコア31は樹脂部33により覆われる。樹脂部33は、上樹脂部331と、下樹脂部332と、内周樹脂部333と、を含む。
【0029】
上樹脂部331は、ロータコア31の上面の少なくとも一部および各磁石32の上面の少なくとも一部を覆う。下樹脂部332は、ロータコア31の下面の少なくとも一部および各磁石32の下面の少なくとも一部を覆う。これにより、ロータコア31と磁石32とは軸方向において樹脂部33により一体化される。好ましくは、樹脂部33は磁石32の径方向外側の面の一部を覆い、樹脂部33により径方向に関しても磁石32が保持される。もちろん、ロータコア31に対する磁石32の保持は、他の構造にて実現されてもよい。
【0030】
内周樹脂部333は、ロータコア31の内周面を覆い、環状である。上樹脂部331と、下樹脂部332と、内周樹脂部333との境界は、厳密に定められる必要はない。上樹脂部331と下樹脂部332とは、内周樹脂部333と連続し、一繋がりの部材を構成する。上樹脂部331、下樹脂部332および内周樹脂部333は、繋がっていなくてもよい。
【0031】
図3、図5および図6に示すように、上樹脂部331は、複数のゲート痕561と、複数の上側コア支持痕562と、複数の上側磁石支持痕563と、複数のインペラ取付部564と、を含む。ゲート痕561は、樹脂部33のインサート成型時のゲートの位置に対応する。ゲート痕561の周方向の位置は、外コア要素541の周方向の位置と一致する。ゲート痕561の数は外コア要素541の数と同じである。ゲート痕561は、外コア要素541の径方向内側の部位上に位置する。
【0032】
上側コア支持痕562は、インサート成型時に外コア要素541を上側から支持するピンの痕である。上側コア支持痕562の周方向の位置は、外コア要素541の周方向の位置と一致する。上側コア支持痕562の数は外コア要素541の数と同じである。上側コア支持痕562は、外コア要素541の貫通孔545の径方向内側の部位と重なる。貫通孔545内は樹脂で満たされても、満たされなくてもよい。上側コア支持痕562では、ロータコア31の上面の一部が露出する。
【0033】
上側磁石支持痕563は、インサート成型時に磁石32を上側から支持するピンの痕である。上側磁石支持痕563の周方向の位置は、磁石32の周方向の位置と一致する。上側磁石支持痕563の数は磁石32の数と同じである。上側磁石支持痕563の径方向の位置は、磁石32の径方向のおよそ中央である。上側磁石支持痕563では、磁石32の上面の一部が露出する。
【0034】
インペラ取付部564は、回転部3にインペラカップを取り付ける部位である。インペラ取付部564の周方向の位置は、外コア要素541の周方向の位置と一致する。本実施例においてはインペラ取付部564の数は外コア要素541の数の半分である。複数のインペラ取付部564の周方向の位置は、外コア要素541の周方向の1つおきの位置と一致する。インペラ取付部564は、外コア要素541の径方向外側の部位と重なる。
【0035】
図4、図5および図6に示すように、下樹脂部332は、複数の第1下側コア支持痕566と、複数の第2下側コア支持痕567と、複数の下側磁石支持痕568と、を含む。第1下側コア支持痕566は、インサート成型時に連結部313および内コア部312の少なくとも一方を下側から支持するピンの痕である。第1下側コア支持痕566の周方向の位置は、外コア要素541の周方向の位置、すなわち、連結部313の周方向の位置と一致する。第1下側コア支持痕566の数は外コア要素541の数の半分である。複数の第1下側コア支持痕566の周方向の位置は、外コア要素541の周方向の1つおきの位置と一致する。
【0036】
第1下側コア支持痕566では、ロータコア31の下面の一部が露出する。第1下側コア支持痕566に対応する金型のピンは、内コア部312のみを支持してもよく、連結部313のみを支持してもよい。すなわち、第1下側コア支持痕566は、外コア要素541よりも径方向内側に位置する。本実施形態では、ピンは、内コア部312の一部および連結部313の一部を支持する。したがって、第1下側コア支持痕566からは、内コア部312の一部および連結部313の一部が露出する。
【0037】
フラックスバリア546を含めて連結部313の周囲には樹脂が存在するが、第1下側コア支持痕566では樹脂は存在しない。そのため、インサート成型による連結部313の変形の有無を第1下側コア支持痕566から目視にて容易に確認することができる。これにより、実際にモータ1に通電する前に、ロータコア31の変形に起因する不良を発見することができる。
【0038】
第2下側コア支持痕567は、下樹脂部332に設けられる点を除いて、個数、並びに、周方向および径方向の位置は、上側コア支持痕562と同様である。各第2下側コア支持痕567では、外コア部311におけるロータコア31の下面の一部が露出する。
【0039】
下側磁石支持痕568は、インサート成型時に磁石32を下側から支持するピンの痕である。下側磁石支持痕568の周方向の位置は、磁石32の周方向の位置と一致する。下側磁石支持痕568の数は磁石32の数と同じである。下側磁石支持痕568は磁石32よりも小さい長方形である。下側磁石支持痕568では、磁石32の下面の一部が露出する。
【0040】
第1下側コア支持痕566が、外コア要素541よりも径方向内側に設けられることにより、すなわち、金型内で外コア要素541よりも径方向内側においてロータコア31が支持されることにより、金型内に上側から下方に向かって樹脂が注入されても、剛性の小さい連結部313の変形が防止される。その結果、モータ1の品質のばらつきが低減される。ここでの連結部313の「変形の防止」には「変形の低減」が含まれる。第1下側コア支持痕566におけるロータコア31の支持は、図9に示すように、ロータコア31の半径が、ロータコア31の軸方向厚さよりも大きく、連結部313が変形しやすい場合に特に適している。
【0041】
本実施形態では、複数の第1下側コア支持痕566のそれぞれは、いずれかの連結部313の少なくとも一部と重なる。この場合、第1下側コア支持痕566が内コア部312のみと重なる場合に比べて、第1下側コア支持痕566は径方向外側に位置する。その結果、下樹脂部332の内周面の形状精度を向上することができる。下樹脂部332の内周面の形状精度の向上は、後述するように、内周面にて軸受41が保持される場合に特に好ましい。
【0042】
複数のゲート痕561は、径方向において、複数の第1下側コア支持痕566と複数の第2下側コア支持痕567との間に位置する。これにより、インサート成型時に、流れる樹脂から力を受けるロータコア31を、第1下側コア支持痕566と第2下側コア支持痕567とにより安定して支持することができる。
【0043】
既述のように、各ゲート痕561および各第1下側コア支持痕566の周方向の中央位置は、外コア要素541の周方向中央位置と一致する。換言すれば、各ゲート痕561および各第1下側コア支持痕566の周方向の中央位置は、図7に示す、いずれかの連結部313の周方向の中央位置を通って径方向を向く中心線614と、軸方向に重なる。これにより、インサート成型時に、ロータコア31をさらに安定して支持することができる。もちろん、第2下側コア支持痕567が中心線614上にあることによっても、ロータコア31の支持は安定する。ただし、複数の第2下側コア支持痕567が1つの外コア要素541に対応して設けられる場合は、第2下側コア支持痕567は中心線614上に存在する必要はない。
【0044】
図5に示すように、樹脂部33は、中心軸J1を中心とする筒状であって、ロータコア31から離れるように上方に突出する筒状樹脂部334をさらに含む。樹脂部33は、筒状樹脂部334の外周を覆う他の筒状樹脂部335をさらに含む。以下、筒状樹脂部334を「内側筒状樹脂部」、筒状樹脂部335を「外側筒状樹脂部」と呼ぶ。図3および図6に示すように、樹脂部33は、内側筒状樹脂部334と外側筒状樹脂部335とを径方向に接続する複数のリブ部336をさらに含む。
【0045】
図2に示すように、内側筒状樹脂部334は、内周面にて上側の軸受41を保持する軸受保持部として機能する。軸受41は、圧入状態にて内側筒状樹脂部334に精度よく保持される。内側筒状樹脂部334を設けることにより、ロータコア31が薄い場合であっても、樹脂により高い位置精度にて軸受41を保持することができる。外側筒状樹脂部335およびリブ部336を設けることにより、内側筒状樹脂部334の内周面の剛性を高めることができ、上側の軸受41の保持力がさらに向上する。特に、リブ部336が存在する内側筒状樹脂部334と外側筒状樹脂部335との間の空間により、樹脂の収縮による内側筒状樹脂部334の内径精度の低下が抑制される。
【0046】
インペラ取付部564は、内側筒状樹脂部334および外側筒状樹脂部335の周囲に設けられる。インペラカップの中央には、これらの筒状樹脂部が挿入される孔部または凹部が設けられる。これにより、ファンの高さを低く抑えることが実現される。
【0047】
図9を参照して説明したように、ロータコア31の内周部は、コア大径部551と、コア小径部552と、を含む。図5に示すように、内周樹脂部333は、樹脂大径部571と、樹脂小径部572と、樹脂段差部573と、を含む。樹脂大径部571は、コア大径部551の内周面を覆う。樹脂小径部572は、コア小径部552の内周面を覆う。樹脂大径部571および樹脂小径部572はそれぞれ、中心軸J1を中心とする略円筒状である。樹脂段差部573は、中心軸J1に垂直に広がる環状であり、樹脂大径部571の上端と、樹脂小径部572の下端とを径方向に繋ぐ。
【0048】
樹脂小径部572の上側には内側筒状樹脂部334が位置する。樹脂小径部572の内径は、内側筒状樹脂部334の内径よりも小さく、樹脂小径部572と内側筒状樹脂部334との間も段差部となっている。図2に示すように、樹脂大径部571の内周面には、下側の軸受41が保持される。軸受41の上端は、樹脂段差部573の下面と接する。これにより、軸受41の軸方向の位置を容易に決定することができる。軸受41は、圧入状態にて、中心軸J1に垂直な方向においても樹脂大径部571に精度よく保持される。ロータコア31の内周が樹脂にて覆われることにより、積層鋼板のバリが脱落することも防止される。その結果、例えば、軸受41にバリが進入することによる騒音の増大や軸受41の寿命の低下が防止される。
【0049】
また、下側の軸受41の上端をロータコア31の下面よりも上方に位置させて、ロータコア31の内側にて軸受41を保持することにより、モータ1の高さを小さく抑えることができ、軽量化も実現される。ロータコア31にて直接軸受41を保持する場合、ロータコア31の内径を非常に高精度に維持するために、鋼板を打ち抜く金型の研磨回数を増やす必要がある。軸受41を樹脂部33にて保持することにより、中心軸J1に垂直な方向に関して、樹脂の成形精度が高く、軸受41を精度よく保持することができ、また、樹脂の成形温度が低く金型摩耗が少ないため、そもそも金型の研磨が不要となり金型の寿命を延ばすことができる。
【0050】
図2に示すように、回路基板5は、中心軸J1に垂直に配置される。下側の軸受41は、内周樹脂部333にて保持され、かつ、シャフト23の下端、すなわち、下側の軸受41側のシャフト23の端部は、静止部2において支持される。これにより、モータ1の高さを抑えつつ、シャフト23の下端と回路基板5とを軸方向に配置させることが可能となる。その結果、回路基板5にシャフト23を貫通させる孔を設ける必要がなくなり、回路基板5を径方向に小さくすることができる。モータ1の小型化、軽量化および低コスト化も実現される。
(【0051】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

日本電産株式会社
モータ
日本電産株式会社
モータ
日本電産株式会社
モータ
日本電産株式会社
モータ
日本電産株式会社
温度調整装置
日本電産株式会社
電気回路装置
日本電産株式会社
電気回路装置
日本電産株式会社
アクチュエータ
日本電産株式会社
ファン、送風装置
日本電産株式会社
ロータ、およびモータ
日本電産株式会社
送風装置および掃除機
日本電産株式会社
モータおよびファンモータ
日本電産株式会社
アームユニット及びロボット
日本電産株式会社
フラックスモータ及び電気製品
日本電産株式会社
ロボット、及びロボットの製造方法
日本電産テクノモータ株式会社
モータ
日本電産株式会社
ベースプレートおよびハードディスク装置
日本電産株式会社
スナバ回路、制御回路、及び情報処理装置
日本電産株式会社
導波路装置、アンテナ装置、および通信装置
日本電産株式会社
ステータ、モータおよびステータの製造方法
日本電産株式会社
流体動圧軸受装置、モータ、およびファンモータ
日本電産株式会社
情報処理装置、情報処理プログラム、情報処理方法
日本電産株式会社
キャリブレーション装置及びキャリブレーション方法
日本電産株式会社
電力変換装置、駆動装置およびパワーステアリング装置
日本電産株式会社
アンテナ装置、レーダーシステム、および通信システム
日本電産株式会社
電力変換装置、駆動装置およびパワーステアリング装置
日本電産株式会社
ステータ部材、ステータアセンブリ、モータ及び電気機械設備
日本電産株式会社
ロボット教示装置、ロボット教示装置の制御方法及びロボット教示プログラム
出光ライオンコンポジット株式会社
熱可塑性樹脂組成物及びその製造方法並びにギヤ
個人
分電盤
日本電産株式会社
モータ
日本電産株式会社
モータ
日本電産株式会社
モータ
個人
充電装置
TOTO株式会社
水力発電機
FDK株式会社
電源装置
続きを見る