TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
10個以上の画像は省略されています。
公開番号2020099179
公報種別公開特許公報(A)
公開日20200625
出願番号2019206139
出願日20191114
発明の名称電気機械
出願人マーレ インターナショナル ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング,MAHLE International GmbH
代理人特許業務法人前田特許事務所
主分類H02K 15/12 20060101AFI20200529BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】ステータ巻線とステータ本体の電気的短絡を回避する。
【解決手段】電気機械用のステータ2を製造する第1のステップで、ステータ巻線6を収容するために、複数のステータティース8がステータ本体7の周方向Uに沿って互いに間隔をあけて配置されるリング状のステータ本体を有するステータを準備し、周方向に隣接する2つのステータティースの間にそれぞれ空間9を形成する。第2のステップで、周方向に隣接する少なくとも2つのステータティースの第1の射出成形を、プラスチック11で行う。第3のステップで、少なくとも1つのステータ巻線を空間に配置する。第4のステップで、空間に配置されるステータ巻線の第2の射出成形を、プラスチックで行う。第2の射出成形は、ステータティース8a,8bとステータ巻線との間に形成されるエアギャップ61及び/またはエアトラップを、プラスチックによって充填するように行う。
【選択図】図3
特許請求の範囲【請求項1】
電気機械(1)用のステータ(2)を製造するための方法であって、
a)ステータ巻線(6)を収容するために、ステータ本体(7)の周方向(U)に沿って互いに間隔をあけて配置される複数のステータティース(8a,8b)が突出するリング状のステータ本体(7)を有するステータ(2)を準備し、それぞれ周方向(U)に隣接する2つのステータティース(8)の間に空間(9)が形成され、
b)周方向(U)に隣接する少なくとも2つのステータティース(8)を、プラスチック(11)により第1の射出成形で形成し、
c)空間(9)に少なくとも1つのステータ巻線(6)を配置し、
d)ステップb)で射出成型されたステータティース(8a,8b)の間にエアギャップ(61)及び/またはエアトラップが形成されるように、空間(9)にプラスチック(11)で配置されたステータ巻線(6)を第2の射出成形で形成し、ステップc)に係るステータ巻線の配置の後にステータ巻線(61)にプラスチック(11)を充填する
方法。
続きを表示(約 3,800 文字)【請求項2】
請求項1において、
少なくとも第1の射出成形に対応し、好ましくは第2の射出成形にも対応して、電気絶縁性のプラスチック(11)が用いられる
ことを特徴とする方法。
【請求項3】
請求項1または2において、
2つのステータティース(8)の間の空間(9)に導入される少なくとも1つのマスキング材(57)が、少なくとも部分的にプラスチックで射出成形され、少なくとも1つのマスキング材(57)で充填される空間(9)の容積内に、この射出成形時に冷却ダクト(10)を自由に形成できる
ことを特徴とする方法。
【請求項4】
請求項1から3の何れか1つにおいて、
マスキング材(57)の射出成形が、2回目の射出成形の過程で行われ、または
マスキング(57)の射出成形が、別の方法ステップで行われる
ことを特徴とする方法。
【請求項5】
請求項1から4の何れか1つにおいて、
少なくとも1つのマスキング材(57)が、空間(9)の径方向内側の端部(56a)または/及び径方向外側の端部(56b)の領域に配置され、(第1の)冷却ダクト(10)が、したがって、射出成形に対応して、この径方向内側または外側の端部(56a,56b)にそれぞれ配置される
ことを特徴とする方法。
【請求項6】
請求項1から5の何れか1つにおいて、
空間(9)に配置され、(第1の)冷却ダクト(10)を軸方向(A)に直角の断面において少なくとも部分的に、好ましくは完全に境界を定め、または包囲する保護コーティング(75)が、プラスチック(11)によってマスキング材(57)を射出成形することにより形成される
ことを特徴とする方法。
【請求項7】
請求項1から6の何れか1つにおいて、
保護コーティング(75)の形成が、第2の射出成形の過程で行われ、または
保護コーティング(75)の形成が、別の方法ステップで行われる
ことを特徴とする方法。
【請求項8】
請求項7において、
保護コーティング(75)は、軸方向(A)に直角の断面において、少なくとも1つの冷却ダクト(10)の境界を、径方向内側または/及び径方向外側で定める
ことを特徴とする方法。
【請求項9】
請求項7または8において、
保護コーティング(75)は、軸方向(A)に垂直な断面において、少なくとも1つの冷却ダクト(10)の境界を、ステータ(2)の周方向(U)に定める
ことを特徴とする方法。
【請求項10】
請求項1から9の何れか1つにおいて、
第1及び第2のマスキング材(57,57)が、第1及びび第2の冷却ダクト(10,10)が2つのマスキング材(57,57)の射出成形によって形成されるように空間(9)に導入され、第1の冷却ダクトが、径方向内側の端部(56a)に配置され、第2の冷却ダクトが、径方向外側の端部(56b)に配置される
ことを特徴とする方法。
【請求項11】
請求項1から10の何れか1つにおいて、
ステップb)に従うステータティース(8a,8b)の射出成形の過程で、空間(9)の境界を定める2つの隣接するステータティース(8)の表面部分(50b,50c)にプラスチック(11)が射出される
ことを特徴とする方法。
【請求項12】
請求項1から11の何れか1つにおいて、
ステータは、ステータティース(8a,8b)が径方向内側に突出するステータ本体(7)を備え、
ステップb)に従うステータティース(8a,8b)の射出成形の過程で、空間(9)の境界を定めるステータ本体(7)の表面部分(50a)にプラスチック(11)を塗布する
ことを特徴とする方法。
【請求項13】
請求項11または12において、
空間(9)または/及びステータ本体(7)の境界を定める2つの隣接するステータティース(8a,8b)の表面部分(50a,50b,50c)を覆う電気絶縁性の絶縁層(51)が、表面部分(50,50a,50b)に射出されるプラスチック(11)によって形成される
ことを特徴とする方法。
【請求項14】
請求項1から13の何れか1つにおいて、
空間(9)に配置され、空間(9)を径方向内側と径方向外側の部分空間(59a,59b)に分割する少なくとも1つの位相絶縁体(58)が、プラスチック(11)を用いた射出成形の過程で形成され、第1の位相巻線(70a)を構成するステータ巻線(6)の第1の導体要素(60a)を、径方向内側の部分空間(59a)に配置することができ、第1の位相巻線(70a)に対して電気的に絶縁される第2の位相巻線(70b)を構成するステータ巻線(6)の第2の導体要素(60b)を、径方向外側の部分空間(59b)に配置することができる
ことを特徴とする方法。
【請求項15】
請求項14において、
位相絶縁体(58)が、ステータティースの射出成形に応じて、またはステータ巻線(6)の射出成形に応じて、または別の方法ステップで形成される
ことを特徴とする方法。
【請求項16】
請求項14または15において、
相絶縁体(58)は、周方向(U)に沿って延び、隣接するステータティース(8a,8b)に配置されるプラスチック(11)の絶縁層(51)を互いに接続する
ことを特徴とする方法。
【請求項17】
請求項1から16の何れか1つにおいて、
ステータティース(8,8a,8b)の表面部分(50a,50b,50c)に射出されるプラスチック(11)が、電気絶縁性の第1のプラスチック材料(K1)によって形成され、
少なくとも1つの位相絶縁材(58)を構成するプラスチック(11)が、第2のプラスチック材料(K2)によって形成され、
第1の保護コーティング(75)または/及び第2の保護コーティング(75)を構成するプラスチックが、第2のプラスチック材料(K2)または第3のプラスチック材料(K3)によって形成される
ことを特徴とする電気機械。
【請求項18】
請求項1から17の何れか1つにおいて、
第2のプラスチック材料(K2)が、電気絶縁性または導電性であるように構成され、または/及び
第3のプラスチック材料(K3)ga,電気絶縁性または導電性であるように構成される
ことを特徴とする電気機械。
【請求項19】
請求項1から18の何れか1つにおいて、
第1のプラスチック材料(K1)または/及び第2のプラスチック材料(K2)または/及び第3のプラスチック材料(K3)が熱可塑性であり、
第1のプラスチック材料(K1)または/及び第2のプラスチック材料(K2)または/及び第3のプラスチック材料(K3)が熱硬化性である
ことを特徴とする電気機械。
【請求項20】
請求項1から19の何れか1つにおいて、
第1のまたは/及び第2のまたは/及び第3のプラスチック材料(K1,K2,K3)が、同一の熱伝導率を有し、または/及び
第1のまたは/及び第2のまたは/及び第3のプラスチック材料(K1,K2,K3)が、異なる熱伝導率を有する
ことを特徴とする電気機械。
【請求項21】
請求項1から20の何れか1つにおいて、
第1のまたは/及び第2のまたは/及び第3のプラスチック材料(K1,K2,K3)が、同一の材料であり、
第1のまたは/及び第2のまたは/及び第3のプラスチック材料(K1,K2,K3)が、異なる材料である
ことを特徴とする電気機械。
【請求項22】
請求項1から21の何れか1つにおいて、
プラスチック(11)による空間(9)の射出成形または充填が、それぞれ、射出成形または充填後に空間(9)にエアギャップ(61)が存在しなくなるように行われる
ことを特徴とする方法。
【請求項23】
請求項1から22の何れか1つにおいて、
空間(9)が、プラスチック(11)によって(本質的に)ギャップのない方法で構成される
ことを特徴とする方法。
【請求項24】
請求項1から23の何れか1つに係る方法によって製造されたステータ(2)。
【請求項25】
請求項1から23の何れか一つに係る方法にって製造された、特に請求項24に係るステータ(2)を有し、
ステータ(2)の回転軸(D)の周りで回転可能に構成されたロータ(3)を備える
電気機械。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、電気機械用のステータを製造する方法に関する。本発明は、さらに、この方法により製造されたステータと、このようなステータを有する電気機械に関する。
続きを表示(約 9,200 文字)【背景技術】
【0002】
電気機械用の従来のステータは、一般に、機械の動作中に通電されるステータ巻線を有する。このような電気機械は、一般に電動機または発電機であり得る。電気機械は、外部ロータとして、または内部ロータとして実現できる。機械の動作中には熱が発生し、この熱は、ステータの過熱、損傷、またはそれに伴う破壊を回避するために放出しなければならない。この目的のため、従来のステータには、ステータ、特に前記ステータ巻線を冷却するための冷却システムを装備することが知られている。このような冷却システムは、冷却剤が流れる1つまたは複数の冷却ダクトを有し、冷却ダクトは、ステータ内でステータ巻線の近くに配置される。ステータ巻線から冷却剤への熱伝達により、熱をステータから放出できる。ステータ巻き線の過熱と、それに伴うステータの損傷または破壊を、このようにして阻止できる。
【0003】
上述の冷却ダクトを設けるための製造コストを抑えておくために、ステータ巻線を支持するステータティースを含むステータ本体をプラスチック構成物で形成するステータの積層体を射出成形することと、射出成形の過程でプラスチック構成物に前記冷却ダクトを形成することが知られている。ステータティースに巻かれたステータ巻線は、射出成形の過程でステータに永久に固定できる。
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
ステータ本体とステータティースに配置される巻き線を射出成形するとき、導電性を有するように構成される巻き線は、一般に導電性のシート金属部品を互いに積層することより形成される導電性のステータ本体に支持されない。しかしながら、ステータ巻線とステータ本体の間の電気的接続は、望ましくない電気的短絡を生じさせる。
【0005】
このことは、ステータ巻線が巻き線を絶縁してすでに製造されているという、実際に一般的な場合にも当てはまる。その理由は、電気機械の動作中に、ステータ巻線を流れる電流により引き起こされる高温のために、ステータ巻線が部分的に損傷するか、または損壊さえし得るためである。
【0006】
同様に、プラスチック構成物を用いた射出成形の過程により冷却ダクトを形成した後に、ステータ巻線が冷却ダクト内へ突出しないことを除外できない。上述のステータ巻線の電気絶縁材が損傷または損壊までした場合、ステータ巻線は、ステータティースの導電性材料と直接接触するだけでなく、冷却剤とも直接接触し得るが、このことは避けなければならない。
【0007】
したがって、本発明の目的は、冷却ダクトを有するステータを製造するための改良された製造方法を提供し、上述した不都合を大部分、または完全に除去することである。
【課題を解決するための手段】
【0008】
この目的は、独立の請求項の主題により解決される。好ましい実施形態は、従属の請求項の主題である。
【0009】
本発明の基本的な考え方は、プラスチックを用いて、ステータ溝の制限部材として導電性のステータティースを射出成形することと、ステータ溝に配置されるステータ巻線を二回射出成形することである。プラスチックでこのように二重に射出成形することにより、例えば金属などの一般に導電性材料からなるステータの一部としてのステータティースと、これも導電性であるステータ巻線との間に、電気的接続部が形成されるのを事実上排除できる。このことは、特に、ステータの製造に応じてステータ巻線の巻き線絶縁部が損傷する場合に当てはまり、ステータ巻線の導電性の導体要素が露出する。
【0010】
本発明に係る方法は、以下のa)からd)の4つの方法ステップを含む。第1のステップa)では、リング形状のステータ本体を有するステータが準備され、ステータ本体の周方向に沿って互いに間隔をあけて配置された複数のステータティースが、ステータ巻線を収容するために、ステータ本体から好ましくは径方向の内側へ突出する。これによって、前記2つのステータティースによって周方向端が定められ、ステータ本体によって径方向外側端が定められる空間であるステータ溝が、それぞれ、周方向に隣接する2つのステータティースの間に形成される。空間は、径方向の内側が開放されるように形成される。この用の空間は、「ステータ溝」という名称で当業者に知られている。第2のステップb)では、プラスチックを用いて、周方向に隣接する少なくとも2つのステータティースの(第1の)射出成形が行われ、ステータティースは後に熱伝達の機能を果たす。第3の方法ステップc)では、少なくとも1つのステータ巻線が2つのステータティースの間の空間に配置される。第4の方法ステップd)では、プラスチックを用いて、空間に配置されたステータ巻線の(第2の)射出成形が行われ、ステップb)で射出成形されたステータティースと、ステップc)に係る空間にステータ巻線が配置された後のそのステータ巻線との間に形成されるエアギャップ及び/またはエアトラップに、プラスチックが充填される。エアギャップ及び/またはエアトラップが存在する場合、好ましくはそのようなエアギャップ及び/またはエアトラップの複数に、特に好ましくは前記空間に存在するエアギャップ及び/またはエアトラップの全てに充填される。したがって、理想的な場合には、第2の射出成形の後の空間に、エアギャップまたはエアトラップはそれぞれ全く残らない。
【0011】
本発明に係る方法の場合、空間の端を定め、一般的に導電性である構成のステータティースの表面部分もステータ巻線も、プラスチックで射出成形されるため、二重の射出成形の後に、空間内にエアギャップまたはエアトラップのそれぞれが残らず、ステータ巻線の巻き線絶縁部が損傷した場合であっても、ステータ巻線とステータティースとの間で電気的な接触が生じないことを保証できる。
【0012】
プラスチックは空気よりも高い熱伝導率を有するため、空間に存在するエアギャップ/エアトラップにプラスチックを充填することによって、ステータ巻線からの放熱性を高めることも可能になる。
【0013】
したがって、ここに取り入れた方法によって製造されたステータの場合、それぞれの空間に配置されたステータ巻線は、ステータ巻線で生じた廃熱の移送によって、特にその軸方向端部において非常に効果的に冷却され、その冷却は、空間に存在するダクトを冷却するために空間に射出されたプラスチックによって行われる。廃熱は、冷却ダクトを通って案内される冷却剤によって吸収される。
【0014】
上述のプロセスは、複数のステータティースと複数のステータ巻線に適用することが好ましい。特に、上述のプロセスは、ステータ本体の中に存在する全てのステータティースと、ステータティースに配置される全てのステータ巻線に適用することが好ましい。
【0015】
好ましい実施形態の場合、少なくとも第1の射出成形に対応して、好ましくはさらに第2の射出成形にも対応して、電気絶縁性プラスチックが使用される。本発明に必要なプラスチックは、熱伝達に使用できるだけでなく、このように電気絶縁にも使用できる。ステータ巻線と、空間内に形成されてプラスチックにより区画される冷却ダクトとの間の、または冷却ダクトを通って流れる冷却材との間の不要な電気的短絡が、このようにして回避される。ステータ巻線と、一般的に導電性材料からなるステータティースまたはステータ本体のそれぞれとの間の不要な電気的短絡が、同様に回避される。
【0016】
マスキング材の射出成形は、第2の射出成形の過程で効果的に行える。この選択肢は、第2の射出成形に関して冷却ダクトを区画するために使用されたプラスチック材料が変更されない場合に望ましい。そうでなければ、別の方法ステップでマスキング材の射出成形を行うのが望ましい。この場合、ステータ巻線の第2の射出成形用とは異なるプラスチック材料をマスキング材の射出成形のために使用できる。
【0017】
マスキング材は、空間の径方向内側の端部または/及び径方向外側の端部の領域に配置するのが都合がよい。したがって、冷却ダクトは、射出成形に対応して、径方向内側または外側の端部にそれぞれ配置される。
【0018】
さらに別の有利な発展例によれば、空間に配置され、軸方向に直角な断面で(第1の)冷却ダクトを少なくとも部分的に、好ましくは完全に制限または包囲する保護コーティングが、プラスチックでマスキング材を射出成形することによって形成される。前記保護コーティングにより、冷却ダクトを通って案内される冷却剤が、空間に配置されたステータ巻線とも、空間を制限するステータティースとも、電気的な接触が生じ得ないことが保証される
さらに別の有利な発展例によれば、保護コーティングは、少なくとも1つの冷却ダクトを、軸方向に直角の断面で径方向の内側または/及び径方向の外側で制限できる。空間内で冷却ダクトの径方向外側または径方向内側にそれぞれ配置されるステータ巻線に対する、冷却ダクト、または冷却ダクトを通って案内される冷却剤のそれぞれの電気的な絶縁が、このようにして保証される。
【0019】
さらに別のさらに有利な発展例の場合、保護コーティングは、軸方向に直角な断面において、ステータの周方向に少なくとも1つの冷却ダクトを制限できる。導電性のステータティースに対する冷却ダクトの、または冷却ダクトを通って案内される冷却材のそれぞれの電気的絶縁は、このようにして保証される。他の有利なさらに別の発展例の場合、第1及び第2のマスキング材が空間に導入され、第1及び第2の冷却ダクトが2つのマスキング材の射出成形によって形成される。このさらに別の発展例の場合、第1冷却ダクトが径方向内側の端部に配置され、第2の冷却ダクトが径方向外側の端部に配置される。
【0020】
有利なさらに別の発展例の場合、ステップb)に係るステータティースの射出成形の過程で空間を定める隣り合う2つのステータティースの表面部分にプラスチックが射出される。一般に金属、従って導電性材料で形成されるステータ巻線とステータティースとの間の不要な電気的接触は、このようにして回避できる。
【0021】
さらに有利なさらに別の発展例(このさらに別の発展例では、ステータは、ステータティースが径方向内側へ突出するステータ本体を有する)の場合、ステップb)に係るステータティースの射出成形の過程で空間を制限するステータ本体の表面部分にプラスチックが塗布される。一般に金属、従って導電性材料で形成されるステータ巻線とステータ本体との間の不要な電気的接触は、このようにして回避できる。
【0022】
有利なさらに別の発展例によれば、空間または/及びステータ本体を制限する隣り合う2つのステータティースの表面部分を覆う電気絶縁性の絶縁層は、表面部分に射出されるプラスチックによって形成される。一般に金属、したがって導電性材料で形成されるステータ巻線とステータティースまたはステータ本体それぞれの不要な電気的接触は、このようにして回避される。
【0023】
有利なさらに別の発展例の場合、空間を径方向内側と径方向外側の部分空間に分ける少なくとも1つの位相絶縁材が、プラスチックを用いた射出成形の過程で形成される。第1位相の巻き線を形成するステータ巻線の第1の導体要素を、このようにして径方向内側の部分空間に配置できる。そのため、第1位相の巻き線に対して電気的に絶縁される第2位相の巻き線を形成するステータ巻線の第2導体要素は、径方向外側の部分空間に配置できる。したがって、互いに電気的に絶縁されるステータ巻線の導体要素を、2つの部分空間に配置できる。そして、このことにより、位相絶縁によって互いに電気的に絶縁される2つの導体要素に、互いに電気的に分離しなければならない2つの異なる電気の位相を、割り当てることができる。本発明のさらに別の発展例では、このような複数の位相絶縁材を空間に設けることも考えられる。プラスチックの位相絶縁材を径方向に測定した直径は、1mmと3mmとの間であることが好ましい。
【0024】
位相絶縁材は、ステータティースの射出成形に対応して、もしくはステータ巻線の射出成形に対応して、または別の方法ステップで形成される。この選択肢は、特に製造コストを低減することにつながる。
【0025】
位相絶縁材は、射出成形の過程で、周方向に延び、互いに隣り合うステータティースに配置されるプラスチックの2つの絶縁層と接続されるように形成するのが好ましい。このように、形成された2つの部分空間は、好ましくは電気絶縁性のプラスチックにより完全に区画される。
【0026】
この方法で製造された電気機械では、後の動作中に電源の2つの異なる位相に接続される場合、ステータ巻線の第1の導体要素をステップc)の径方向内側の部分空間に配置し、電源の共通の第1位相に接続するために第1の導体要素を互いに電気的に接続することが提案される。この接続は、空間またはステータ溝のそれぞれの外側で行える。ステータ巻線の第2導体要素は、同様に、ステップc)で径方向外側の部分空間に配置でき、電源の共通の第2位相に接続するために互いに電気的に接続できる。この電気的接続は、空間またはステータ溝のそれぞれの外で行うこともできる。
【0027】
好ましい実施例の場合、少なくとも1つの第1または/及び第2の導体要素、好ましくは全ての第1または/及び第2の導体要素が、それぞれ、ステップd)に係る第2の射出成形後に、軸方向に直角な断面においてプラスチックで包囲され、取り囲まれる。このようにして、個々のステータ巻線と冷却ダクトを通って流れる冷却剤との間で、不要な電気的短絡が生じないことが保証される。
【0028】
第1または/及び第2導体要素は、導電性材料の巻き線ロッドとして形成すると都合がよい。これらの導体要素は、機械的に硬質であるように形成することが特に好ましい。特に機械的に硬質の材料の巻き線ロッドのような導体要素の実施形態では、電気機械を組み立てるために、ステータティースの空間に導体要素を容易に導入できる。
【0029】
特に好ましい実施形態の場合、少なくとも1つの巻き線ロッドは、空間に配置した後に、軸方向に直角な断面において、2つの狭い側面と2つの広い側面を有する長方形の形状を有する。このことは、空間に配置されるすべての巻き線ロッドに適用されることが好ましい。
【0030】
保護コーティングは、使用されるプラスチック材料に応じて、ステータティースの射出成形に対応して、もしくはステータ巻き線の射出成形に対応して、または別の方法ステップで形成するのが望ましい。
【0031】
好ましい実施形態の場合、空間の径方向内側端部または/及び外側端部の領域に創り出される冷却ダクトは、位相絶縁材によってプラスチックから形成される径方向内側または外側の部分空間のそれぞれに形成される。この実施形態の場合、径方向外側または内側の端部の領域に創出される第2の冷却ダクトが、その代わりに、またはそれに追加して、位相絶縁材によってプラスチックから形成される径方向外側または内側の部分空間のそれぞれに形成される。
【0032】
本発明に係る方法の特に好ましい実施形態の場合、少なくとも1つのエアギャップまたは/及び少なくとも1つのエアトラップが、ステータティースの表面部分に配置される少なくとも2つの導体要素と電気絶縁層の間の少なくともある領域に形成される。この実施形態の場合、前記エアギャップまたはエアトラップは、それぞれ、プラスチックで満たされ、すなわち、ギャップ充填材を形成することにより、特に好ましくは完全にプラスチックで満たされる。このような複数のエアギャップまたは/及びエアトラップが存在する場合は充填するのが好ましく、空間に存在するエアギャップまたは/及びエアトラップの全てに充填することが特に好ましい。したがって、理想的な場合、エアギャップまたはエアトラップは、第2の射出成形の後に空間の中に残らない。ステータ本体に対するステータ巻線の最適な電気絶縁が、このようにステータティースによって実現できる。
【0033】
少なくとも1つの第1導体要素は、位相絶縁材によって、少なくとも1つの第2導体に対して電気的に絶縁し得ることが特に好ましい。電源の異なる電流位相に接続される2つの導体要素の間の不要な電気的短絡は、このようにして回避できる。
【0034】
好ましい実施形態の場合、少なくとも1つの第1導体要素が径方向内側の部分空間に配置され、少なくとも1つの第2導体要素が径方向外側の部分空間に配置される。この実施形態は、それぞれの空間にわずかな配置が可能な場合、及び電気機械が2相で動作する場合に特に適している。
【0035】
空間は、軸方向に直角な断面で、台形、好ましくは長方形の形状を有することができるのが好ましい。
【0036】
さらに別の好ましい実施形態の場合、ステータティースの表面部分に射出されるプラスチックは、電気絶縁性の第1のプラスチック材料によって形成される。少なくとも1つの位相絶縁材を具体化するプラスチックは、第2のプラスチック材料によって形成できる。さらに、第1または/及び第2の保護コーティングを具体化するプラスチックは、第2プラスチック材料、または第2のプラスチック材料とは異なる第3のプラスチック材料によって形成できる。
【0037】
好ましい実施形態の場合、第2のプラスチック材料は電気絶縁性または導電性である
ものとして具体化される。
【0038】
さらに好ましい実施形態の場合、第3のプラスチック材料は、電気絶縁性または導電性であるものとして具体化される。
【0039】
さらに好ましい実施形態の場合、第1プラスチック材料または/及び第2プラスチック材料または/及び第3プラスチック材料は、熱可塑性にすることができる。
さらに好ましい実施形態の場合、第1プラスチック材料または/及び第2プラスチック材料または/及び第3プラスチック材料は、熱硬化性にすることができる。
【0040】
第1または/及び第2または/及び第3のプラスチック材料は、同一の熱伝導率を有することが好ましい。第1または/及び第2または/及び第3のプラスチック材料は、その代わりに、またはそれに加えて、異なる熱伝導率を有していてもよい。
【0041】
第1または/及び第2または/及び第3のプラスチック材料は、同一の材料であることが好ましい。第1または/及び第2または/及び第3のプラスチック材料は、その代わりに、またはそれに加えて、同様に異なる材料にしてもよい。
【0042】
特に好ましい実施形態の場合、空間をプラスチックで射出成形または充填することは、それぞれ、エアギャップもエアトラップも射出成形または充填の後に空間に存在しないように行われる。
【0043】
本発明は、さらに、上述の方法によって製造されたステータに関する。 したがって、本発明に係る方法に関する上述の効果は、本発明に係るステータにも当てはめることができる。
【0044】
本発明は、さらに、本発明に係る方法によって製造される上述のステータを備えた電気機械に関する。したがって、本発明に係る方法に関する上述の利点は、本発明に係る電気機械にも適用できる。ステータに加えて、電気機械も、ステータに対する回転軸の周りで回転可能なロータを備える。
【図面の簡単な説明】
【0045】
図1は、本発明に係る電気機械の例を、ステータの回転軸に沿った縦断面図で示す。
図2は、図1に係る電気機械のステータをロータの回転軸に直角の断面で示す。
図3は、周方向に隣接する2つのステータディースの間の空間の領域における図2のステータの詳細図を示す。
図4は、付加的な第2の冷却ダクトを備える、図3に係る例のさらに別の展開例を示す。
図5は、ステータ巻線が、巻線ロッドによってではなく、プラスチック構成物に形成された巻線によって形成された場合の、図3に係る例のオプションを示す。
図6は、本発明に係る方法の順序を表す図を示す。
図7は、本発明に係る方法の順序を表す図を示す。
図8は、本発明に係る方法の順序を表す図を示す。
図9は、本発明に係る方法の順序を表す図を示す。
図10は、図3の例の第1のさらなる展開例を示す。
図11は、図3の例の第2のさらなる展開例を示す。
【発明を実施するための形態】
【0046】
本発明のさらに別の重要な特徴および効果は、従属請求項、図面、及び図面に基づいた対応する図の説明から理解される。
【0047】
上述の特徴および以下に説明する特徴は、それぞれで特定された組み合わせだけでなく、本発明の範囲を逸脱することなく、他の組み合わせまたは単独で使用できることは言うまでもない。
【0048】
本発明の好ましい例示的な実施形態を図面に示し、以下でより詳細に説明する。
【0049】
各図は概略図である。
【0050】
図1は、本発明に係る電気機械1の例を断面図で示す。電気機械1は、車両、好ましくは道路車両で使用できるように寸法設定されている。
(【0051】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

マーレ インターナショナル ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
電気機械
マーレ インターナショナル ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
電気機械
株式会社マーレ フィルターシステムズ
流体流通管
マーレ インターナショナル ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
特に車両用の電気機械
株式会社マーレ フィルターシステムズ
電動コンプレッサ
株式会社マーレ フィルターシステムズ
エアクリーナケース
株式会社マーレ フィルターシステムズ
フィルタエレメント
株式会社マーレ フィルターシステムズ
車両用の熱交換システム
マーレ インターナショナル ゲゼルシャフト ミット ベシュレンクテル ハフツング
内燃機関のオイル供給要素及びピストン
株式会社マーレ フィルターシステムズ
接合構造および接合構造の製造方法
株式会社マーレ フィルターシステムズ
補強構造体及び補強構造体の製造方法
株式会社マーレ フィルターシステムズ
熱交換器、及び、車両用の熱交換システム
株式会社マーレ フィルターシステムズ
燃料蒸気処理システム及び燃料蒸気処理方法
株式会社マーレ フィルターシステムズ
ダブルコンプレッション成形機及び成形品の製造方法
個人
分電盤
日本電産株式会社
モータ
日本電産株式会社
モータ
日本電産株式会社
モータ
個人
充電装置
TOTO株式会社
水力発電機
FDK株式会社
電源装置
KYB株式会社
回転電機
株式会社デンソー
駆動装置
ダイハツ工業株式会社
車両
株式会社デンソー
制御装置
株式会社デンソー
駆動装置
株式会社カネカ
水上発電装置
トヨタ自動車株式会社
パンチ
ニチコン株式会社
電力変換装置
トヨタ自動車株式会社
着磁装置
三菱電機株式会社
電力変換装置
日本電産コパル株式会社
サーボモータ
トヨタ自動車株式会社
ステータ
山崎産業株式会社
充電スタンド
日本電産コパル株式会社
リニアモータ
キヤノン株式会社
電子機器
続きを見る