TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2020078229
公報種別公開特許公報(A)
公開日20200521
出願番号2019167182
出願日20190913
発明の名称電源ユニットホールドアップ時間を延長するためのシステムおよび方法
出願人廣達電腦股ふん有限公司,Quanta Computer Inc.
代理人特許業務法人HARAKENZO WORLD PATENT & TRADEMARK
主分類H02M 3/28 20060101AFI20200424BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】サーバシステムにおいて改善された電源ユニット(PSU)を提供する。
【解決手段】PSU100Bは、フォワードコンバータ105と、降圧コンバータ106と、スイッチボックス107と、オプションボックス108とを備える。フォワードコンバータ105は、トランスT2を含む。トランスT2の一次巻線はPSU100Bの入力に結合され、二次巻線は出力に結合される。フォワードコンバータ105の2つ以上の構成要素は、使用可能にされたときに降圧コンバータ106の機能をサポートするために降圧コンバータ106と共有される。スイッチボックス107は、電力スイッチと、フォワードコンバータ105へ接続されたコントローラスイッチX4とを備える。エネルギータンクコンデンサC5に蓄積されたエネルギーは、PSU100Bへの入力電力が遮断されるとき、ホールドアップ時間中にサーバシステムの電力消費をサポートすることができる。
【選択図】図1B
特許請求の範囲【請求項1】
電源ユニット(PSU)であって、
トランスと、前記トランスの一次巻線へ接続された第1の一次側トランジスタと、前記トランスの二次巻線へ接続された第2の二次側トランジスタと、フォワードコントローラと、第1の二次側トランジスタ、インダクタ、および出力コンデンサ、を含む複数の共有コンポーネントと、を備えるフォワードコンバータと、
パワートランジスタと、降圧コントローラと、前記第1の二次側トランジスタ、前記インダクタ、および前記出力コンデンサ、を含む前記複数の共有コンポーネントと、を備える降圧コンバータと、
電力スイッチ、および前記フォワードコントローラへ接続されたコントローラスイッチを備えるスイッチボックスと、
スイッチまたは低電力ブーストコンバータと、前記スイッチボックスへ接続された二次エネルギータンクコンデンサと、を備えるオプションボックスと、を備え、
前記トランスの一次巻線は前記PSUの入力に結合され、前記トランスの二次巻線は前記PSUの出力に結合される、電源ユニット。
続きを表示(約 1,900 文字)【請求項2】
前記フォワードコントローラは、前記PSUの入力電圧が正常に動作するかどうかを判定するように構成され、前記コントローラスイッチに判定を送信する、請求項1に記載のコンピューティングシステム。
【請求項3】
前記コントローラスイッチは、前記PSUの前記入力電圧が正常に動作するかどうかを判定するように構成される、請求項2に記載のコンピューティングシステム。
【請求項4】
前記コントローラスイッチは、前記PSUへの前記入力電圧が正常な状態にあると判定することへ応答して、前記降圧コンバータを使用不能にするようにさらに構成される、請求項3に記載のコンピューティングシステム。
【請求項5】
前記コントローラスイッチは、前記スイッチ、または前記低電力ブーストコンバータ、および前記スイッチボックスへ接続された前記二次エネルギータンクコンデンサ、を備えるオプションボックスを含む充電経路を介して、前記二次エネルギータンクコンデンサを充電するようにさらに構成される、請求項4に記載のコンピューティングシステム。
【請求項6】
電源ユニット(PSU)のエネルギータンクを充放電する方法であって、
前記PSUは、フォワードコンバータを備え、
前記フォワードコンバータは、トランスと、降圧コンバータと、スイッチボックスと、を備え、
前記スイッチボックスは、
コントローラスイッチと、
二次エネルギータンクコンデンサを備えるオプションボックスに結合されたパワートランジスタと、を備えており、
前記PSUの入力電圧を監視するステップと、
前記入力電圧が異常な状態にある場合、前記二次エネルギータンクコンデンサに結合された前記降圧コンバータを使用可能にするステップと、
放電経路を介して前記二次エネルギータンクコンデンサを前記PSUの出力へ放電させるステップと、を含む方法。
【請求項7】
前記フォワードコンバータは、前記トランスの一次巻線へ接続された第1の一次側トランジスタと、前記トランスの二次巻線へ接続された第2の二次側トランジスタと、フォワードコントローラと、第1の二次側トランジスタ、インダクタ、および出力コンデンサを含む複数の共有コンポーネントと、をさらに備える、請求項6に記載のコンピュータ実装の方法。
【請求項8】
請求項6に記載のコンピュータで実施される方法であって、さらに、
前記入力電圧が正常な状態にある場合、前記二次エネルギータンクコンデンサに結合された前記降圧コンバータを使用不能にするステップと、
前記オプションボックスの充電経路を介して前記二次エネルギータンクコンデンサを充電するステップと、を含む方法。
【請求項9】
コンピューティングシステムの少なくとも1つのプロセッサによって実行されるとき、前記コンピューティングシステムに、
電源ユニット(PSU)の入力電圧を監視するステップであって、トランスと、降圧コンバータと、スイッチボックスと、オプションボックスであって、コントローラスイッチおよび、補助電源または外部電源に結合された二次エネルギータンクコンデンサ、を備えるオプションボックスと、を備えるフォワードコンバータを備える前記PSUの入力電圧を監視するステップと、
前記入力電圧が異常状態である場合、前記二次エネルギータンクコンデンサに結合された前記降圧コンバータを使用可能にするステップと、
前記降圧コンバータを含む放電経路を介して前記PSUの出力に前記二次エネルギータンクコンデンサを放電させるステップと、を含む動作を実行させる命令を含む非一時的なコンピュータ読取可能記録媒体。
【請求項10】
前記フォワードコンバータは、
前記トランスの一次巻線へ接続された第1の一次側トランジスタと、
前記トランスの二次巻線へ接続された第2の二次側トランジスタと、
フォワードコントローラと、
第1の二次側トランジスタ、インダクタ、および出力コンデンサを含む複数の共有コンポーネントとをさらに備え、
前記降圧コンバータは、
パワートランジスタと、
降圧コントローラと、
前記第1の二次側トランジスタ、前記インダクタ、および前記出力コンデンサを含む前記複数の共有コンポーネントとを備える、請求項9に記載のコンピュータ読取可能記録媒体。

発明の詳細な説明【書類名】
発明の詳細な説明
【図面の簡単な説明】
(【0053】以降は省略されています)
この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

廣達電腦股ふん有限公司
サーバラック輸送用防振装置
廣達電腦股ふん有限公司
ユニバーサルストレージキャリア
廣達電腦股ふん有限公司
電源ユニットホールドアップ時間を延長するためのシステムおよび方法
テンパール工業株式会社
分電盤
株式会社ミツバ
制御装置
株式会社富士通ゼネラル
空気調和機
株式会社辰巳菱機
発電システム
日本電産株式会社
モータ及び減速装置
富士電機株式会社
電力変換装置
株式会社計測技術研究所
負荷装置
日本電産株式会社
減速装置及び電気設備
パイオニア株式会社
充電器
富士電機株式会社
電力変換装置
マレリ株式会社
充放電制御装置
日本電産テクノモータ株式会社
モータ
株式会社MARC研究所
回転電気機械
日本電産株式会社
モータ、および電動バイク
島根県
スイッチトリラクタンスモータ
富士電機株式会社
モータ駆動システム
ニッキャビ株式会社
ケーブル台
株式会社日立産機システム
電力変換装置
KYB株式会社
筒型リニアモータ
愛知電機株式会社
電力変換装置とその冷却方法
KYB株式会社
筒型リニアモータ
KYB株式会社
筒型リニアモータ
個人
車輪の回転を動力として発電する発電装置
KYB株式会社
筒型リニアモータ
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
株式会社豊田自動織機
電動圧縮機
KYB株式会社
筒型リニアモータ
アダマンド並木精密宝石株式会社
車両通過報知器
中国電力株式会社
搬送保護継電装置
河村電器産業株式会社
分電盤ケースの基台
株式会社リコー
素子、及び発電装置
中国電力株式会社
腕金用鳥害防止具
株式会社デンソーウェーブ
携帯端末
続きを見る