TOP特許意匠商標
特許ウォッチ DM通知 Twitter
公開番号2020005497
公報種別公開特許公報(A)
公開日20200109
出願番号2019147956
出願日20190809
発明の名称需要家通信装置、管理サーバ及び通信方法
出願人京セラ株式会社
代理人キュリーズ特許業務法人
主分類H02J 13/00 20060101AFI20191206BHJP(電力の発電,変換,配電)
要約【課題】管理サーバによって管理される需要家施設のグループ全体として、逆潮流の抑制制御を効率的に行うことを可能とする需要家通信装置、管理サーバ及び通信方法を提供する。
【解決手段】電力管理システム1において、需要家通信装置110は、需要家施設100から電力系統に対する逆潮流を行うための電力を発生する分散電源130である逆潮流電源の出力を制御する制御部と、需要家施設から電力系統に対する逆潮流量の抑制を要求する逆潮流抑制メッセージを送信する管理サーバ300,400に対して、逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を送信する送信部とを備える。
【選択図】図1
特許請求の範囲【請求項1】
施設から電力系統に対する逆潮流を行うための電力を発生する逆潮流電源の出力を制御する制御部と、
前記電力系統の電圧が抑制対象電圧に達している場合に、前記抑制対象電圧に達している施設に電力指令メッセージを優先的に送信する管理サーバに対して、前記逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を送信する送信部とを備え、
前記逆潮流電源情報は、前記電力系統の電圧が前記抑制対象電圧に達しているか否かを示す電圧情報を含む、通信装置。
続きを表示(約 1,300 文字)【請求項2】
前記電力指令メッセージは、前記逆潮流電源の制御を要求する電源メッセージ、前記施設から前記電力系統に対する逆潮流量の抑制を要求する逆潮流抑制メッセージ及び前記電力系統から前記施設に対する潮流量の抑制を要求する潮流抑制メッセージのいずれか1つのメッセージを含む、請求項1に記載の通信装置。
【請求項3】
前記逆潮流電源情報は、前記施設から前記電力系統に対する逆潮流に伴う電力の売電価格を示す売電価格情報を含む、請求項1又は請求項2に記載の通信装置。
【請求項4】
前記逆潮流電源情報は、前記逆潮流電源が故障しているか否か、及び、前記逆潮流電源が故障から復帰する方法が自動復帰であるか手動復帰であるかを示す故障情報を含む、請求項1乃至請求項3のいずれかに記載の通信装置。
【請求項5】
前記逆潮流電源情報は、前記逆潮流電源のメンテナンスが行われるスケジュールを示すメンテナンス情報を含む、請求項1乃至請求項4のいずれかに記載の通信装置。
【請求項6】
前記逆潮流電源情報は、前記電力系統の異常に関する情報を含む、請求項1乃至請求項5のいずれかに記載の通信装置。
【請求項7】
前記逆潮流電源情報は、前記逆潮流電源の設置日を示す情報を含む、請求項1乃至請求項6のいずれかに記載の通信装置。
【請求項8】
前記逆潮流電源情報は、前記逆潮流電源が前記電力系統から解列されているか否か及び前記逆潮流電源が前記電力系統から解列されるスケジュールの少なくともいずれかを示す情報の少なくともいずれか1つの情報を含む、請求項1乃至請求項7のいずれかに記載の通信装置。
【請求項9】
電力指令メッセージを送信する送信部と、
施設から電力系統に対する逆潮流を行うための電力を発生する逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を前記施設から受信する受信部と、
前記逆潮流電源情報に基づいて、前記電力指令メッセージの送信相手及び内容の少なくともいずれかを決定する制御部とを備え、
前記逆潮流電源情報は、前記電力系統の電圧が抑制対象電圧に達しているか否かを示す電圧情報を含み、
前記制御部は、前記電力系統の電圧が前記抑制対象電圧に達している場合に、前記抑制対象電圧に達している施設に電力指令メッセージを優先的に送信する、管理サーバ。
【請求項10】
通信装置が、施設から電力系統に対する逆潮流を行うための電力を発生する逆潮流電源の出力を制御するステップAと、
前記通信装置が、電力指令メッセージを送信する管理サーバに対して、前記逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を送信するステップBと、
前記管理サーバが、前記逆潮流電源情報に基づいて、前記電力指令メッセージの送信相手及び内容の少なくともいずれかを決定するステップCとを備え、
前記逆潮流電源情報は、前記電力系統の電圧が抑制対象電圧に達しているか否かを示す電圧情報を含み、
前記管理サーバが、前記電力系統の電圧が抑制対象電圧に達している場合に、前記抑制対象電圧に達している施設に電力指令メッセージを優先的に送信するステップをさらに備える、通信方法。

発明の詳細な説明【技術分野】
【0001】
本発明は、需要家施設から電力系統に対する逆潮流を制御するための需要家通信装置、管理サーバ及び通信方法に関する。
続きを表示(約 8,900 文字)【背景技術】
【0002】
需要家施設から電力系統に対する逆潮流量の抑制を要求する逆潮流抑制メッセージが知られている。逆潮流抑制メッセージは、電力事業者又は配電事業者などに属する管理サーバから需要家施設に対して、通信回線を介して送信される(例えば、特許文献1)。
【先行技術文献】
【特許文献】
【0003】
特開2012−244665号公報
【発明の概要】
【発明が解決しようとする課題】
【0004】
しかしながら、逆潮流抑制メッセージの送信によって逆潮流量を抑制する際に、管理サーバによって管理される全ての需要家施設に対して逆潮流抑制メッセージを一律に送信すると、管理サーバによって管理される需要家施設のグループ全体として、非効率な逆潮流の抑制制御が行われる可能性がある。
【0005】
そこで、本発明は、上述した課題を解決するためになされたものであり、管理サーバによって管理される需要家施設のグループ全体として、逆潮流の抑制制御を効率的に行うことを可能とする需要家通信装置、管理サーバ及び通信方法を提供することを目的とする。
【課題を解決するための手段】
【0006】
第1の特徴は、需要家通信装置であって、需要家施設から電力系統に対する逆潮流を行うための電力を発生する分散電源である逆潮流電源の出力を制御する制御部と、前記需要家施設から前記電力系統に対する逆潮流量の抑制を要求する逆潮流抑制メッセージを送信する管理サーバに対して、前記逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を送信する送信部とを備えることを要旨とする。
【0007】
第2の特徴は、管理サーバであって、需要家施設から電力系統に対する逆潮流量の抑制を要求する逆潮流抑制メッセージを送信する送信部と、前記需要家施設から前記電力系統に対する逆潮流を行うための電力を発生する分散電源である逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を前記需要家施設から受信する受信部と、前記逆潮流電源情報に基づいて、前記逆潮流抑制メッセージの送信相手及び内容の少なくともいずれかを決定する制御部とを備えることを要旨とする。
【0008】
第3の特徴は、通信方法であって、需要家通信装置が、需要家施設から電力系統に対する逆潮流を行うための電力を発生する分散電源である逆潮流電源の出力を制御するステップAと、前記需要家通信装置が、前記需要家施設から前記電力系統に対する逆潮流量の抑制を要求する逆潮流抑制メッセージを送信する管理サーバに対して、前記逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を送信するステップBと、前記管理サーバが、前記逆潮流電源情報に基づいて、前記逆潮流抑制メッセージの送信相手及び内容の少なくともいずれかを決定するステップCとを備えることを要旨とする。
【発明の効果】
【0009】
本発明によれば、管理サーバによって管理される需要家施設のグループ全体として、逆潮流の抑制制御を効率的に行うことを可能とする需要家通信装置、管理サーバ及び通信方法を提供することができる。
【図面の簡単な説明】
【0010】
図1は、実施形態に係る電力管理システム1を示す図である。
図2は、実施形態に係る需要家通信装置110を示す図である。
図3は、実施形態に係る下位管理サーバ300を示す図である。
図4は、実施形態に係る逆潮流電源情報を示す図である。
図5は、実施形態に係る通信方法を示す図である。
【発明を実施するための形態】
【0011】
以下において、実施形態について図面を参照しながら説明する。なお、以下の図面の記載において、同一又は類似の部分には、同一又は類似の符号を付している。
【0012】
ただし、図面は模式的なものであり、各寸法の比率などは現実のものとは異なる場合があることに留意すべきである。従って、具体的な寸法などは以下の説明を参酌して判断すべきである。また、図面相互間においても互いの寸法の関係や比率が異なる部分が含まれていることは勿論である。
【0013】
[開示の概要]
開示の概要に係る需要家通信装置は、需要家施設から電力系統に対する逆潮流を行うための電力を発生する分散電源である逆潮流電源の出力を制御する制御部と、前記需要家施設から前記電力系統に対する逆潮流量の抑制を要求する逆潮流抑制メッセージを送信する管理サーバに対して、前記逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を送信する送信部とを備える。
【0014】
開示の概要では、需要家通信装置は、管理サーバに対して、逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を送信する。従って、管理サーバは、逆潮流電源情報に基づいて、需要家施設が逆潮流の抑制制御を実行することが可能であるか否か、或いは、需要家施設が逆潮流を行う可能性があるか否かなどの情報を把握することができる。これによって、管理サーバによって管理される需要家施設のグループ全体として、逆潮流の抑制制御を効率的に行うことができる。
【0015】
[実施形態]
(電力管理システム)
以下において、実施形態に係る電力管理システムについて説明する。図1は、実施形態に係る電力管理システム1を示す図である。
【0016】
図1に示すように、電力管理システム1は、需要家施設100と、ネットワーク200と、下位管理サーバ300と、上位管理サーバ400とを有する。
【0017】
需要家施設100は、需要家通信装置110と、負荷120と、分散電源130とを有する。需要家通信装置110は、需要家施設100に設けられる通信装置であり、下位管理サーバ300又は上位管理サーバ400と通信を行う。
【0018】
需要家通信装置110は、需要家施設100に設けられる機器の電力を管理する装置(Energy Management System)或いは分散電源130を制御するPCS(Power Conditioning System)である。負荷120は、電力を消費する機器である。負荷120は、例えば、冷蔵庫、照明、エアコン、テレビなどの機器を含む。負荷120は、単数の機器でもよく、複数の機器を含んでもよい。分散電源130は、電力を発生する機器である。分散電源130は、例えば、太陽電池、風力発電、燃料電池、ガスエンジン発電機、蓄電池などの機器を含む。分散電源130は、単数の機器でもよく、複数の機器を含んでもよい。
【0019】
実施形態では、需要家施設100は、需要家施設100から電力系統に対する逆潮流を行うための電力を発生する分散電源130である逆潮流電源を有する。逆潮流電源は、例えば、太陽電池である。
【0020】
実施形態では、需要家施設100A、需要家施設100B及び需要家施設100Cが需要家施設100として例示されている。需要家施設100A、需要家施設100B及び需要家施設100Cは同様の構成を有する。実施形態では、需要家施設100として三つの需要家施設100A〜需要家施設100Cを有する場合であるが、これに限定されず、1つの需要家施設100であってもよいし、複数の需要家施設100であってもよい。
【0021】
ネットワーク200は、需要家施設100と下位管理サーバ300とを接続する通信手段であればよい。具体的に、ネットワーク200は通信回線であり、例えば、インターネットである。ネットワーク200は、例えば、各需要家施設100が契約するプロバイダによって提供される。ネットワーク200は、専用回線であってもよい。
【0022】
下位管理サーバ300は、配電事業者などのアグリゲータに属するサーバである。アグリゲータは、アグリゲータと契約する需要家施設100の潮流量又は逆潮流量を管理する事業者である。
【0023】
実施形態では、下位管理サーバ300A及び下位管理サーバ300Bが下位管理サーバ300として例示されている。下位管理サーバ300A及び下位管理サーバ300Bは同様の構成を有する。下位管理サーバ300は、1つであってもよいし、複数であってもよい。また、下位管理サーバ300は、上位管理サーバ400と一体となっていてもよい。
【0024】
上位管理サーバ400は、電力会社などの電力事業者に属するサーバである。電力事業者は、需要家施設100の潮流量又は逆潮流量の管理をアグリゲータに委託してもよい。
【0025】
実施形態では、上位管理サーバ400は、電力系統から需要家施設100に対する潮流量(電力の供給量)の抑制を要求する潮流抑制メッセージ(例えば、DR;Demand Response)を送信する。上位管理サーバ400は、需要家施設100から電力系統に対する逆潮流量の抑制を要求する逆潮流抑制メッセージを送信する。実施形態では、潮流抑制メッセージ及び逆潮流抑制メッセージを電力指令メッセージと総称する。
【0026】
ここで、潮流抑制メッセージは、電力系統から需要家施設100に供給される電力量(潮流量)の抑制度合いを示す情報を含む。抑制度合いは、電力量(潮流量)の絶対値(例えば、○○kW)で表されてもよい。或いは、抑制度合いは、電力量(潮流量)の相対値(例えば、○○kWの減少)で表されてもよい。或いは、抑制度合いは、電力量(潮流量)の抑制割合(例えば、○○%)で表されてもよい。或いは、抑制度合いは、予め決められた段階(例えば、0、1、2、3)で表されてもよい。
【0027】
或いは、潮流抑制メッセージは、電力系統からの潮流の対価である買電価格を示す情報を含んでもよい。買電価格として高い価格を設定することによって、電力系統から需要家施設100に供給される電力量(潮流量)の抑制が期待される。
【0028】
逆潮流抑制メッセージは、需要家施設100から電力系統に出力される電力量(逆潮流量)の抑制度合いを示す情報を含む。詳細には、逆潮流抑制メッセージは、分散電源の出力の抑制度合いを示す情報を含む。抑制度合いは、分散電源の出力の絶対値(例えば、○○kW)で表されてもよい。或いは、抑制度合いは、分散電源の出力の相対値(例えば、○○kWの減少)で表されてもよい。或いは、抑制度合いは、予め決められた段階(例えば、0、1、2、3)で表されてもよい。或いは、抑制度合いは、分散電源の出力の抑制割合(例えば、○○%)で表されてもよい。抑制割合とは、需要家施設100に分散電源を設置する際に、分散電源を制御するPCSの出力能力として認定を受けた出力(以下、設備認定出力)に対する割合であってもよい。分散電源の出力能力とPCSの出力能力とが異なる場合には、設備認定出力は、これらの出力能力のうち、小さい方の出力能力である。複数のPCSが設置されるケースにおいては、設備認定出力は、複数のPCSの出力能力の合計である。
【0029】
ここで、潮流抑制メッセージ及び逆潮流抑制メッセージのフォーマットとして、自動デマンドレスポンス(ADR;Automated Demand Response)に準拠したフォーマットを用いてもよい。上位管理サーバ400と下位管理サーバ300との間の通信及び下位管理サーバ300と需要家施設100との間の通信は、同じ規格に準拠する方式で行なわれてもよい。この同じ規格に準拠する方式としては、例えばOpen ADR規格に準拠する方式を用いることができる。
【0030】
(需要家通信装置)
以下において、実施形態に係る需要家通信装置について説明する。図2は、実施形態に係る需要家通信装置110を示す図である。需要家通信装置110は、通信部111と、制御部112とを有する。
【0031】
通信部111は、通信モジュール等によって構成されており、下位管理サーバ300又は上位管理サーバ400と通信を行う。ここでは、通信部111が下位管理サーバ300と通信を行うケースを例示する。例えば、通信部111は、ネットワーク200(通信回線)を介して、潮流抑制メッセージ又は逆潮流抑制メッセージを含む電力指令メッセージを下位管理サーバ300から受信する。実施形態に係る通信部111は、少なくとも逆潮流抑制メッセージを受信することに留意すべきである。
【0032】
実施形態では、通信部111は、逆潮流電源に関する逆潮流電源情報を下位管理サーバ300に送信する。逆潮流電源情報の詳細については後述するが、逆潮流電源情報は、例えば、売電価格情報、故障情報、メンテナンス情報、電圧情報、設置情報及び解列情報などの項目のうち少なくとも1つに対応する情報を含む(図4を参照)。
【0033】
制御部112は、CPUやメモリ等によって構成されており、通信部111を制御する。例えば、制御部112は、少なくとも、逆潮流電源の出力を制御する。制御部112は、電力指令メッセージに基づいて、潮流又は逆潮流の抑制制御を実行する。
【0034】
(管理サーバ)
以下において、実施形態に係る管理サーバについて説明する。ここでは、管理サーバとして下位管理サーバ300を例示する。但し、管理サーバは、上位管理サーバ400であってもよい。図3は、実施形態に係る下位管理サーバ300を示す図である。図3に示すように、下位管理サーバ300は、通信部310と、制御部320とを有する。
【0035】
通信部310は、通信モジュール等によって構成されており、需要家施設100及び上位管理サーバ400と通信を行う。例えば、通信部310は、潮流抑制メッセージ又は逆潮流抑制メッセージを含む電力指令メッセージを上位管理サーバ400から受信する。通信部310は、逆潮流電源情報を需要家施設100(需要家通信装置110)から受信する。
【0036】
通信部310は、ネットワーク200(通信回線)を介して、潮流抑制メッセージ又は逆潮流抑制メッセージを含む電力指令メッセージを需要家施設100に送信する。需要家施設100の潮流量又は逆潮流量の管理がアグリゲータ(下位管理サーバ300)に委託されるため、需要家施設100に送信される電力指令メッセージの内容は、上位管理サーバ400から受信する電力指令メッセージの内容と異なっていてもよい。具体的には、上位管理サーバ400から送信される電力指令メッセージは、それぞれの需要家施設100で達成すべきものであってもよいし、複数の需要家施設100で達成すべきものであってもよい。電力指令メッセージが複数の需要家施設100で達成すべきものである場合には、下位管理サーバ300は適切な需要家施設100を選択する。そして、下位管理サーバ300は、選択された需要家施設100に対して、それぞれの需要家施設100で達成すべき電力指令メッセージを送信する。
【0037】
制御部320は、CPUやメモリ等によって構成されており、通信部310を制御する。
【0038】
例えば、制御部320は、需要家施設100(需要家通信装置110)から受信する逆潮流電源情報に基づいて、需給調整計画を決定する。需給調整計画とは、電力指令メッセージの送信相手(需要家施設100)及び電力指令メッセージの内容(潮流の抑制量又は逆潮流の抑制量)の計画である。需給調整計画は、上位管理サーバ400から受信する電力指令メッセージによって潮流量又は逆潮流量の抑制が指示された期間において単位時間長(例えば、30分)毎に決定されてもよい。
【0039】
(逆潮流電源情報)
以下において、実施形態に係る逆潮流電源情報について説明する。図4は、実施形態に係る逆潮流電源情報を示す図である。
【0040】
図4に示すように、逆潮流電源情報は、売電価格情報、故障情報、メンテナンス情報、電圧情報、設置情報及び解列情報などの項目のうち少なくとも1つに対応する情報を含む。
【0041】
「売電価格情報」は、需要家施設100から電力系統に対する逆潮流に伴う電力の売電価格を示す情報を含む。売電価格は、逆潮流電源から出力される電力を売電するときの対価である。より詳細には、逆潮流電源から出力される電力から需要家施設100で消費される電力を除いた余剰電力の対価である。なお、売電価格情報は、売電単価及び売電量の少なくとも1つ含んでもよい。売電量を売電価格情報に含めることによって、下位管理サーバ300は、対象の需要家施設100がどれくらいの量を逆潮流しているのか把握することができる。
【0042】
一般的に、売電価格が高い場合には、逆潮流の抑制制御が不利である。従って、下位管理サーバ300は、売電価格が相対的に高い需要家施設100よりも売電価格が相対的に低い需要家施設100を逆潮流抑制メッセージの送信相手として優先的に選択することができる。或いは、下位管理サーバ300は、売電価格が相対的に高い需要家施設100よりも売電価格が相対的に低い需要家施設100に対して、逆潮流の抑制量として大きな抑制量を割り当てることができる。下位管理サーバ300は抑制割り当てを少なくした売電価格が相対的に高い需要家施設100の売電価格の一部を、抑制割り当てを多くした売電価格が相対的に低い需要家施設100に補填することで、管理している需要家施設100の間の出力抑制による損失の不公平を緩和することができる。
【0043】
ここで、売電価格情報は、売電価格が適用される時間帯と売電価格とを対応付ける情報を含んでもよい。これによって、逆潮流の抑制期間に適用される売電価格を下位管理サーバ300が把握することができる。
【0044】
また、売電価格情報には、需要家施設100で保存されている出力抑制スケジュールに関する情報を含んでもよい。売電価格情報として、出力抑制スケジュール全部であってもよいし、一部であってもよい。また、売電価格情報には、過去の出力抑制の実績値が含まれていてもよい。
【0045】
「故障情報」は、逆潮流電源が故障しているか否か、及び、逆潮流電源が故障から復帰する方法が自動復帰であるか手動復帰であるかを示す情報を含む。逆潮流電源が故障している場合には、逆潮流電源から電力がそもそも出力されないか、逆潮流電源からの電力が通常よりも低い。従って、下位管理サーバ300は、故障中の逆潮流電源を有する需要家施設100を逆潮流抑制メッセージの送信相手として優先的に選択することができる。なお、故障情報には、逆潮流電源が正常動作していること(故障が起こっていないこと)を示す情報を含んでいてもよい。
【0046】
さらに、復帰方法が自動復帰である場合には、復帰方法が手動復帰であるケースと比べて、逆潮流電源の復帰タイミングが早いと考えられる。従って、下位管理サーバ300は、逆潮流電源が故障している場合において、自動復帰の逆潮流電源を有する需要家施設100よりも手動復帰の逆潮流電源を有する需要家施設100を逆潮流抑制メッセージの送信相手として優先的に選択することによって、故障中の逆潮流電源から出力される電力による逆潮流が早いタイミングで開始し、需給調整計画が狂うことを低減することができる。
【0047】
「メンテナンス情報」は、逆潮流電源のメンテナンスが行われるスケジュールを示す情報を含む。メンテナンスが行われる期間において逆潮流電源から電力がそもそも出力されない。従って、下位管理サーバ300は、逆潮流の抑制期間と重複する期間にメンテナンスが行われる逆潮流電源を有する需要家施設100を逆潮流抑制メッセージの送信相手から優先的に除外することができる。
【0048】
「電圧情報」は、電力系統の電圧が抑制対象電圧に達しているか否かを示す情報を含む。電力系統の電圧が抑制対象電圧に達している場合には、そもそも需要家施設100から逆潮流を行うことができない。従って、下位管理サーバ300は、電力系統の電圧が抑制対象電圧に達している需要家施設100を逆潮流抑制メッセージの送信相手として優先的に選択することができる。
【0049】
ここで、電圧情報は、電力系統の電圧が抑制対象電圧に達しているエリアを示す情報を含むことが好ましい。これによって、電力系統の電圧が抑制対象電圧に達しているエリアに属する需要家施設100を下位管理サーバ300が把握することができる。
【0050】
さらに、電圧情報には、電力系統に異常が発生しているが否かを含むものである。電力系統の異常は、電力系統の停電であったり、系統の周波数異常であったりする。なお、電圧情報には、電力系統に異常が発生していないことを示す情報を含んでもよい。
(【0051】以降は省略されています)

この特許をJ-PlatPatで参照する

関連特許

京セラ株式会社
ヒータ
京セラ株式会社
収容具
京セラ株式会社
配線基板
京セラ株式会社
配線基板
京セラ株式会社
収納装置
京セラ株式会社
収納装置
京セラ株式会社
印刷配線板
京セラ株式会社
フロー電池
京セラ株式会社
試料保持具
京セラ株式会社
通信ユニット
京セラ株式会社
移動通信方法
京セラ株式会社
電力変換装置
京セラ株式会社
燃料電池装置
京セラ株式会社
18F反応容器
京セラ株式会社
マッサージ装置
京セラ株式会社
積層未硬化シート
京セラ株式会社
EVリレー用容器
京セラ株式会社
分離膜付き燃料タンク
京セラ株式会社
光照射装置および印刷装置
京セラ株式会社
液体吐出ヘッド及び記録装置
京セラ株式会社
セラミック部材及び切削工具
京セラ株式会社
半導体デバイス及び電気装置
京セラ株式会社
熱交換器および熱交換システム
京セラ株式会社
角速度センサおよびその製造方法
京セラ株式会社
回転工具及び切削加工物の製造方法
京セラ株式会社
組立用フレーム及びフレーム構造体
京セラ株式会社
マイクロポンプおよび流体移送装置
京セラ株式会社
電子写真感光体および画像形成装置
京セラ株式会社
接着構造、撮像装置、および移動体
京セラ株式会社
正極成形体、電池およびフロー電池
京セラ株式会社
弾性波素子、分波器および通信装置
京セラ株式会社
アンテナ基板および通信モジュール
京セラ株式会社
回路基板およびこれを備える電子装置
京セラ株式会社
回路基板およびこれを備える電子装置
京セラ株式会社
電子機器、制御方法、及びプログラム
京セラ株式会社
セラミック構造体およびその製造方法
続きを見る