TOP特許意匠商標
意匠ウォッチ DM通知 Twitter
発行日2022-01-27
公報種別意匠公報(S)
登録番号1624089
登録日2019-01-18
意匠に係る物品バス
意匠分類G2-200W13(車両)
出願番号2018006359
出願日2018-03-26
意匠権者ソニー株式会社,SONY CORPORATION
代理人個人,個人
意匠に係る物品の説明本願意匠に係る物品は、完全自動運転技術を搭載したバスである。本願物品では、走行中に、フロントガラスに対して車内のユーザーが必要とする情報などに要するGUIを表示することができる。
意匠の説明実線で表された部分を含む赤色の一点鎖線で囲まれた部分が、部分意匠として意匠登録を受けようとする部分である。赤色の一点鎖線は、意匠登録を受けようとする部分とそれ以外の部分の境界のみを示している。「透光部を示す変化後の参考A-A部分のB-B線拡大断面図1」において、水色で着色した部分が透光性を有する部分であり、「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図1」で表された領域の一部が透光性を有することを示している。また、「透光部を示す変化後の参考A-A部分のB-B線拡大断面図2」において、水色で着色した部分が透光性を有する部分であり、「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図2」で表された領域の一部が透光性を有することを示している。なお、「透光部を示す変化後の参考A-A部分のB-B線拡大断面図2」の透光性を有する部分の方が、「透光部を示す変化後の参考A-A部分のB-B線拡大断面図1」の透光性を有する部分よりも透過率が高い。「透明部を示す変化後の参考A-A部分のB-B線拡大断面図3」において、黄色で着色した部分が透明性を有する部分であり、「変化後の参考A-A部分のB-B線拡大断面図3」で表された領域の一部が透明性を有することを示している。また、「透明部を示す変化後の参考A-A部分のB-B線拡大断面図4」において、黄色で着色した部分が透明性を有する部分であり、「変化後の参考A-A部分のB-B線拡大断面図4」で表された領域の一部が透明性を有することを示している。なお、これらの図においては、透明性を有する部分の透過率は同等である。左側面図及び背面図は、部分意匠として意匠登録を受けようとする部分以外の部分のみ現れるので省略する。重量物のため底面図は省略する。本願における部分意匠として意匠登録を受けようとする部分は、フロントガラスに表示されるGUIの一部であり、同部分中、実線で囲まれた領域の内側にコンテンツが表示される。すなわち、「使用状態の一例を示す参考図」~「使用状態の一例を示す参考図4」の斜線部がコンテンツ表示領域である。前記GUIは映画等のコンテンツを表示する場合に、映画等のコンテンツが終わりを迎える際の演出に用いられる。もし、映画等のコンテンツが終わりを迎える際に、いきなり外界景色を透過させた場合、車内のユーザーに対して視界的違和感を与えてしまう。そこで、前記GUIを用いることで、「A-A部分のB-B線拡大断面図」~「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図4」、及び「使用状態の一例を示す参考図」~「使用状態の一例を示す参考図4」に示すように、徐々に、コンテンツの外周囲部分の領域の明度を明るくしつつ、該領域のかすみ具合を解除する。すなわち、「A-A部分のB-B線拡大断面図」から「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図1」になるにつれて、徐々に、コンテンツの外周囲部分の領域の明度を明るくしつつ、該領域のかすみ具合を解除し、「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図1」から「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図2」になるにつれて、徐々に、コンテンツの外周囲部分の領域の明度を明るくしつつ、該領域のかすみ具合を解除し、「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図2」から「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図3」になるにつれて、徐々に、コンテンツの外周囲部分の領域の明度を明るくしつつ、該領域のかすみ具合を解除し、「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図3」から「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図4」になるにつれて、徐々に、コンテンツの外周囲部分の領域の明度を明るくしつつ、該領域のかすみ具合を解除し、「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図4」に示すように、映画等のコンテンツが完全に終了した時点で外界景色が車内のユーザーに透過されるようにする。これにより、視覚的に自然な流れで外界景色を透過させた状態に切り替えることができ、車内のユーザーに対する視界的違和感の緩和を図ることができる。なお、本願では、時系列的に前記GUIが徐々に変化する様子を、「A-A部分のB-B線拡大断面図」~「変化後のA-A部分のB-B線拡大断面図4」、及び「使用状態の一例を示す参考図」~「使用状態の一例を示す参考図4」に示すように、5つの時点のみを選択して図示しているが、前述の通り、これらの各時点の間にも前記GUIは徐々に変化し続ける。
意匠ウォッチbot のツイート
この意匠をJ-PlatPatで参照する

関連意匠

ソニー株式会社
デジタルカメラ
1か月前
ソニー株式会社
デジタルカメラ
1か月前
ソニー株式会社
バス
5か月前
ソニー株式会社
乗用自動車
4か月前
ソニー株式会社
乗用自動車
5か月前
ソニー株式会社
イヤホン
5か月前
ソニー株式会社
ヘッドホン
3日前
ソニー株式会社
携帯情報端末
1か月前
ソニー株式会社
携帯情報端末
1か月前
ソニー株式会社
テレビジョン受像機
1か月前
ソニー株式会社
テレビジョン受像機
1か月前
ソニー株式会社
携帯情報端末用バンド
17日前
ソニー株式会社
テレビジョン受像機
1か月前
ソニー株式会社
テレビジョン受像機
1か月前
ソニー株式会社
テレビジョン受像機
1か月前
ソニー株式会社
映像再生機
4か月前
ソニー株式会社
テレビジョン受像機
3日前
ソニー株式会社
テレビジョン受像機
1か月前
ソニー株式会社
ロボット
4か月前
ソニー株式会社
デジタルコンテンツ再生機
1か月前
ソニー株式会社
ロボット
4か月前
ソニー株式会社
ロボット
4か月前
ソニー株式会社
ロボット
4か月前
ソニー株式会社
全周映像表示機能付き情報端末機
1か月前
ソニー株式会社
音響処理機能付き電子計算機
3か月前
ソニー株式会社
ロボット
5か月前
ソニー株式会社
ロボット
5か月前
ソニー株式会社
運搬用ロボット
3か月前
ソニー株式会社
デジタルコンテンツ再生機
4か月前
ソニー株式会社
プロジェクタ付き音声入出力型情報端末
3か月前
ソニー株式会社
プロジェクタ付き音声入出力型情報端末
3か月前
ソニー株式会社
携帯情報端末用バンドのアタッチメント
17日前
ソニー株式会社
携帯情報端末用バンドのアタッチメント
17日前
ソニー株式会社
ロボット用アクセサリ
3か月前
ソニー株式会社
ロボット用アクセサリ
3か月前
ソニー株式会社
ホームメニュー機能付き電子計算機
2か月前
続きを見る