TOP特許意匠商標
意匠ウォッチ Twitter
発行日2024-04-03
公報種別意匠公報(S)
登録番号1767339
登録日2024-03-26
意匠に係る物品管継手用差込確認部材
意匠分類M2-4900(配線・配管用管、管継ぎ手、バルブ等)
出願番号2023024854
出願日2022-06-08
意匠権者バクマ工業株式会社
代理人個人,個人,個人,個人,個人
意匠に係る物品の説明本物品は、管継手へのパイプの差し込みが完了したことを確認する為に、使用される。参考図を用いて具体的に説明すると、使用状態を示す参考概略図1では、管継手の一部が断面で示されており、本物品が管継手に配置された状態が示されている。ここで、管継手は、内筒部と、この内筒部の外周側に設けられた外筒部とを備えており、内筒部と外筒部は、中心軸Jを中心とした円筒状をなしている。また、内筒部の外周面から中心軸Jに直交する方向に延びる円環状の接触面が形成されており、この接触面周辺の外筒部は、透明部材により形成されている。そして、本物品は、中心軸Jを中心とした円環状となるように、内筒部の外周側に装着されており、接触面に接触するように配置されている。その為、パイプを、内筒部の外周を覆うように、内筒部と外筒部の間の隙間に差し込むと(つまり破線の矢印の方向に差し込むと)、パイプが本物品に接することになる。そして、パイプを更に差し込むと、弾性材からなる本物品は、使用状態を示す参考概略図2の(a)の状態から(b)の状態に圧縮変形する。そして、この圧縮変形した状態は、管継手へのパイプの差し込みが完了したことを示す状態であり、また外筒部の透明部材を介して、管継手の外部から目視で確認することが可能である。その為、本物品により、管継手へのパイプの差し込みが完了したことを確認することが可能になる。
意匠の説明本物品は、弾性変形可能な弾性材で形成されており、例えば樹脂で形成されている。
意匠ウォッチbot のツイートを見る
この意匠をJ-PlatPatで参照する

関連意匠

バクマ工業株式会社
管継手用差込確認部材
18日前
株式会社オンダ製作所
水栓
6か月前
株式会社 MTG
継手
2か月前
株式会社 MTG
継手
2か月前
株式会社 MTG
継手
2か月前
株式会社日本イトミック
水栓
7か月前
株式会社日本イトミック
水栓
7か月前
個人
蛇口
12か月前
個人
蛇口
12か月前
因幡電機産業株式会社
管継手
9か月前
CKD株式会社
電磁弁
11か月前
CKD株式会社
電磁弁
11か月前
株式会社クボタ
管継手
11か月前
エーエスエム・アイピー・ホールディング・ベー・フェー
調整軸
5か月前
CKD株式会社
電磁弁
3か月前
ニッタ株式会社
管継手
9か月前
CKD株式会社
電磁弁
12か月前
CKD株式会社
電磁弁
12か月前
CKD株式会社
電磁弁
13か月前
CKD株式会社
電磁弁
13か月前
協和工業株式会社
空気弁
3か月前
株式会社タブチ
管継手
9か月前
ニッタ株式会社
管継手
9か月前
株式会社KVK
給水栓
7か月前
株式会社鷺宮製作所
電動弁
5か月前
因幡電機産業株式会社
管継手
9か月前
日本ピラー工業株式会社
管継手
9か月前
日本ピラー工業株式会社
管継手
9か月前
日本ピラー工業株式会社
管継手
9か月前
CKD株式会社
電磁弁
9か月前
前澤化成工業株式会社
管継手
6か月前
株式会社不二工機
電動弁
10か月前
株式会社KVK
給水栓
7か月前
株式会社不二工機
電動弁
10か月前
株式会社オンダ製作所
管継手
10か月前
株式会社タブチ
管継手
2か月前
続きを見る