TOP特許意匠商標
特許ウォッチ ランキング Twitter
公開番号2019075900
公報種別公開特許公報(A)
公開日20190516
出願番号2017200793
出願日20171017
発明の名称ノイズ除去回路およびノイズ除去方法ならびにモータ制御装置
出願人株式会社ミツバ
主分類H02P 7/06 20060101AFI20190419BHJP(電力の発電,変換全 3 件を表示,配電)
要約【課題】電気信号に含まれるスパイクノイズを元の波形形状を極力損なうことなく除去し得るノイズ除去回路およびノイズ除去方法を提供する。
【解決手段】ノイズ除去回路1は、モータ駆動電流の変化を示す電圧変化信号を増幅して出力する差動増幅回路11と、電圧変化信号に基づいて形成された制御信号を電流信号に変換するV/I変換部12と、V/I変換部12からの電流信号に基づいて差動増幅回路11のテール電流を変化させ、差動増幅回路11の増幅率を制御するカレントミラー回路13と、を有し、電圧変化信号の電圧が大きくなるほど差動増幅回路11の増幅率が小さくなるようにテール電流を制御する。電圧変化信号にスパイクノイズが含まれている場合は、テール電流を小さくして増幅率を制限することにより、スパイクノイズ部分の増幅量を抑え、スパイクノイズを除去した状態の信号を出力する。
【選択図】図6

関連特許

株式会社ミツバ
株式会社ミツバ
株式会社ミツバ
株式会社ミツバ
株式会社デンソー
ファナック株式会社
ファナック株式会社
オムロン株式会社
富士ゼロックス株式会社
ファナック株式会社
ファナック株式会社
ファナック株式会社
ファナック株式会社
ファナック株式会社
アイシン精機株式会社
日産自動車株式会社
ルネサスエレクトロニクス株式会社
東芝三菱電機産業システム株式会社